たわら先進国株がプラ転しました(2)

3月14日に、「たわら先進国株がプラ転しました」という記事を投稿しました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-32.html#more

今回は、その続報です。

楽天証券からマネックス証券に投信を移管する手続について、分かりやすいように時系列にしてみました。

広告

今回の時系列は、次のとおりです。

2月 楽天証券に電話し、移管依頼書の送付を求める。

3月3日 移管依頼書を投函。

3月10日 楽天証券の投信口座が凍結され、移管手続が開始される。
毎日3万円購入をしていた最後のたわら先進国株の受渡日がこの日だったため、移管手続が遅れた。楽天証券に確認したところ、移管手続は約定日ではなく受渡日が経過しないと開始しないとのこと。

※ 楽天証券は、複数の投信の一部を移管する場合であっても、全ての投信の売買を凍結します。移管対象外の投信を売買したいときは、その都度、電話注文する必要があります。

3月15日、マネックス証券でたわら先進国株を注文しようとしたところ、「移管手続中のため注文できない」旨の表示がなされる。

3月18日午前8時すぎ、マネックス証券の保有銘柄欄にたわら先進国株の表示が出る。楽天証券にログインしたところ、まだたわら先進国株の表示が残っていたが、午前9時過ぎに再度楽天証券にログインしたところ、たわら先進国株の表示は消えていた。

結局、移管先のサイトで確認できるまで、凍結日を含めて7営業日を要したことになります。

先月、EXE-i新興国株と中小株を楽天証券からSBI証券に移管しましたが、そのときは楽天証券に移管依頼書が到着した日の翌日に投信口座が凍結され、凍結日を含む10営業日後にSBI証券のサイトにこれら投信が表示されました。


楽天証券の口座凍結中は、やむを得ずマネックス証券でたわら先進国株の毎日1万円購入を続けていきましたが、今日からはまた楽天証券に戻りました。

ちなみに、現在の保有銘柄と証券会社は、次のとおりです。

・ VTVTIVWO マネックス証券
・ たわら先進国株 マネックス証券

・ 日本株(個別株) SBI証券

・ たわら先進国株 楽天証券(毎日1万円積立て実施中)
・ 三井住友DC全海外株 楽天証券(毎日1万円積立て実施中)
・ ひとくふう日本株 楽天証券(日経平均が下がったときに1万円積立て。今日で3万円)

・ 個人向け国債変動10 大和証券、野村証券



広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理