SBI証券、毎営業日積立てを導入か?

2017年7月26日19時から金融庁で実施された意見交換会で、SBI証券が毎営業日積立ての導入を表明したことが、複数のブログに掲載されていました。

広告

まずは、こちらのブログ。

「金融庁「個人投資家との意見交換会」に参加~店舗証券もつみたてNISAで信託報酬0.2%水準へ」
http://genuinvest.net/?eid=2614
SBI証券は「つみたてNISA」口座で毎日定額積立できるシステムを検討中とのこと。


つぎに、こちらのブログ。

「第4回金融庁と個人投資家の意見交換会に参加してきました」
http://skipper77.blog.jp/archives/17543621.html
(SBI)毎日積立をできるようにしたい。

これらのブログを見て、私もSBI証券に聞いてみました。

御社は、金融庁主催の「個人投資家との意見交換会」において、つみたてNISAで毎営業日積立ができるシステムを開発中であると発言されたと聞きました。
そこで、つみたてNISAだけではなく、特定口座において毎営業日積立ができるシステムを開発中かどうか、開発中だとしたらそのリリース日はいつころかについて、教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

お問い合わせの件につきまして、ご回答申し上げます。
誠に恐れ入りますが、システム開発に関して具体的な内容は回答いたしかねますが、お客様よりお寄せいただいているご意見ご要望をもとにサービス改善に努めております。
今後もお客様により一層のサービスを提供できるよう、鋭意努力して参る所存でございますので、引き続き、当社をご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


具体的な回答は拒否されましたが、毎営業日積立ての実現に向けた動きは否定されませんでした。
つみたてNISAだけではなく、全面的な毎営業日積立てが来そうですね。

とりあえず、楽天証券は、SBI証券が毎営業日積立てを導入する前に動くべきです。
投信保有ポイント0.05%と毎営業日積立てを武器にしたSBI証券に対抗するためには、楽天証券も、投信保有ポイントを0.05%にした上で、SBI証券に先んじて毎営業日積立てを導入する必要があると考えます。


広告

コメント

No title

仮にSBI証券や楽天証券が毎日積立を導入し、さらにポイントまでつけるとしたら、男爵さんは松井証券から乗り換えるのですか?

No title

コメントありがとうございます。

もし楽天証券が毎営業日積立てを実現しても、既に40銘柄近い100円積立てを設定してしまっていることから、楽天証券はそのままにするつもりです。

もしSBI証券が毎営業日積立てを実現しても、リバランス積立ができないため、松井証券の積立てを継続するつもりです。

ただし、たわらかイーマクシススリムが日本を含む全世界株バランスをリリースしたら、松井証券はやめて、SBI証券で全世界株バランスの毎営業日積立てをしようと考えています。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理