たわら先進国株、125億円を突破+さよなら、たわら全世界株

たわら先進国株の純資産額が、8月17日、125億円を突破しました。

同日付の純資産額は、125億3300万円です。

広告

新規設定は2015年12月18日ですので、1年8か月での達成となります。

10億円に到達したのは1月19日。
20億円に到達したのは2月23日。
25億円に到達したのは3月18日。
30億円に到達したのは4月20日。
35億円に到達したのは5月30日。
40億円に到達したのは7月12日。
45億円に到達したのは8月30日。
50億円に到達したのは10月25日。
55億円に到達したのは11月25日。
60億円に到達したのは12月14日。
65億円に到達したのは1月27日。
70億円に到達したのは2月15日。
75億円に到達したのは3月3日。
80億円に到達したのは3月31日。
85億円に到達したのは4月25日。
90億円に到達したのは5月8日。
95億円に到達したのは5月24日。
100億円に到達したのは6月16日。
105億円に到達したのは6月27日。
110億円に到達したのは7月10日。
115億円に到達したのは7月20日。
120億円に到達したのは8月2日。
125億円に到達したのは8月17日。

最近の純資産額の勢いは、設定時をほうふつとさせるものがあります。
110億円は13日、115億円は10日、120億円は13日、今回は13日で5億円の増加です。

たわら先進国株の純資産額が5億円増えるたびに分析コメントを書いてきましたが、10日ごとに違うコメントを考えるのはさすがにしんどいです。

とはいえ、今回は格好のネタがあります。
そう、iFreeS&P500のリリースです。

私は、昨日の記事で、iFreeS&P500が現物株運用になることをお伝えし、SBI証券でiFreeS&P500が買えるようになったら、iFreeS&P500の積立てを開始すると書きました。

え?たわら先進国株は?

と思った方もいるでしょう。

もちろん、たわら先進国株は、そのままSBI証券でホールドしたままです。

え?松井証券の「たわら全世界株リバランス積立」は?

と思った方もいるでしょう。

率直に言って、イーマクシススリム新興国株のリリースで、たわら新興国株を買う意欲がなくなりました。
もしたわら先進国株がニッセイ外国株やイーマクシススリム先進国株に対する対抗値下げに踏み切り、低コスト戦争に対する熱意を態度で示していれば、たわら新興国株の対抗値下げも期待できましたが、たわらシリーズは動かざること山の如し。もうダメです。

他方で、イーマクシススリムシリーズは、8資産均等バランス、新興国株と、相次いでマストバイ投信をリリースしたことで、同率1位作戦を採用したセコい会社という悪印象が払拭された感があります。

松井証券は、手数料収入が期待できるアクティブ投信の採用に大きく舵を切り、イーマクシススリム新興国株を採用銘柄にする意欲が見受けられません。
また、松井証券は、iFreeシリーズが嫌いなようで、1つも採用銘柄に含めていません。
さらに、松井証券がイーマクシススリム新興国株を採用銘柄にしたとしても、先進国株、新興国株、日本株をたわらシリーズでそろえなければ「たわら全世界株」にはなりません。

というわけで、松井証券でのたわら全世界株リバランス積立はもうやめて、SBI証券でのiFreeS&P500の毎営業日積立て(手動ですけど)に切り替えようと思います。

広告

コメント

ブログタイトル

それならば、ブログタイトルも変更すべきではないでしょうか。

No title

コメントありがとうございます。

さよならするのは「たわら全世界株」であって、「たわら先進国株」はそのままホールドします。

私の資産形成のメインがVTとたわら先進国株であることは変わりません。

先進国株の国別構成比

S&P500のみに投資をすると先進国株の国別構成比が歪むことになりますが、それに対するお考えはいかがですか?

No title

コメントありがとうございます。

>S&P500のみに投資をすると先進国株の国別構成比が歪むことになりますが、それに対するお考えはいかがですか?

私の場合は、VTとたわら先進国株の保有額が多額であることから、アイフリーSP500の毎営業日1万円積立てをしたとしても国別構成比がゆがむことはありません。

しかし、一般的には、米株に対するこだわりがなければ、たわら先進国株だけを買うのがベストだと考えています。

いつも楽しく読んでいます。
たわら全世界株をやめる、松井証券の毎日積立もやめる、の記事を読んで驚きました。
これまでの男爵さんの主張の肝は以下の2点だと理解しています。
・全世界の株に投資でリスクを分散
・毎日積立でリスクを分散

これを満たせるのがたわらノーロードシリーズで、唯一毎日積立が可能な松井証券ではありませんでしたか。
たわら全世界株をやめる理由は何となく腹落ちしましたが、毎日積立をやめる理由がよく理解できません。

これまでに男爵さんは毎日積立ができる松井証券の姿勢を何度も絶賛されていらっしゃいましたが、やけにあっさりと前言撤回される今回の記事に少しがっかりしました。

No title

コメントありがとうございます。

>これまでに男爵さんは毎日積立ができる松井証券の姿勢を何度も絶賛されていらっしゃいましたが、やけにあっさりと前言撤回される今回の記事に少しがっかりしました。

この点について、先ほど、新記事で説明してみました。
お読みいただければうれしいです。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理