広告

これは、籠池理事長の独占インタビューに成功した菅野完の自宅前にマスコミ各社が集まり、菅野完に対してメディアスクラムをしている様子を41分26秒に渡って記録した動画です。

菅野完さん、経歴はいろいろあるようですが、とにかく頭が切れます。

籠池を一方的な悪者にしようとしているマスコミに対し、

1、籠池は何らの権限のない私人であり、籠池がいくら頑張っても決済はできない。
2、決済をしたのは、松井大阪府知事と迫田理財局長(現在の国税庁長官)の2人の公人であるから、まずはこの2人を取材すべきであり、国会もこの2人の公人を証人喚問した上で、必要があれば私人である籠池を呼べばよい

という非常に説得力のある視点で迫っています。

菅野完を取り囲んでいるマスコミは、菅野完から迫田国税庁長官の名前が出るとみんな一生懸命話題をそらそうとするのですが、その状況がペンギンみたいで非常に面白いです。

※ペンギンは海に魚をとりに行く必要がありますが、その際、ヒョウアザラシに狙われるリスクがあります。そのため、まずは最初の1匹が海に飛び込んで、そいつが無事だと分かるとみんな一斉に飛び込むのですが、誰も最初の1匹になりたくないため、おしくらまんじゅうをして誰か不幸な1匹を海に落とすと言われています。

面白動画と言えば、GPIFの四半期状況。
https://www.youtube.com/watch?v=QAPqKX9DnVY

【参考記事】
配当金再投資のバイアンドホールドこそ至高の投資法~GPIF四半期運用状況
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-343.html#more

上記参考記事でお伝えしましたが、この動画は非常に参考になるという意味で面白いです。まだ未視聴の方はぜひ視聴すべきです。
257回だった視聴回数が、先ほど確認したら850回になっていました。めざぜ1000回。
1000回の大台に乗ったら、おそらくGPIFの理事長まで報告が行くことでしょう。前代未聞の大成功ですから、これほど良い物を無料視聴させてくれた担当者にとって何よりのプレゼントになります。

というわけで、ぜひ上記動画(https://www.youtube.com/watch?v=QAPqKX9DnVY)にワンクリックをお願いします。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日
男爵になった日 同年8月30日

40代男性(高等遊民)。
投資歴12年。
妻子あり。持家あり。

リスク資産は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
NISA口座ではVTの分配金を使ってVTを購入中。

松井証券で「たわら全世界株リバランス積立」を実行中。
※「たわら全世界株リバランス積立」とは、たわら先進国株80%、たわらTOPIXS10%、たわら新興国株10%の配分比で、毎営業日の買付け時に自動でノーセルリバランスするというものです。

無リスク資産は、個人向け国債変動10(みずほ証券が最強)で運用中。

カテゴリごとに記事を整理しました。
とりわけ「公開 誰でもできる究極の投資」「たわら先進国株が他を圧倒する理由」「リバランス積立(松井証券)」は必見です。

たわら男爵のお勧め

インデックス投資の不朽の名著です。全ての答えがここにあります。

検索フォーム

別のブロガーの投信ブログはこちら

管理