やっぱり毎営業日積立て

私は毎営業日積立てが大好きです。
過去にもこんな記事を書いています。

毎営業日積立てこそ至高かつ究極のインデックス投資
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-88.html

暴落時こそ毎営業日積立てが輝きを放つ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

相場が上がりつつあるときも毎営業日積立て
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-146.html

毎営業日積立てをしていれば、相場がどう転んでも幸せ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-264.html

毎日1200円で「たわら全世界株リバランス積立」をしよう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-424.html

広告

ところで、今日、日経電子版の下記記事を読みました。

「積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし」
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO17172260R00C17A6000000?channel=DF280120166602

日経電子版で毎営業日積立てが特集されることになるとは、実に感慨深いものがあります。
毎営業日積立てへの追い風を感じますね。

この特集記事が面白いのは、実際の投信の銘柄ごとに、毎営業日、毎金曜日、毎月末、3か月(1月、4月、7月、10月末)、6か月(1月、6月末)、1年(4月末)の5パターンの5年リターンを検証したことです。
先進国株部門からは、SMTグロ株とeMAXIS先進国株が分析対象とされています。

上記特集記事の結論は、毎営業日積立てのリターンが概ねもっとも高いものの、毎営業日積立てと月末営業日1回積立てとの間のリターン差は微差であることから、「運用効果はあまり変わらないので、頻度にこだわる必要はない」というものです。

しかし、「あまり変わらない」とはいえ、毎営業日積立てがもっとも高いリターンである以上、簡単に毎営業日積立てができるのであれば、あえて毎営業日積立てではなく、週1や月1での積立てをする必要はありません。

私も、毎日ログインしてスポット購入をしなければならない時代には、毎営業日積立てではなくゴトウビ積立て(毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日の6回の自動積立設定をすること。マネックス証券でできます)のほうを推奨していましたが、松井証券で毎営業日積立てが簡単に設定できるようになった以降は、もはやゴトウビ積立てをする必要は全くないことから、松井証券で毎営業日積立てをすることを強く推奨しています。

そもそも、インデックス投資は世界経済の右肩上がりに伴う値上がり益の享受を願う信仰であり、その本尊は指数そのものです。
全ての宗教家は神仏に近づくことを願って修行をするのと同様、インデックス投資家は指数に近づくことを願って投資をすべきであり、そうすることで、現世利益、すなわちスケベ心による利確売りや恐怖心による狼狽売りを避けることができます。

人は、太古の昔から神を信じていました。なぜなら、神を信じなければ、苛酷な現実を生きる力が湧いてこなかったからです。
私は、苛酷な相場を乗り切り、長期投資の海を安全に航海するためには、相場の荒波や暴風雨にも動じない、確固たる心のよりどころが必要であると考えています。
そして、その答えが、ただひたすらに「たわら先進国株」ないし「たわら全世界株」の毎営業日積立てをすることなのです。

広告

コメント

さすが毎日積立派!

さすが、男爵さん。
毎日積立は少しでも、他の積立てを上回っている以上、資産が大きくなるほどメリットはありますよね。

この記事を見て、まっさきに男爵さんを思いました。
これからも、楽しくためになる記事をお願いいたします。

No title

フェニックスさん、コメントありがとうございます。

余計なことですが、相場の動きは無視し、たわら全世界株リバランス積立を毎営業日積立てするのが、最終的にもっとも儲かると思います。

30代後半の会社員男性です。妻子あり、持ち家あり。投資歴は2年くらい。山崎元氏が著書で推奨していたnisa枠でETFを枠いっぱい一括購入したことがある程度です。

梅屋敷ランダムウォーカー、川崎、吊られた男さんなどの有名ブログを一通りみて、このブログにたどり着きました。

たわら男爵さんは投資信託ブロガーの方とはまた違った視点での見方、そして実践的な内容を公開されていて、ブログを一通りとても興味深く読みました。

私もだまされたつもりで松井証券でたわら先進国の毎日積立にチャレンジします。さっそく口座開設の申込みをしたところです。

もちろん盲信せずに自己責任でやります。まずは実践してみます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございます。

>私もだまされたつもりで松井証券でたわら先進国の毎日積立にチャレンジします。さっそく口座開設の申込みをしたところです。

先進国株の優位性を確信できるのであれば、たわら先進国株だけでもよいのですが、少しでも気になるのでしたら、1日1200円ほどが必要ですが、「たわら全世界株リバランス積立」をしたほうがよいと思います。

全世界の株を買っておけば、VTを保有するのと一緒で、相場の値動きを気にする気持ちから解放されます。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理