JR九州を1社にまとめる?

JR九州が5社で当選したことから、ここ数日、これらをどこかにまとめることができないかと考えていました。

私が当選した証券会社は、野村、日興、三菱モルガン、みずほ、SBIです。

広告

SBI証券を除き、各社とも日本株を他社に出庫する際には移管手数料1000円が掛かります(SBIは無料で出せます)。
そこで、移管手数料キャッシュバックキャンペーンをやっていないか調べてみました。

結論だけを述べると、時価に関係なく移管手数料をキャッシュバックしてくれるのは日興だけでした(ちなみに、移管時の株価が500万円以上ないし1000万円以上であれば、たいていの証券会社がキャッシュバックキャンペーンをしています)。
しかも、日興は大手証券会社にしては株式売買手数料がとても安いです。

というわけで、株式売買手数料だけを考えるのであれば、

1、日興、SBIを除く3社のJR九州を日興に移管する(移管手数料が1000円×3社=3000円かかる)
2、日興でJR九州を売却する。
3、日興から3000円の移管手数料のキャッシュバックキャンペーンを受ける。

という流れになります。

ただし、以下の問題点があります。

1、移管手続に10日前後かかることから、売り時を逃すリスクがある。
2、割り当ててくれた証券会社ではなく、他社に移管すると社内ブラックリストに載り、以後の割当てが制限されるリスクがある

社内ブラックリストが存在するかどうかは分かりませんが、余計にかかる株式売買手数料は1回1500円前後(3社分でおよそ5000円)にすぎませんので、手続書類を取り寄せて、必要事項を記載して返信し、キャッシュバック手続をするという手間と売り時を逃すリスクを考えると、あえて日興にまとめるまでもないかなと思うに至りました。

なお、売り時ですが、TOPIXへの組入れが11月30日ですので、それまでにはSBI証券の100株だけは残して売却する予定です。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理