利確のタイミングは難しい

私は、毎年、譲渡益が33万円近くなるように利確後、確定申告し、源泉税(2割+復興所得税)を取り戻しています。

今年はSBI証券のたわら先進国株を一部売却し、33万円の譲渡益を確保しなければなりません。

※ 33万円以内にこだわる理由は、国民健康保険料の7割減額の所得条件が33万円以下であるためです。

広告

当然のことながら、基準価額が高い時に売却したほうが、33万円の譲渡益を確保するために売却する口数が少なくて済むことからお得です。
理想を言えば、1年でもっとも高値の時に売却したいのですが、いつが最高値かはその年が終わってみないと誰にも分からないため、悩ましいです。

ところで、広瀬隆雄さんの月例オンラインセミナーが4月24日に開催されました。
もう誰でも視聴できます。
https://ondemand2.monex.co.jp/cat02/0000818.html

フランス大統領予備選挙の結果発表を受け、広瀬さんからは、とにかく買いまくれという檄が飛びました。
ナスダックは史上最高値を連日更新し、ダウも史上最高値まで1%を切る位置にまでつけています。
我らがたわら先進国株も、史上最高値(1万1054円。2017年3月14日)まであと97円のところまで迫っています。

しかし、他方で、現在の株価は高すぎるという懸念があります。
広瀬さんも、ダウは2~3か月後には1万7500ドルまで急落すると予測しています。

実に悩ましいですね。
これからのトランプ大統領の減税次第で株価は一時的に跳ね上がるかもしれません。

私のたわら先進国株の含み益は19%ですから、もう少し様子を見て、100万円、20万円、20万円というように、少しずつ、最終的には150万円を目安に解約しようと考えています。

でも、たいてい欲が出てしまい、あとちょっとと粘っているうちに相場が崩れてうまくいかないんですよね。

なお、松井証券の全世界株リバランス積立の銘柄変更をしたものの、含み損のため、ホールドしていた三井住友DC日本株Sは4月26日15時までに全て売却しました。
今週の連騰相場のおかげで、1000円程度の利益が出る見込みです。昼食代に杏仁豆腐が付けられます。やったね。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理