広告

【楽天ポイントの利用可能上限】
1注文:3万ポイント
1か月:10万ポイント

【ポイント利用単位】
1ポイント1円から利用可能。
投資信託買付単位は各銘柄の最小買付単位に準ずる(100円以上1円単位~)。

【対象サービス】
通常買付(金額指定のみ)。
積立買付、口数指定買付、ジュニアNISA口座での買付は対象外。

【使えないポイント】
(1)期間限定ポイント
(2)他ポイントから交換した楽天ポイント

1回3万ポイント、1か月合計10万ポイントの制限はあるものの、現金と同様に、100円以上1円単位で金額指定買付けができるようになりました。

楽天ポイントの使い道に困っていた人には朗報です。
これで楽天ポイントの使い道に困ることはなくなるでしょう。

とはいえ、期間限定ポイントは対象外です。
楽天市場で楽天ポイントを使うと付与ポイント率が下がるため(楽天カード利用で+3倍、楽天ゴールドカード利用で+4倍されます)、期間限定ポイントは実店舗(出光など)で使うのがセオリーです。

この期間限定ポイントを利用できれば非常に使い勝手が良かった神制度になったのに、残念です。

なお、楽天通常ポイントは、毎月15日ころのキャンペーンを利用して楽天Edyに交換することで+2%の楽天Edyが付与されます。
そのまま楽天Edyとして使ってもよいし、パソリがあれば楽天ポイントに戻すこともできます(ただし、楽天Edyから楽天ポイントに戻すと、戻した楽天ポイントは期間限定ポイントになります)。

そのため、私は、楽天ポイントで投資信託を買うことはせず、楽天Edyに交換します。
しかし、楽天Edyを使わない人やパソリがない人は、上記キャンペーンを利用して+2%楽天Edyを入手することはできませんので、投資信託を買えるという上記サービスはとても使えるものとなります。

※ちなみに、楽天Edyはドンキホーテで使えます。ドンキホーテは、牛乳、チーズ、プリン、菓子類、納豆がびっくりするほど安いため、私は愛用しています。

広告

コメント

No title

ほんとに「期間限定ポイント」を利用できれば「神制度」でしたよね。
私も残念に思います。

私は「期間限定ポイント」は楽天モバイルに使います。あとはコンビニとか。

No title

コメントありがとうございます。

>あとはコンビニとか。

サークルKが9月30日までなのは残念ですが、楽天ペイを使えばローソンでポイント払ができますので、便利になりました。

楽天ペイの取扱店が増えてくれれば、期間限定ポイントで生活できるかもしれませんね。

No title

「他ポイントから交換した楽天ポイント」を数十万単位で保有していましたので期待していましたが,edy変換同様に対象外になってしまいました.

 「他ポイントから交換した楽天ポイント」は本当に使い道に困ります.
楽天モバイルと楽天トラベルで地道に消費するしかなさそうです.
実店舗での使用は出光が良さそうですね.

No title

コメントありがとうございます。

>実店舗での使用は出光が良さそうですね

1回のポイント使用が5000ポイントに制限された時は満タン給油ができずに難儀しましたが、すぐに上限が3万ポイント(実際は100リットル)に戻ったことから、今は心置きなく満タン給油できます。

非課税世帯である私は利用できませんが、楽天ポイントでふるさと納税することもできます。
ふるさと納税1箇所が買い回りの1店舗になるようですから、10か所を楽天ポイントでふるさと納税すれば、ポイントを大量消費できた上で10%分のポイントがバックされます。

No title

男爵様

ご返信ありがとうございます.

おっしゃる通り,ふるさと納税は非常に有効ですね.
モバイル会員+携帯からの注文だけで3倍にはなりますので,100000の寄付金でも2000円の手数料を十分に取り返すことができます.
今年度は米と野菜をもらって,生活費を抑えています.
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理