リタイアをしたら「自営で何とかやってます」と言おう

世間は無職者に冷たいです。
氷のような目で見られます。

しかし、自営で赤字が出た人には温かく接してくれます。
どうでもいい人と無駄な軋轢を作ってもお互い面倒なだけです。もめごとは心を削ります。

そこで、リタイア後、もし職業を聞かれたときにはこう答えましょう。

「自営で何とかやっています」

広告

このように答えると、仕事の内容まで更に突っ込んで聞いてくる人はいません。
なぜなら、「何とかやっています」という言葉には、詳しい事情を聞くと、聞いた人が悲しくなるのではないかと思われる事情があるものと受け止められるからです。

別に税務署に開業届を出す必要はありません。開業届を出さなくても、好きに自営を名乗ればよいだけだからです。

とはいえ、開業届を出しておけば、公的な書類でも堂々とその職業を名乗ることができます。
一番簡単なのは、自分のブログにグーグルアドセンスを貼り付け、「著述業」で開業届を出すことです。
グーグルアドセンスの売上げがあろうがなかろうが、著述業は著述業です。

青色申告の申請書も開業届と一緒に出しておけば、ブログがパズったときでも青色申告特別控除(65万円)が使えて安心です。
青色申告といっても難しいことはありません。
以前ご紹介した経理ソフトに費目を打ち込めば、青色申告書を自動印刷してくれます。
【参考】
経理ソフトの決定版「MFクラウド確定申告」
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-379.html

おすすめは、実際にかかった経費は「MFクラウド確定申告」 に入力しておき、その年の年末、実際にかかった経費と「家内労働者の必要経費の特例」の65万円を比較し、

(1)実際にかかった経費が65万円を超えたとき
実際にかかった経費を経費として申告する

(2)実際にかかった経費が65万円以下のとき
特例を使う
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki02/09.pdf

という方法です。

とはいえ、経費はすぐに65万円を超えるため、特例を使う機会は事実上ないでしょう。

自宅でブログを書くのであれば、賃貸であれば賃料の一部、持ち家であれば建物の減価償却費や固定資産税の一部を経費にすることができます。
ブログを執筆するにはネタ探しをしなければなりませんから、車も必要ですよね。車には任意保険をかけねばなりませんし、ガソリンも入れなければなりません。
本も読んで勉強もしなければなりません。
携帯も必要です。

私は、今年の1月から先輩の仕事を手伝っていますが、給与ではなく報酬でもらっています。
雇用契約ではなく業務委託契約というわけですね。
給与にすると給与所得控除65万円しか引けませんが、報酬にすると経費を引くことができるからです。

私の今年の売上げは現時点で100万円ほどですが、経費は200万円ほど掛かっているため、100万円の赤字です。
200万円の経費のうち、自宅と車の減価償却費が100万円ですから、損はしていません。

ところで、私も士業を名乗ることを考えたことがあります。
一番簡単な士業は行政書士です。学生時代、少し勉強したおかげで、私は行政書士の資格を持っていることから、実は真っ先に検討しました。
しかし、行政書士は誰でも簡単に試験に合格できるため、悪用する人が多く、行政書士会は新規登録者にピリピリしています(カバチタレを見て同じことをすると弁護士法違反で捕まります)。
自宅を事務所にすることはできますが、看板の設置が義務付けられ、居住スペースと事務所スペースが物理的に区画されていなければなりません。事前に写真に撮って提出した上で、役員の誰かが実際に見に来るそうです。
自宅に「●●行政書士事務所」なんて看板を掛けるのは嫌ですので、行政書士はやめました。

そこで、私は名乗っていませんが、著述業が嫌な人は、「ファイナンシャルプランナー」を名乗ったらどうでしょうか。
FP技能士やAFPなどの資格試験はあるものの、試験に合格しなくても「ファイナンシャルプランナー」を名乗ることは自由にできます。
無資格者が嫌なら、頭の体操がてらFP技能士試験を受験すればいいでしょう。3級FP技能士は簡単に合格できるという話ですし、合格してもしなくてもファイナンシャルプランナーを名乗ることに問題はありませんから、不合格をおそれる必要はありません(なお、AFPは試験合格後に会費を支払わないと資格が失効するため、FP技能士のほうをすすめます)。

投資信託のブログも、広い意味ではファイナンシャルプランニングの一環と言えなくもないです。
というわけで、リタイアしたら投信ブログを始めて、ファイナンシャルプランナーを勝手に名乗ろうぜというお話でした。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理