楽天証券で、20銘柄の100円投資の設定をしました

楽天証券が100円投資を開始してくれたおかげで、SBI証券や松井証券でも100円投資が実現しました。

そこで、楽天証券に敬意を表して、本日、20銘柄の100円投資(毎月15日100円積立て)を設定しました。

広告

きっかけは、すぱいくさんの下記記事を読んだことです。
http://ichiokuen-wo.jp/investment/18428

簡単にまとめると、

(1)楽天証券と楽天銀行を連携させ(マネーブリッジ)、ハッピープログラムに参加する
(2)自動スイープを設定し、楽天証券に残す金を0円に設定する
(3)100円投資を設定し、証券口座からの積立設定をする

ということになります(これだけでは何を言っているのか理解できない人でも、すぱいくさんの上記記事を見れば簡単に理解できます)。

こうすると、1銘柄について、毎月3楽天ポイントが手に入るそうです。
さすがすぱいくさん、素晴らしい。

ただ、すぱいくさんの上記記事では、1銘柄について3楽天ポイントが手に入る根拠が分かりにくかったので、参考サイトを貼り付けておきます。
https://www.rakuten-bank.co.jp/happyprogram/point.html

また、すぱいくさんはスーパーVIPにするために30銘柄を設定していますが、30銘柄の銘柄選択と積立設定は大変ですので、私は、20銘柄でVIPを狙いました(正確には、私は、普通口座に常に100万円以上を入れているため、狙わなくても常にVIPです)。
VIPとスーパーVIPの違いは、ATMの無料利用回数(毎月5回か7回か)だけで、振込手数料の無料回数3回、1銘柄について3楽天ポイントが付与されることは同じだからです。

さらに、すぱいくさんの記事では言及されていませんでしたが、楽天証券では端数処理が必ず顧客に有利に処理されます。

たとえば、100円で基準価額1万1254円のたわら先進国株を買うとします。

100円÷1万1254円×1万口=88口(小数点以下切捨て)
88口×1万1254円÷1万口=99円(小数点以下切捨て)

楽天証券では、この両者を比較します。
そうすると、下の計算式によれば、88口だと99円分の価値しかなく顧客が損をするため、89口が付与されることになります。
つまり、楽天証券は、顧客が絶対に損をしない処理をしてくれるので、まさに100円投資にぴったりといえるわけです。

参考までに、私の100円投資銘柄(全20銘柄)を記載しておきます。
超低コストファンドのそろい踏みですね。実に壮観です。

なお、●を付けた3銘柄は、SBI証券のポイントプログラムの方が有利です(0.2%付与)。
しかし、購入金額が毎月100円ではたいした違いはないこと、20銘柄で切りがいいことから、楽天証券で買うことにしました、

たわら先進国
たわらTOPIX
たわらダウ

イーマクシススリム先進国株
イーマクシススリム国内株
イーマクシススリムバランス

ニッセイ外国株
ニッセイTOPIX
ニッセイ日経225(安いほう)

iFree先進国株
iFreeTOPIX
iFreeダウ
iFree8資産バランス

三井住友DC日本株S
三井住友DC全海外株

●SMT米国株配当貴族
●Funds-i米国株配当貴族

●i-mizuho米国株

EXE-i グローバル中小型株
EXE-i 新興国株

広告

コメント

No title

はじめまして。
以前より楽しみにブログ拝見させてもらってます。

この方法私も実践開始しました。
理解するまで時間かかりましたが(( ゚Д゚))

やってみたらあ~こういうこと納得。

25件チョイス。 同じく低手数料を中心に
銘柄選びから楽しみで、小一時間で設定できました。
説明ありがとうございました。

No title

コメントありがとうございます。

>25件チョイス。同じく低手数料を中心に
銘柄選びから楽しみで、小一時間で設定できました。

たった100円なのに、これでおなか一杯になってしまって、もっといろいろ手を出そうという気持ちがなくなるのが面白いところです。

長期投資を堅持するためのお守りとして、かなり効果的かもしれませんね。

No title

ブログ拝見させて頂きました。
ひとつ教えて下さい。
買付け時、特定口座と一般口座選択できますが、どちらでも構わないのでしょうか?
又積立NISA申請中なのですが、100円投信とは別物ですか?
楽天証券で積立NISA、iDeCoの予定です。
100円積立30件もやりたいです。
宜しくお願いします

No title

コメントありがとうございます。

>買付け時、特定口座と一般口座選択できますが、どちらでも構わないのでしょうか?

一般口座を選択すると、確定申告をしなければならなくなります。

これに対し、「特定口座源泉徴収あり」を選択すると、確定申告をしなくて済みます。
また、確定申告をしたいときは、証券会社から郵送される年間取引報告書を添付するだけで済みます(一般口座は自分で年間の取引を整理しなければなりません)。

>積立NISA申請中なのですが、100円投信とは別物ですか?

たわら男爵15種は、特定口座で毎月2回、行い、3ポイント×15種×2回=90ポイントを獲得するためのものです。

これをつみたてNISA口座で行い、毎日つみたて設定をすると、既にネット上で報告されているとおり、毎営業日45ポイントを取得することができますが、20年間ホールドしなければならないつみたてNISA口座を最大活用することができなくなります。

そのため、私は、つみたてNISA口座では、イーマクシススリム先進国株一本だけを年初に一括投資することを推奨しています。

なお、iDeCoは足抜けすることができませんので、本当に得をするかよく考えてから加入してください。

楽天銀行ハッピープログラムのスーパーvip を狙う為には、購入銘柄15件×2回=30件必要ですが、クレジットカードの引き落としが毎月コンスタントに1回あるのであれば、購入銘柄は29件でも良いのでしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>クレジットカードの引き落としが毎月コンスタントに1回あるのであれば、購入銘柄は29件でも良いのでしょうか

下記リンク先の表を見ると、「自動引落」も1件ですから、クレジットカードの引き落とし1回1件となり、投資信託は29回の購入でよいことになります。

もっとも、即時入金サービスも1回にカウントされますので、証券口座をゼロにし、みずほ銀行の株を時価より安めに買い注文すると、楽天銀行から楽天証券に自動出金され、それも1回にカウントされます。
面倒でなければ、30回、みずほ銀行の注文をストップ安で出せば、おそらくそれだけでスーパービップ達成になります(私はやったことがないため、確言できません。もし試してみたときは、その結果をコメントください)。

https://www.rakuten-bank.co.jp/happyprogram/point.html

実行されて居る方は見なおしが必要ですね。

ハッピープログラムが大幅に改定されました。
https://www.rakuten-bank.co.jp/info/2019/190613.html
https://www.rakuten-bank.co.jp/assets/intermediation/happyprogram/#anchor-01
一日ならびに月間の最大ポイントが変更されて居ますので、注意が必要だと思われます。

No title

コメントありがとうございます。

>ハッピープログラムが大幅に改定されました。

残念ながら、たわら男爵15種もダメになりました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1359.html

No title

ああすいません。
ブックマークで見てたページがここだったので新しい記事に気がつきませんでした。
ただ、結果的に駄目になった情報へのリンクが出来上がったので許してください。

No title

いえいえ、またお気軽にコメントいただけると嬉しいです。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理