最後に残ったものは「たわら先進国株」の毎営業日積立て

広瀬隆雄さんの「なぜ上手く投資できるようになるのにそれなりの時間と労力がかかるのか?」という記事を読みました。
http://markethack.net/archives/52044852.html

広告

広瀬さんは言います。

「あれを試してもダメ、これを試してもダメ……そういう思考錯誤を繰り返し、どんどん自分に合わない投資手法を切り捨ててゆくと、最後に残ったものだけが、「自分のスタイル」になるのです。」

深いですね。

私も色々とやってきました。
そして、最後に残ったものが「たわら先進国株」の毎営業日積立てでした。

といっても、松井証券が毎営業日積立てを日本で唯一、導入したときには、私の資産運用はすでに終了しており、たわら先進国株とVTを半々の割合でひたすらホールドするだけでしたので、本当にそうかと言われると何とも言えないものがあります。

松井証券で「たわら全世界株リバランス積立」を毎営業日1万円ずつやっていますが、その理由も、たわら先進国株は既にたらふくホールドしているので、今更たわら先進国株だけの毎営業日積立てをしても意味ないしなあというだけのものです。

私の保有するリスク資産の成績にほとんど影響しないとはいえ、たわら全世界株の毎営業日積立てをしていると、日々の相場の動向が全く気にならなくなります。
相場が下がれば、毎営業日積立てのバーゲンセールの到来ですし、相場が上がれば、保有しているリスク資産の価値が上がってウハウハだからです。

投資は金儲けの手段にすぎず、それ自体が目的ではないため、投資に面白さを求めるのは間違いであると私は考えますが、ホールド中のリスク資産のホールドを維持継続する(狼狽売りや高値で売って安値で買い直したいというスケベ心を排除する)手段として毎営業日積立てをするのは、私は非常に意義深いものがあると考えています。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

リスク資産は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
2017年10月10日より、SBI証券で野村つみたて外国株投信の毎営業日1万円積立てを実行中。
NISA口座ではVTの分配金を使ってVTを購入中。

無リスク資産は、個人向け国債変動10(みずほ証券と大和証券を行ったり来たり)で運用中。

パソコン版右端の「検索フォーム」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、推奨するファンドの具体名を明示しています。

たわら男爵のお勧め

インデックス投資の不朽の名著です。全ての答えがここにあります。

検索フォーム

他の投信ブログはこちら

管理