松井証券で、全世界株リバランス積立の設定を行いました

松井証券が、リバランス積立と毎営業日積立てという2枚看板をひっさげ、投信ビジネスの世界に戻ってきたことは、これまで何度もお伝えしたとおりです。

数日前に松井証券に確認したところ、投信工房(松井証券の投信専用ページ)にログインできるのは今日のメンテナンス後、具体的には明日の午前中にずれ込む可能性が高いと言われました。
しかし、先ほどログインできましたので、全ての設定を終了しました。

広告

私が行った設定は、以下のとおりです。

1、全世界株リバランス積立
(1)銘柄
・ たわら先進国株 80%
・ 三井住友DC日本株S 10%
・ たわら新興国株 10%
(2)積立日
毎営業日
(3)積立金額
7500円

※ 銘柄選択の理由については、以下の記事をご覧ください。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-247.html#more
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-248.html#more

※ 配分比率を先進国株80、日本株10、新興国株10としたのは、リバランスボーナスを狙ってのことです。
時価総額比にすると、時価の増減とともに各投信の基準価額も増減するため、リバランスという概念はなく、リバランスボーナスも発生しません。
【参考記事】
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-148.html#more

2、SMT米国株配当貴族
(1)積立日
毎営業日
(2)積立金額
7500円

これにより、全世界株と米国株配当貴族のアツい戦いを間近で観戦することができます。

なお、松井証券の投信工房(投信専用ページ)ですが、松井証券が作ったとは思えません。
古臭くありません。現代的です。
見やすいです。
凄くいいです。
ワンダフルです。
投信工房だけでありとあらゆる情報にアクセスすることができます。もう各運用会社のホームページに行く必要はなくなりました。

推奨ポートフォリオや銘柄の変更の仕方に多少戸惑ったものの、説明文は一切確認せず、適当にそこらのボタンをクリックしたらできました。操作性も非常に良いです。

これはもう究極のシステムと言っても良いでしょう。
証券会社を変更する気がない人でも、まずは触ってみてください。きっと変更したくなります。とても驚きました。

なお、銀行口座からの自動引落しに未対応であることだけが残念です。
とはいえ、振込手数料は掛かりますが、たいていの銀行には定額送金サービスがあり、1回の設定で、その後は決まった日に決まった金額を送金してくれます。
私は、楽天銀行で、毎月25日に33万円を送金する設定をすることにしました。振込手数料は毎月3回まで無料ですので、送金にかかるコストもゼロです。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理