ビットコインを買うべきか

ご質問をいただきました。

たわら男爵様
はじめまして、いつも拝見しています。インデックス投資をしている者で、今後もたわら先進国株を中心に長期的な積立投資をする予定でいます。
若干荒唐無稽な話かもしれませんが、最近少し心配になっていることがあるので、もしご意見を伺えれば、と思い記載いたします。

それは仮想通貨市場についてです。現時点での短期の投機的な仮想通貨市場の話をしているわけではなく、約20年程度先までの運用の観点での話と捉えて頂ければ幸いです。
仮想通貨市場の時価総額は現時点で東京証券取引所の100分の1程度のようです。成長速度が著しく、早晩にも無視できない規模まで成長する可能性があり得るかもしれないと考えています。
もし仮に仮想通貨市場が今後長期的に成長を続けるようなことがあるとしたら、それは本来株式市場に投入されていたであろう資金が仮想通貨市場に流入した結果によるものだと予想しています。
つまり、仮想通貨市場の市場規模の成長は、株式市場が成長するはずだった分を掠め取る形になり、株式市場の成長がその分シュリンクし、結果として私が積み立ててきた証券の期待リターンを下げるようなことにならないだろうか、と危惧しています。
もしそのようなことが有り得るなら、仮想通貨市場もウォッチした上で何らかのリスクヘッジ(仮想通貨もポートフォリオに含めてリバランスなど)を将来的には検討しなければならないのではないかと考えています。

たわら男爵様のお考えがございましたらご教示頂ければ幸いです。

さっそく回答します。

広告

本件の問題点は、誰もどうなるか予想できないということです。

仮想通貨市場が今後成長するかどうかも分かりませんし、仮想通貨市場が今後成長するとしてどの通貨が成長するかどうかも分かりません。

仮想通貨をポートフォリオに含めると言っても、できることは、成長しそうな仮想通貨をセレクトし、実際に購入することでしょうが、まさに個別株投資と同様の危険(その銘柄がこけたら大損)があてはまります。
今の勢いはビットコインにあるのでしょうが、ビットコインが将来的にその価値を維持するかどうかは誰にも分かりません。1ビットコイン10万円の価値があるのも、みんながなんとなく10万円の価値はありそうと考えているからにすぎず、その期待が剥がれ落ちればビットコインの価値は暴落するでしょう。
その意味では、実際の会社の価値を裏付けとする個別株投資よりもハイリスクといえます。

インデックス投資の根幹は、「世界の人口が増加すれば世界経済も発展し、世界経済が発展すれば株価も右肩上がり」という信仰にあります。
私はこの信仰を信じてインデックス投資をしていますが、他方で、世界経済が発展すれば仮想通貨の価値も右肩上がりかどうかは信じることができません。

広瀬隆雄さんが面白いことを言っています。
http://markethack.net/archives/52046008.html
まっとうな方法で、いまの社会の仕組みの中で富を築くことができなかったので、バーチャルな世界で「逆転」を夢見る……そういう痛い連中ばかりが跋扈している間は、仮想通貨の未来は明るくないです。

ひょっとしたら、いまビットコインを買っておけば、アマゾンが決済手段にビットコインを採用するなどして、ビットコインの価値が急騰するかもしれません。
しかし、もしアマゾンがビットコインではなく別の仮想通貨を決済手段に採用すれば、その仮想通貨が高騰し、ビットコインは暴落するかもしれません。

現時点では不確実性が大きすぎますし、そもそも、仮想通貨の本質はあくまでも「通貨」、すなわち決済手段のはずです。
決済手段が決済手段という目的を離れて独自の価値を持ち出すのは、広瀬さんの言う「バーチャルな世界で逆転を夢見る」人が多いということにほかならず、非常に危険だと考えます。

仮想通貨の価値は、ひとえに、多くの人々が「この仮想通貨には価値がありそう」だと考えていること、すなわち「期待」に基づきます。
そして、仮想通貨に込められた期待が「決済手段としての期待」のみならず、それを超えた多くの期待が込められていればいるほど、剥がれ落ちる期待の大きさは莫大な量になるはずです。

というわけで、私は、地道に「たわら先進国株」か「たわら全世界株」の毎営業日積立てをしていくことをお勧めします。

広告

コメント

たわら男爵様、早々の御回答ありがとうございます。仰るとおり、現状では個別株よりもリスクが高く、何も買えない状況だと感じました。
また頂いたリンクにあるように、逆転を夢見る期待感が醸し出す危うさを感じます。
(少なくとも当面の間は)惑わされることなく今まで通りの姿勢を保ちたいと思います。

ありがとうございました。

No title

ご連絡ありがとうございます。
参考にしていただけたようで、よかったです。
今後も当ブログをご愛読ください。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理