たわら先進国株は我が国で最安の先進国株インデックスファンド(実質コストランキング)

たわら先進国株の実質コストが判明したことは、下記記事でお伝えしました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-260.html#more

たわら先進国株の実質コスト(信託報酬を含む総額) 0.2796%(税込)
信託報酬を除くコスト 0.0366%(税込)

私はこれを見て非常に安いと感じましたが、本当に安いかどうかは他の投信と比較してみなければ分かりません。
しかし、投信ブロガーで実質コストを調べる人はいても、なぜか信託報酬を除くコストで比較する人はいません(もしいらっしゃったらごめんなさい)。

ならば私がやるしかないでしょう。
ということで、さっそくですが結果発表です。

広告

信託報酬を除くコストの安いものランキング(参考:マザーファンドの純資産額)

1、Funds-i外国株 0.028%(3264億3100万円)
2、たわら先進国株 0.0366%(2426億9400万円)
3、SMTグローバル株式 0.042%(2720億4800万円)
4、外国株式インデックスe 0.043%(2004億1100万円)
5、三井住友DC外国株S 0.072%(1740億3900万円)
6、eMAXIS先進国株 0.088%(2275億1400万円)
7、ニッセイ外国株 0.136%(508億8000万円)

世界の野村には勝てませんでしたが、堂々の2位です。
しかも、三井住友DC外国株Sの半額、ニッセイ外国株の4分の1です。
たわら先進国株がいかに低コストであるかが分かりますね。

なお、ニッセイ外国株の信託報酬は0.216%ですから、上記のコストを足した実質コストは0.352%となります。
たわら先進国株の実質コストは0.2796%ですから、現時点でもニッセイ外国株を抜き去り、我が国で最安の先進国株インデックスファンドと言えます。

とはいえ、三井住友DC外国株Sの信託報酬は0.16%(税込0.1728%)ですので、これが一般開放されたら勝てません。
また、普通の人は、実質コストではなく、分かりやすい信託報酬で最安かどうかを判断しますし、指数との乖離率という概念すら知りません。
そこで、たわら先進国株が真の意味で我が国ナンバーワンファンドになるためには、更なる値下げが強く期待されます。

【参考記事】
たわら先進国株、近日中に値下げへ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-236.html#more

本文とは関係ないですが、参考までに、マザーファンドの指数との乖離率を調べてみましたので、付記します。

たわら先進国株のマザーファンド(2426億9400万円)
2012年2月 -0.4%
2013年2月 -0.5%
2014年2月 -0.2%
2015年2月 -0.3%
2016年2月 -0.2%

Funds-i外国株のマザーファンド(3264億3100万円)
2012年4月 -0.4%
2013年4月 -0.6%
2014年4月 -0.2%
2015年4月 -0.4%
2016年4月 -0.4%

三井住友DC外国株Sのマザーファンド(1740億3900万円)
2011年11月 -0.3%
2012年11月 -0.3%
2013年12月 -0.5%
2014年11月 -0.4%
2015年11月 -0.1%

ニッセイ外国株のマザーファンド(508億8000万円)
2013年11月 +0.2%
2014年5月 +0.1%
2014年11月 -0.2%
2015年5月 +0.2%
2015年11月 +0.2%

ニッセイ外国株のマザーファンドは、実にファンタスティックな値動きをしていますね。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理