毎営業日積立てをしていれば、相場がどう転んでも幸せ

「富士宮で貯蓄と資産運用」というブログの「もうはまだなり。まだはもうなり」という記事を読みました。
http://mochi1999.blog.fc2.com/blog-entry-1242.html

【引用開始】
だってみんな口には出さないけどさ。リスク資産と無リスク資産の比率を固定して運用してたりすれば、今の円安・株安でリスク資産が増大している状況では、確実に比率が崩れた分をキャッシュ化していると思うんだよね。
文章では冷静を装っているけど、心の中はウキウキだし、お財布の中はウハウハで、顔なんてカワイイ少女の水着姿をぬりぬりしている時みたいにニヤニヤなんだよ。
【引用終わり】

広告

カワイイ少女の水着姿をぬりぬりしてニヤニヤする気持ちは共感できませんが、言わんとしていることは分かります。

売り時の判断は非常に難しいです。

つい先日も「他人のブログに勝手にアドバイスするシリーズ(9)~売り時はいつ? 」という記事を書きました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-256.html#more

この記事で勝手にアドバイスしたりあるむえさんですが、ツイッターを見ると、残念ながら悟りの境地にはまだまだ遠いようです。

こんなことを言っている私も、リスク資産の含み益が1000万円を超えました。もっとも、ブリグジットショックの時などは含み損も1000万円を軽く超えていましたので、別にどうということもありません。

と冷静に文章を書いていますが、心の中ではウキウキです。儲からないより儲かる方がいいに決まっています。
理屈では、現在、全世界株リバランス積立とSMT米国株配当貴族の毎営業日7500円積立てを実行中ですから、円高株安の方が安く買えますので、今の状況は余り歓迎すべきではないことになります。

でも、これが毎営業日積立てのいいところなんですね。

つまり、円高株安になったら安く買うことができると喜び、円安株高になったら所有するリスク資産の価値が上がったと喜ぶ。

相場がどう転んでも幸せです。

ちなみに、私は、まだ利確はしていませんので、残念ながら財布の中はウハウハではありません。
私の無リスク資産とリスク資産の配分比は、無リスク資産40:リスク資産60ですが、まだリスク資産が60に微妙に届いていないからです。

そんなことをしている間に、相場が円高株安に触れてしまう可能性もあります。
そのときは、きっと、「あのときせめて含み益だった1000万円でも解約して現金化し、いま一括して買いなおせば儲かったのに」と思うはずです。チャイナショックの時も、ブリグジットショックの時も、トランプショックの時もそう思いましたので、きっとまた同じような暴落時には同じように思うことでしょう。

しかし、私が偉かったのは、そう思っただけで、実際には何もしなかったということです。
正確には、たわら先進国株の毎営業日1万円積立てを続け、貴族になってからはSMT米国株配当貴族の毎営業日1万円積立てを続け、現在は、全世界株リバランス積立とSMT米国株配当貴族の毎営業日7500円積立てを続けています。

プロでもタイミング投資ができる人は少ないのに、素人である我々ができると思ってはいけません。
タイミング投資をしたいのであれば、せめて、リスク資産と無リスク資産の配分比を事前に固定することで、「配分比を維持するためのリバランス」という物差しを用意しておくべきだと考えます。

また、投資に素人判断を持ち込まないためにも、毎日ログイン、スポット購入というやり方ではなく、松井証券の毎営業日積立ての方が優れています。
本当に何もする必要はなく、勝手に毎日決まった額の投信を買い続けてくれます。とても楽です。
楽天証券に毎日ログインし、スポット購入をしていたときは、何も負担に思っていませんでしたが、松井証券の毎営業日積立ての楽さに慣れてしまった現在では、いまからもう一度スポット購入による毎営業日積立てをやる気にはとてもなれません。

広告

コメント

No title

こんにちは。

悟りの境地まだまだの「りある・むえ」です(^^;)

悟っていませんが、毎日積立の利点は良くわかります!

また、勉強させていただきます!

No title

コメントありがとうございます。

悟ってしまえば、もう何も考えることはなく、とても幸せになれると思いますよ。

記事紹介ありがとうございます

はじめまして、たわら男爵さん。
カワイイ少女の水着姿をぬりぬりしてニヤニヤしたいmochiです。

記事紹介していただきありがとうございます!!
・・・って、引用するところ、ソコですか!?

将来的な出口戦略を考えた時に、一定額を少しずつ売却していく「毎営業日取り崩し」なんてサービスも面白いかもしれないですね・・・ないか。


No title

mochiさん
わざわざご連絡いただき、ありがとうございます。

>将来的な出口戦略を考えた時に、一定額を少しずつ売却していく「毎営業日取り崩し」なんてサービスも面白いかもしれないですね・・・ないか。

松井証券は、ポートフォリオの配分比に沿って構成投信を売却するリバランス解約というシステムがあります。
松井証券のリバランス積立で資産を形成し、老後に生活費が必要になったらリバランス解約で生活費をまかなうというのもいいかもしれませんね。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日
男爵になった日 同年8月30日

40代男性(高等遊民)。
投資歴12年。
妻子あり。持家あり。

リスク資産は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
NISA口座ではVTの分配金を使ってVTを購入中。

松井証券で「たわら全世界株リバランス積立」を実行中。
※「たわら全世界株リバランス積立」とは、たわら先進国株80%、たわらTOPIXS10%、たわら新興国株10%の配分比で、毎営業日の買付け時に自動でノーセルリバランスするというものです。

無リスク資産は、個人向け国債変動10(みずほ証券が最強)で運用中。

カテゴリごとに記事を整理しました。
とりわけ「公開 誰でもできる究極の投資」「たわら先進国株が他を圧倒する理由」「リバランス積立(松井証券)」は必見です。

たわら男爵のお勧め

インデックス投資の不朽の名著です。全ての答えがここにあります。

検索フォーム

別のブロガーの投信ブログはこちら

管理