リクルートカード(還元率1.2%の魔法のカード)

リクルートカードというクレジットカードがあります。

本来であれば、他のお勧めのクレジットカードと一緒にご紹介する予定でしたが、現在、とても有利なキャンペーンを実施していますので(キャンペーンの期限は3月22日午前9時59分まで)、取り急ぎご紹介します。

リクルートカードをお勧めする理由は、次のとおりです。

1 年会費が無料であること
2 還元率が1.2%であること
3 nanacoチャージができること
4 ポンタポイントが大量にたまること

広告

1 年会費が無料であること

無料。実に良い言葉です。
理由もなのに年会費を払うことほど無駄なことはありません。

ところで、リクルートカードには、「リクルートカードプラス」という有料カードがあります。年会費2160円で還元率が2%になります。リクルートカードに2160円を払って還元率が0.8%アップすると考えると、年間の利用額が27万円で年会費とトントンになるため、それ以上利用するのであればリクルートカードではなくリクルートカードプラスにすべきです。
しかし、リクルートカードプラスは余りに還元率が良すぎたことから、リクルートがその負担に根を上げ、3月14日に新規募集が停止されました。非常に素晴らしいカードだっただけに非常に残念です。

ちなみに、私のリクルートカードプラスの有効期限はあと4年です。無事に更新されることを祈っています。


2 還元率が1.2%であること

新規募集が停止されたリクルートカードプラスには劣りますが、還元率1.2%は国内最高水準です。
通常のクレジットカードの還元率が0.5%であることからすれば、1.2%という還元率がいかに高いかが分かるでしょう。


3 nanacoチャージができること

リクルートカードのブランドはJCBとVISAです。
他のカードでは、通常、JCBしかnanacoチャージができません。しかし、リクルートカードはVISAでもnanacoチャージができます。

nanacoが便利なのは、本来であればクレジットカード払ができない税金なども、コンビニ払を事前に選択することで、セブンイレブンに行ってnanacoで支払うことができる点です。
リクルートカードでnanacoチャージした際にチャージ額の1.2%のポイントがたまるので、nanacoを介在させる手間はいるものの、実質的に税金などをクレジットカードで支払ったことと同じ結果になります。


4 ポンタポイントが大量にたまること

還元率1.2%が実現できたのは、たまるポイントがポンタポイントに限定されているからです。

「なんだ、ポンタなんて使わないから、ポンタがたまっても仕方ない」と思ってはいけません。
ローソンにはお試し券という素晴らしい制度があります。

ローソンでは、新商品を定価の3~5割のポンタポイントで買えるお試し券制度を実施しています。
毎週火曜日と金曜日に新しいお試し券が追加され、売切れか3週間経過後でその商品のお試し券は終了します。

今月の全商品はこちら
http://www.lawson.co.jp/ponta/tsukau/otameshi/mar/1264378_2584.html

サークルKにも同じ制度がありますが、サークルKが1商品1枚のお試し券しか発券できないのに対し、ローソンは1日あたり同じ商品のお試し券は2枚限りという制限はあるものの、売り切れてさえなければ、翌日に同じ商品のお試し券を2枚発券することができます。

特にお勧めなのがビールと発泡酒です。
詳細は上記リンク先をご覧ください。定価の5割引きで買えます。

もうね、いくらポンタがあっても足りません。
しかし、ポンタは、サークルKのお試し券と交換できる楽天ポイントとは異なり、ポイントを購入することができません(楽天ポイントはコンビニでチャージカードを購入することができます)。

リクルートカードは、お金で買えないポンタポイントが、文字通りザックザックと毎月たまる魔法のカードといえましょう。

なお、私は、ローソンのお試し券を知らなかったときは、GEOのレンタル代にポンタを利用していました。
GEOは株主になると、全レンタル商品のレンタル料が一律半額になります。上限はありません。
私は、GEOで、毎週レンタルコミックと子供の戦隊物のDVD1枚をレンタルしています。


5 キャンペーンの詳細

リクルートカードに申し込み、カードが発行されると、いまなら8000ポイント(通常のキャンペーンは6000ポイント)がもらえます。
ただし、このポイントは期間限定ポイントであり、リクルートのサイトでしか利用できません。もっとも、リクルートは、ポンパレモールというショッピングサイトを運営していますので、使い途に困ることはないでしょう。

リクルートカードはとても良いカードです。無料カードでこれ以上のカードを私は知りません。
せっかくのキャンペーンですから、ぜひご検討ください、

資料請求はこちらからどうぞ




広告

コメント

固定資産税の支払いにおいて、楽天カードでナナコチャージをして支払っていました。しかし先日、改悪通知が届き、ナナコチャージにはポイントがつかないとのこと。
乗り換え先を探していたところこのサイトにたどり着きました。
リクルートカードは最有力だとは思うのですが、生活圏にローソンがなくポンパレモールも使わないと思います。ポンタが使える店をあまり使わないのです。まあ今後固定資産税は現金一括払いかなあと思っています。

一方、ナガシマリゾートメンバーの情報は私にとって有益な情報でした。4歳の息子がアンパンマンミュージアムが大好きなのでよく行くんです。ありがとうございました。

No title

コメントありがとうございます。
参考にしていただけて、よかったです。

ナガシマは、隣接するアウトレットパークが日本最大になったことから、ますます楽しくなりました。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理