全ての証券会社よ、まっとうな商売をする我が社にひれ伏せ(by松井証券)

松井証券の社長が日経新聞朝刊に意見広告を出しました。
http://www.matsui.co.jp/company/message/2017/nikkei_01.html

正確には、年始の社長あいさつで、日経新聞朝刊に意見広告を出すこと、出したらそれをホームページで公開すると述べており、さきほど意見広告らしきものが公開されていたことから、きっと日経新聞朝刊で意見広告を出したんだなと思った次第です。

その内容は全ての証券会社に正面から喧嘩を売っています。
社長の意見を大胆にまとめると、「全ての証券会社は顧客を食い物にしている」ということになるでしょう。

というかね、もうタイトルは「20年前の借りを返してやる」ではなく、「全ての証券会社よ、まっとうな商売をする我が社にひれ伏せ」で良かったのではないかと思います。

広告

証券会社は、現在、ラップ口座やロボアドという新商品を売り出して儲けようとたくらんでいます。
かの山元先生でさえ、楽ラップの宣伝に駆り出され、他社と比べればましという苦しいコメントを出さざるを得ませんでした。
【参考記事】
楽ラップはクソはクソでもましなクソ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-162.html

残念ながら、松井証券がロボアドを無料開放したことにより、楽ラップを含む全てのロボアド商法は、自社ファーストであって顧客ファーストではないことが白日の下にさらされてしまいました。

考えてみれば、別にロボットにアドバイスしてもらわなくても、山元先生が提唱するように、リスク資産は株100%だけを買い、あとは現金ないし個人向け国債でとっておくだけにすれば、全てのリスクは現金比率をいくらにするかで調整することができます。
何もリートを買う必要も、コモディティを買う必要も、債券を買う必要もなく、決めることは、

(1)リスク資産は単にたわら先進国株だけを毎営業日買うか、全世界株リバランス積立をするか
(2)全財産の何割で(1)を買うか

の2点だけです。

最後に松井社長に一言。

せっかくリバランス積立を発明し、毎営業日500円積立てを実現したのに、全世界株リバランス積立を毎営業日するには1日6000円以上必要であることが非常に残念です。まさに画竜点睛を欠くとはこのことでしょう。
リバランス積立をする限度で構いませんので、ぜひ1円単位で新規購入資金を割り振ることができるようにシステムを改善してほしいです。

広告

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございました。

先進国株だけの方が、全世界株リバランス積立より低コストではないかという趣旨かと思い、新たに記事を書こうと思っていたのですが、私の理解が違っていたのですね。書く前で良かったです。

とはいえ、コメント、ありがとうございました。松井証券で口座を開設するのはとても良い判断だと思います。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理