VALUはバブル

最近、VALU(バリュー)が話題です。
しかし、その内容は今一つよく分かりません。

公式サイトのQAを見てみます。

VALUとはなんですか?
VALUは、だれでも、会社の株式に見立てた VL を発行できるサービスです。カンタンに発行して、好きな価格をつけて、他の人と売り買いすることができます。

うん、理解できませんね。

広告

そもそも、株式とは株式会社の所有権です。
つまり、株式会社の全ては株主のものになります。

したがって、

(1)ある株式会社の発行済株式総数が1000株である
(2)ある株式会社の財産を全てお金に換え、借金を支払った残額は10億円である
(3)1株の理論価値は100万円である

という計算式が成立します。

株式の理論価値が株式会社の清算価値に基づくからこそ、株式市場において株式が価値あるものとして取引されているわけです。

では、VALUとは何でしょうか。

「だれでも、会社の株式に見立てた VL を発行できる」とはいっても、VALUの価値と発行者の清算価値は一致しません。
株式であれば、その株式会社が利益を上げれば上げるほど、株式会社の清算価値は大きくなるため、1株の理論価値も上がっていきます。
しかし、VALUと発行者の清算価値は断絶しているため、発行者がVALEの公開で入手した金で利益を上げたとしても、VALUの価値には無関係です。

VALUは、株式会社の清算価値を裏付けとする株式とは異なり、その価値の裏付けとなるものが一切なく、「みんなが買っているから儲かりそうだ」という漠然とした期待感しかないといえます。

漠然とした期待感

そう、まさにこれはバブルです。
バリューはバブル。

最後はきれいにまとまりましたが、金もうけ目的でVALUを買ってはいけないと考えます。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理