広告

上記サイトを見ると、SBI証券自身のおすすめポイントが記載されています。

●おすすめポイント1~手数料が最安

SBI証券の買付手数料は税込2.16%です。
たしかに、楽天やマネックスでは税込2.7%ですから、ネット証券では最安です。

しかし、三菱マテリアルマイゴールドパートナーには負けます。
三菱マテリアルの手数料の説明部分を引用します。

マイ・ゴールドパートナー年会費864円(税込)、毎月の定額積立購入金額が10,000円以上の場合は1,000円あたり積立購入手数料25円(税込)、10,000円未満場合は1,000円あたり積立購入手数料30円(税込)がかかります (ボーナス加算金額及びスポット購入金額についてはかかりません)。また、地金を現物引出しの場合は配送手数料1,620円(保険料、税込)がかかります。

え?SBI証券より高くね?

そう思ったあなたは早計です。

まず、年会費864円ですが、確かにSBI証券は年会費を徴収しません。
しかし、三菱マテリアルには継続ボーナスという制度があります。

継続ボーナスとは、会費を支払った月に保有残高の0.05%相当額の金、プラチナ、銀を保有残高に上乗せしてくれるというサービスです。
そのため、保有残高が172万8000円以上であれば年会費以上の継続ボーナスをもらうことができるため、得をします。
ちなみに、私の今年の継続ボーナスは、金0.31618g(本日の相場で1512円)、プラチナ0.14642g(本日の相場で521円)でしたので、864円の会費を払って2033円を獲得したことになります。

つぎに、購入手数料は、1万円以上で税込2.5%、1万円以下で税込3%ですから、税込2.16%のSBI証券より高いような気がします。
しかし、三菱マテリアルには裏技があります。
【参考記事】
純金等積立てを超低コストで利用する方法
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-44.html#more

私は、金を毎月3万円、プラチナを1万5000円ずつ購入し、毎営業日積立(自動設定)をていますが、手数料は180円しか支払っていません。
4万5000円で180円ですから、購入手数料は税込0.4%にすぎないことになります。

●おすすめポイント2~リアルタイム取引が可能

SBI証券では、相場が5秒ごとに更新されますので、実際の値段を見て購入することができます。
これに対し、三菱マテリアルでもスポット購入はできるものの、成行か指値でしか購入することができませんので、即時性ははるかに劣ります。

しかし、金やプラチナを即時取引する必要がどれほどあるのか疑問です。
金やプラチナの積立てをする場合は、毎営業日積立をするのが通常だからです(三菱マテリアルもSBI証券も、毎営業日積立しかできない仕様になっています)。

金やプラチナ投資の目的は、株投資の値動きの激しさを補完するためですから、金の値動きを一生懸命追ってしまうのでは本末転倒といえます。

●おすすめポイント3~1000円、1グラムから購入できる

三菱マテリアルでは、積立金額は最低3000円、スポット購入は最低1万円です。
また、グラム購入はできません。

●おすすめポイント4~現物転換請求ができる

三菱マテリアルでも現物引出しができますが、以下の手数料がかかります。
SBI証券の手数料の詳細は不明ですが、「現物転換・配送料・消費税等」「サービス開始後ご案内いたします」と記載されていることから、タダの可能性はありません。

現物引出しにおいては、メタル毎にインゴットの種類が決まっており、自動的に大きい順の組み合わせとなりますが、金地金には、100g1本あたり5,400円(税込)、20g/10g/5g1本あたり3,240円(税込)、プラチナ地金には、100g1本あたり10,800円(税込)、10g/5g1本あたり3,240円(税込)、銀地金には、1kg1本あたり8,640円(税込)、100g1本あたり3,240円(税抜)の現物引出し手数料が発生し、代金引換宅配便でお支払いいただきます(金、プラチナ地金の1kg、500gにつきましては、本数に関わりなく現物引出し手数料は発生しません)。また、1回のお引出しにつき配送手数料(運送保険および配送料)1,620円(税込)がかかり、こちらも併せて代金引換宅配便でお支払いいただきます。

●まとめ

以上をまとめます。

(1)三菱マテリアルで会費を継続ボーナスで取り戻すには172万8000円の保有残高が必要であること

(2)裏技を使って手数料を0.4%にするには、金、プラチナのいずれかで積立設定3000円、月間スポット積立購入1万円の1万3000円(金とプラチナの両方やりたければ最低額は2万6000円)が掛かること

の2点をクリアできるのであれば、三菱マテリアルのマイゴールドパートナーにすべきです。

もっとも、純金積立やプラチナ積立が儲かるかといえば、儲かりません。
フォルクスワーゲンの偽装のせいで、プラチナ価格が世界的に下落し、私のプラチナも大幅な含み損(-26.4%)です。
金は9.17%の含み益ですが、プラチナと通算すると、7514円の含み損になります。

2009年から同額をひたすら積立購入している結果がこれですから、かなり悲しいです。納得でキン思いがあります。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理