日本株を処分しました

私は、超大型株をいくつか配当金と優待目的で保有していました。
しかし、個別株を保有していると日経平均の値動きが気になって落ち着きません。
そこで、かねてから個別株を処分するタイミングをうかがっていました。

広告

目標は、今後もずっとホールドする優待株(ゲオ、トミカなど数種類)の含み益を除き、収支トントンになることでした。
しかし、ホールド株の含み益を考慮してトントンになることは相場が良ければまれにありましたが、ホールド株の含み益を除いてトントンになることはこの1年以上、ずっとありませんでした。

そうこうしているうちに数十万円の含み損になり、数か月塩漬けし、ホールド株の含み損を考慮してトントンになったと思ったら相場が急落して数十万円の含み損を抱えるということを繰り返し、だんだんと嫌になってきました。

いろいろな専門家の意見を見ると、これから日経平均は1万8000円を目指すとか、ドル円は110円を固めるとかいう意見がかなり多いです。そうすると、今回の売却は非常にもったいないことになりますので、正直迷いました。
しかし、もう少し上がったら売ろうと思っていたら相場が急落し、やむなく塩漬けにするということはこの1年以上の間に何度も繰り返してきたことです。

トランプが当選してしまったことから、今後、日本に対するあたりがきつくなるでしょう。トランプが何か言えば株価が急落するという面倒くさい相場になる可能性もあります。
しかも、トランプはドル安(円高)誘導をすると選挙中に明言しています。

というわけで、含み益と今年の配当金を含んで収支トントンになるところで手を打つことにしました。
一応の目安として、今日の日経平均が1000円上昇した時点で全株を一斉に成行売却することにしました。売却の操作途中で990とか980に下がってしまいましたので、後から思えば、13時30分から14時30分にかけて1100円台に突入したことから、この間に売却した方がもっとよかったのですが、急落するリスクもありましたので、仕方ありません。

含み益が出ているホールド予定株については、もう少し吟味し、どうしても必要なもの以外は早急に売却してしまおうと思っています。
なお、JR九州についても、楽天証券(SBI証券から移管手続中)とみずほ証券(来年の個人向け国債の売却損と通算するため、来年に売却予定)を除き、残りの300株(野村、日興、三菱モルガン)については今月中には売却する予定です。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理