インデックス投資を布教してはダメです

相互リンク先のアウターガイさんが面白い記事を書いています。

インデックス投資家は投資家でないのかもしれない
https://www.valuetrust.net/entry/2017/03211719.htm

これに対し、著名なブロガーがこんな記事を書いて、アウターガイさんをクソミソにけなしています。

「インデックス投資家は投資家か否か」という議論のダメなところ
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-3187.html

文章には書き手の人間性が現れるという好例ですね。
まさに他山の石としなければなりません。

というわけで、私も読書感想文を書いてみました。

広告

そもそも、アウターガイさんの上記記事は「インデックス投資家は投資家か否かという議論」ではありません。

アウターガイさんの上記記事の要旨は、

(1)インデックス投資を布教したい
(2)しかし、インデックス投資には投資としての面白さはなく、投資として布教するのは効果的ではない
(3)そこで、投資としての魅力ではなく、何も研究する必要はなく、バイアンドホールドしているだけよいという別の魅力を説いたらどうか

というものでしょう。

インデックス投資家が投資家かどうかなどということは、上記記事の本質ではなく、どうでもよい枝葉末節にすぎません。

この整理を前提に本題に入りますが、私は、アウターガイさんの上記記事に反対です。
なぜなら、インデックス投資を布教されてメジャーになられては困るからです。

考えてみてください。

我々の投資戦略は、インデックス投信のバイアンドホールドです。指数の期待リターンを得るためには、市場が効率的でなければなりません。歪みがあっては困るわけです。

しかし、インデックス投信をバイアンドホールドする人が多数派を占めたらどうなるでしょうか。
バイアンドホールドされた株式は市場に流通しないため、市場に流通する株式の数が減ります。その結果、個々の注文が株価に与える影響が大きくなり、株価の値動きが激しくなります。
まさに日銀がETFを大量に保有することによる弊害と同じ現象ですね。

我々インデックス投資家は、アクティブ投資家たちの累々たる死屍を養分として育った森の恵みをありがたくいただくフリーランチャーです。
森が生まれ、鳥獣が育ち、種果が実るためには、養分となるアクティブ投資家の死体が増えれば増えるほど良いことになります。

そして、そのためには、多数のアクティブ投資家たちがやる気になり、株式市場という戦場に参加してもらわねばなりません。
多数のアクティブ投資家たちをその気にさせるには、市場に歪みがあったり、ジェットコースターのように株価が乱高下するのではなく、スパイス程度の多少の値動きがありつつも、大局的には株価が右肩上がりである必要があります。
なぜなら、「自分なら儲かる」と思うからこそ、人はアクティブ投資家になろうと思うからです。

このような理由で、私は、みんなが合理的な投資方法に目覚め、インデックス投資をされては困ると考えます。
アウターガイさんの上記記事は、投資家の定義が云々という些末なことではなくて、このように非常に深い価値観の対立に言及したものだったわけですね。

南無阿弥陀仏。

広告

コメント

No title

大丈夫。
どんなに布教しても、インデックス投資はメジャーにはならないから。

No title

コメントありがとうございます。

私もそう思います。
人間とはすべからく不合理な生き物ですから。

No title

すべからくの意味が違います

No title

ごめんなさい。
「すべからく」を使ってみたかっただけです。

No title

ちょっとだけ笑いました。いつもブログ読んでます。

No title

ご愛読ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理