日本人はなぜ権威に弱いのか?

昨日、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」の集計結果が発表されました。

気になったのは、公式HP(http://www.fundoftheyear.jp/2016/post-4.html)を見ても、集計結果と投票したブログ名がまだ掲載されていないにもかかわらず、金融庁長官の祝辞はまっさきに掲載されたという点です。
参加者のツイッターを見ても、金融庁長官の祝辞が真っ先に紹介されたようです。

また、せっかく受賞したファンドの運営会社からそれなりの立場にある人が来場したわけですから、何か突っ込んで聞くのかと思ったらそういうわけでもないようです。

みんなが知りたいことは、

広告

1位 ニッセイ外国株
競争相手はエラーを出さなかったのに、ニッセイ外国株だけ数度にわたるエラーを出していますが、また繰り返すのでは?
繰り返さないための具体的な対策は?

2位 たわら先進国
日経が値下げ報道をして2か月ですが、本当に値下げするんですか?
実質コストが最安だからといってそれにあぐらをかいていると、ニッセイ外国株との差は開くばかりでは?
たわら先進国株が60億円を集めている間にニッセイ外国株は200億円も集めていますが、戦略を間違っているのでは?たわら宣伝部長などと調子のいいことを言っている暇があったら何とかしないとまずいのでは?
株100%の全世界株投信は出さないのですか?
日本株について、三井住友DC日本株Sと真っ向勝負できる本物のインデックスファンドを出してほしい。

3位 VT
コストは0.14%ですが、そのうちバンガードの取り分は0.11%で、たわら先進国株の運営会社の取り分0.1%よりも高くなっています。もっと値下げができるのでは?せめて、VTI、VEA、VWOを合成したのと同じ額まで下げてほしい。
アメリカでは発売されているVTインデックスファンドを日本で発売しない理由はなぜ?

4位 iFree8資産
なぜ新興国株部分をあんなマイナーな指数にしたのですか?メジャーな指数にして他社と真っ向勝負に出なかったのはなぜ?
S&P500指数のインデックスファンドを出さないのはなぜ?
米国株配当指数インデックスを早く出してほしい。

5位 セゾンバンガード
昔は低コストの良いファンドでしたが、今年はポット出のiFree8資産に負けてしまいました。なぜコストを下げないのですか?昔はさかんに低コストを宣伝していたのに、いまは低コストに一線を引くと言っています。中野社長は変節したのでは?

「長期資産形成、ローコストをコンセプトとした商品をお客さまに提供していくことこそが差別化につながる」
「良い運用結果を阻害する最大要因の縮小化、つまりできる限りの低コストを実現することこそが、その基本的前提として導き出された」
http://www.saison-am.co.jp/guide/information/_pdf/message0703.pdf
ローコストの精神はどこに行ってしまったのですか?

1位から5位までのファンドの運営会社の人を座談会名目で壇上に集めて、問答無用で叩き斬ることくらいしないと、インデックスファンドの建設的発展は望めません。
そのために最初に金融庁長官の祝辞を出して各社にプレッシャーをかける作戦だったのであれば素晴らしかったのですが、単に権威づけのためという印象を受けたのが残念な点でした。

広告

コメント

なるほどー

さすが!たわら男爵さまの思われることは深いですね・・・
各運営会社の方々に是非読んでもらいたいです。
VTのインデックスファンドってあるんですね。知りませんでした。

No title

コメントありがとうございます。
アメリカ本国ではバンガード社はVTのインデックスファンドを発売しています。ETF版よりコストは高いものの、分配金を出さないため、リターンはETF版より良いみたいです。

No title

>いまは低コストに一線を引くと言っています。中野社長は変節したのでは?

私もこの部分に共感しています。ソース元は失念してしまいましたが、中野社長の「コスト競争より選ばれる投信を目指す」的な発言があったと記憶しています。

セゾン投信の運営上、信託手数料の値下げは難しいと理解しつつも、今までの発言との整合性が取れていないことに納得できず、セゾンバンガードの解約に至りました。

現在、セゾン投信から松井証券に乗り換えて、毎週リバランス積立を行っています。今後の情勢はどうなるかわかりませんが、たわらのように実りがたっぷりとなるようにじっくりと期待したいところです。

No title

コメントありがとうございます。
セゾンは歴史的役割を終えた感がしますね。

>現在、セゾン投信から松井証券に乗り換えて、毎週リバランス積立を行っています。今後の情勢はどうなるかわかりませんが、たわらのように実りがたっぷりとなるようにじっくりと期待したいところです。

全くその通りです。
お互いうまくいくといいですね。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理