楽天証券から楽天銀行への自動入出金設定で100円全プレ(~3/31)

楽天証券が楽天銀行と提携し、自動入出金制度を導入しました。

SBI証券と住信SBIネット銀行のようなもので、証券口座のお金が自動で銀行の普通預金に移動するというものです。
住信SBIネット銀行の利率は改悪に改悪を重ね、現在では無きに等しいのに対し、楽天銀行の普通預金は年0.1%の利息が付く優れものです。

広告

楽天銀行では、今月一杯までキャンペーンを実施しています。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/20170218-03/

自動入出金設定をすると、それだけで全員に100円がプレゼントです。

私も「100円かぁどうするかな」と思いましたが、自動入出金設定をすると、日本株の配当金が自動的に楽天銀行に出金され、とても便利であることに気づきました。

他に収入がなければ、年間33万円までの利益を確定させ、確定申告をすることで、33万円の2割+復興所得税相当額が還付されます(33万円は住民税の基礎控除額であり、これを超えると国保の掛金が7割減額から5割減額になって損します)。

そのため、私は、SBI証券に移管したたわら先進国株を33万円の益出しをする限度で毎年解約する予定ですが(今年も確定申告し、還付してもらいました)、その際、予期せぬ配当金が特定口座に入って年間確定利益が33万円を超えてしまうとまずいため、日本株は楽天証券に残しておく予定です。
そのお金が楽天銀行に自動入金されればとても便利だと考えました。

もらえるお金は100円ですが、100円を馬鹿にする人は金持ちにはなれません。
私は、既に手続を済ませました。
よろしければ皆さんもどうぞ。

広告

コメント

No title

たまたま楽天銀行にログインしたらそのようなことが書いてあったので早速申し込みました。
普通預金との自動スイープになると、証券口座への即時入金サービスを使って、無料かつ手間いらずで、他の銀行から楽天銀行へ、楽天銀行から住信SBIネット銀行へと相互に移動可能なのでとても便利になりました。
住信SBIはハイブリッド預金が別口座で、事実上証券口座になっているのと比べると、やはり便利です

No title

コメントありがとうございます。

>住信SBIはハイブリッド預金が別口座で、事実上証券口座になっているのと比べると、やはり便利です

振替というひと手間がいりますからね。

ただ、SBI証券から出金手続をすると、住信SBIネット銀行の証券連動口座から出金できますので、私は、利便性に大差はないと思っています。
しかし、住信SBIネット銀行の利率が改悪されてどうしようもないのが残念です。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日
男爵になった日 同年8月30日

40代男性(高等遊民)。
投資歴12年。
妻子あり。持家あり。

リスク資産は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
NISA口座ではVTの分配金を使ってVTを購入中。

松井証券で「たわら全世界株リバランス積立」を実行中。
※「たわら全世界株リバランス積立」とは、たわら先進国株80%、たわらTOPIXS10%、たわら新興国株10%の配分比で、毎営業日の買付け時に自動でノーセルリバランスするというものです。

無リスク資産は、個人向け国債変動10(みずほ証券が最強)で運用中。

カテゴリごとに記事を整理しました。
とりわけ「公開 誰でもできる究極の投資」「たわら先進国株が他を圧倒する理由」「リバランス積立(松井証券)」は必見です。

たわら男爵のお勧め

インデックス投資の不朽の名著です。全ての答えがここにあります。

検索フォーム

別のブロガーの投信ブログはこちら

管理