来年1月からのギトギトのクソ相場に備えた事前準備をしました

来年1月からギトギトのクソ相場(円高、米国株安)になりそうだという広瀬隆雄さんの相場観に対し、基本的にはバイ&ホールドを維持するというのが私の考えであることは以下の記事でお伝えしました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-269.html#more

とはいえ、いくつか準備しておくことがあります。

※ 本日20時から21時30分までのオンラインセミナー(インヴァスト証券)で、広瀬さんは更に悲観的な相場観を示されていました。具体的には、来年1月の就任式を待たず、ギトギトのクソ相場入りし、それが6月頃まで続くのが広瀬さんの現時点でのメインシナリオだそうです。
そうなると、世界の株式市場はリスクオフになり、ドルベースでリスク投資していた日本人はリスク資産を売却してドルを円に戻すことから円高になり、円高になると日本株安になるそうです。

広告

1、個別株の整理

私は、高配当株、株主優待株を中心に個別株投資をしていましたが、トランプ相場の最初にほぼ処分しました。
今から振り返れば、もう少し待てば50万円ほどの利益だったことを思うともったいない気もしますが、トランプ相場が急速にしぼみ、多額の含み損を抱える可能性もありましたので、自分の中では良しとしています。

手持の株の中で、さらにJR九州とドコモを処分することにしました(今日の終値より少し高い金額で指値中)。その理由は、これほど相場が良い状況であるにもかかわらず、株価がほぼ横ばいだからです。

これにより、個別株は、
(1)ゲオ(レンタル料が半額になる株主優待目的)
(2)タカラトミ-(限定モデルのトミカがもらえる株主優待目的)
(3)イオン(全品5%キャッシュバックになる株主優待目的)
(4)ヤマハ発動機(日経225に組み入れる前に組み入れを予測して事前購入したもの。爆益です)
の4単位になります。
これら4単位については、株価がどうなろうとずっとホールドする予定ですので、ギトギトのクソ相場で下がったとしても悲しくはありません。

2、SBI証券の2投信を売却

私は、現在、SBI証券で、(1)SMT米国株配当貴族、(2)Funds‐i外国株式・為替ヘッジ型の2種類の投信を保有しています。

SMT米国株配当貴族は、松井証券で毎営業日7500円の自動積立てをする前に、手動で、毎日1万円ずつのスポット購入をしていたものです。
時価65万円(うち含み益9万円)ですが、松井証券に移った身としては、いつまでもSBI証券においておいても仕方ないことから、今日のイエレン議長の講演、明日明後日の日銀政策決定会合の結果を踏まえつつ、円安、米国株高になった適当なところで売却します。

つぎに、Funds‐i外国株式・為替ヘッジ型ですが、2015年1月の最初の営業日に100万円で一括購入したNISA口座のものです。
既にNISA口座はマネックス証券に移しており、ロールオーバーができないことから、3年後に含み益でないと損が確定してします。
この2年間、ほとんど含み損でしたが、トランプ相場のおかげで、現在、時価105万円(うち含み益5万円)となっていますので、処分する好機がようやくめぐってきました。

これにより、私の資産状況は以下のとおりとなります。

1、リスク資産
(1)マネックス証券 VTVTIVWO(これらの分配金を利用し、NISA口座でVTを購入中)
(2)楽天証券 たわら先進国株、個別株4単位
(3)三菱マテリアル 純金プラチナ積立て

【参考記事】
誰でもできる超簡単ほったらかし投資(改訂版)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-24.html#more
純金等積立てを超低コストで利用する方法
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-44.html#more

2、無リスク資産
(1)楽天銀行 普通預金(日常生活費など)
(2)大和証券 個人向け国債(1年経過後、順次、みずほ証券で買い替える予定)
(3)みずほ証券 個人向け国債

【参考記事】
誰でもできる無リスク資産の運用法
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-33.html#more
個人向け国債を購入するなら、みずほ証券が最適
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-217.html#more
「みずほプレミアムクラブBRILLIANT」への道(1)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-246.html#more

3、子供口座
マネックス証券の特定口座で年30万円、ジュニアNISA口座で80万円、たわら先進国株を自動積立中。
なお、特定口座はゴトウビ積立て、ジュニアNISA口座は複数日積立設定ができないことから毎月15日の1回だけの積立てです。

【参考記事】
NISAは骨までしゃぶろう(5) たわら男の選択
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-29.html#more

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理