投信工房(松井証券)は、証券口座に送金するだけで大丈夫(振替不要)

私は、松井証券で、(1)全世界株リバランス積立、(2)SMT米国株配当貴族の毎営業日7500円(合計1万5000円)積立てを行っています。

投信工房(松井証券の投信専用ページ)にログインした人なら気づいたと思いますが、松井証券では、証券口座から投信口座へ資金振替をしなければならない建て付けになっています。

おいおい、楽天銀行の定額送金サービスを利用し、毎月25日に33万円を松井証券の専用口座に自動送金して放置するという私の素敵な作戦はダメなんじゃないか?

そう思って電話して聞いてみました。

広告

質問
証券口座(ネットストック口座)の買付余力33万円、投信口座の買付余力ゼロのときに、事前に設定した毎営業日積立て(各日1万5000円)が実行されるとどうなりますか。

答え
毎営業日積立てが実行される都度、ネットストック口座から投信口座に自動的に資金移動され、自動的に事前の積立設定に従った買付けがなされます。

質問
そうすると、自分で事前に投信口座に資金を割り振っておく必要はないのでは?

答え
ネットストック口座に買付余力がある限りにおいてはそのとおりです。
投信口座に事前に振り替えておけば、間違って投信の買付余力までネットストック口座で使ってしまい、資金不足を理由として投信の買付けがなされないという事態を防ぐことができます。
言い換えれば、事前に振り替えておくメリットはその1点だけです。

心配する必要はなかったみたいですね。
良かったです。

広告

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理