「みずほプレミアムクラブBRILLIANT」への道(2)

昨年11月20日付で、「みずほプレミアムクラブBRILLIANTへの道」と題する記事を書きました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-246.html#more

要するに、みずほ証券で個人向け国債変動10を1000万円以上買って、みずほプレミアムクラブに入ると得だというものです。

上記記事の末尾で、「第2回は、来年1月のインビテーションが来た時になります。どうぞお楽しみに。」と書きましたが、面倒なことになりました。

広告

本来であれば、12月末日の資産状況で自動判定がなされ、1月にスターターキットが届くはずなのですが、3月になってもまだ届かないのです。

支店の個人営業課の担当者に電話してみました。
「おかしいですね。1月に届くはずなのに。支店では調べることができないので、もう1か月ほど待って、もし何も届かなければ電話してください」

うん、おかしいですね。普通に考えて、支店で調べることができないはずがありません。

1か月も待てないので、すぐにセンターに電話してみました。
プレミアムクラブの担当者から支店の担当者に連絡し、支店の担当者から私に連絡させるとのことでした。

支店の担当者からすぐに電話が来ました。

概要、
(1)例年12月末日時点の資産状況で自動判定されるが、昨年だけはなぜか自動判定はなされなかった。
(2)いま稟議書を書いているので、すぐに決済をもらい、その後に特別な申込書を送る。
(3)ブリリアントの判定に間に合うかは分からない。
というものでした。

うん、怪しいですね。
銀行の資産だけであれば自動判定されるのかもしれませんが、私の資産は連携したみずほ証券の個人向け国債であるため、支店による何らかの作業が必要だったのかもしれません。

とはいえ、現時点でもめても実益はないため、とりあえずプレミアムクラブに入会し、万が一ブリリアントに間に合わなければ、支店の担当者に何とかしてもらおうと思います。

広告

コメント

No title

残高+銀行にとってメリットのある(手数料の高い商品に投資しそうな)顧客であるか支店で判断して、本部に稟議のようなものを上げるのでしょうか?

No title

ruruさん、コメントありがとうございます。

実際のところは良く分かりませんが、そう難しい話ではなく、単純に、証券の保有資産の反映手続のどこかで何らかのミスがあった感じがしています。

プレミアムクラブは支店が何とかすると言っていますが、ブリリアントへの昇格が1年遅れにならないかは不明であることだけが懸念材料です。

No title

こんにちは。
こちらの「みずほプレミアムクラブ」の話題が更新されないので、おかしいなと思っていました。

自分も、たわら男爵さんのような考えで、2016年1月から様々な資産をみずほグループに集め、銀行と証券の連携も取っていたのですが、結局、なんの連絡もなしでした。

先日、プレミアムクラブについて支店で尋ねたのですが、基準は伝えられないとのことでしたので、日銀のマイナス金利の関係もあり、従来の基準程度では相手にされていないのかと思っていたところです。
もし、続報がありましたらお伝えください。

ちなみに、自分は3月に入って、お付き合いの先を別の銀行に変えました。
もし、みずほが調べてみると言ってくれていたら、違っていたかもしれません。

No title

コメントありがとうございます。

>先日、プレミアムクラブについて支店で尋ねたのですが、基準は伝えられないとのことでした

私の場合は、支店の個人営業課の担当者に確認したところ、あっさりと、いわゆるネット情報(1000万円の個人向け国債でプレミアム、3000万円でブリリアント。ただし、銀行の普通口座に50万円以上は入れておかないと自動判定が働かない。毎年12月末日が判定日)が正しいと教えてくれました。

>自分は3月に入って、お付き合いの先を別の銀行に変えました。

ポイントを考慮すれば、みずほ証券で個人向け国債を買うのが一番得です。
また、みずほ銀行は、みずほ証券その他、楽天銀行からの入金ができない証券会社でIPO資金を移動させるのに都合がよいです。
そのため、私は、ブリリアントの結果がどうであれ、付き合いをやめるつもりはありません。
自分にとって最大限に得をするように付き合えばよろしいかと思います。

>続報がありましたらお伝えください。

ブリリアントにたどり着くまで連載は継続しますので、よろしければまたご覧ください。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理