橋本崇載八段、38歳でアーリーリタイア

将棋連盟は、本日、橋本崇載八段が本日付けで引退した旨を発表しました。
しかし、引退理由については「一身上の都合」とするのみで詳細に触れておらず、ハッシーに一体何が起こったのか、世間が騒然としました。

そうしたところ、橋本さんは、先ほど「引退に至るまでの経緯」と題する動画をユーチューブにアップしたのです。
https://www.youtube.com/watch?v=VrTGF2trCfU




新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

広告

私もさっそく上記動画を視聴しました。
橋本さんは、上記動画において、

(1)2019年3月25日生まれの息子がいること。
(2)風呂に入れたりするなどの面倒を見ていたところ、2019年7月18日、橋本さんが帰宅すると、妻が息子を連れて自宅からいなくなっていたこと。
(3)妻の両親に抗議したが問題は解決しなかったこと。
(4)離婚裁判中であるが、裁判所は非常に冷たいこと。

を明らかにしました。


子供が連れ去られてしまったことは残念ですが、なぜ引退したのかが述べられていません。
奥さんが子供を連れ去ったことで精神的ショックを受けてプロ棋士を続けることができなくなったということなのか、プロ棋士の身分のままユーチューブに動画をアップすることを将棋連盟に止められたからなのかは不明です。

ただ、橋本さんは、上記動画において子供を取り戻すためならば恥も外聞も捨てると述べて並々ならぬ決意を表明し、視聴者に対して動画の拡散を求めており、とても元気そうに見えます。

橋本さんと奥さんの間に何があったのかは分かりませんが、少なくとも奥さんは橋本さんとの離婚を希望し、その前準備として子供を連れて家を出たのでしょう。
橋本さんは「トチ狂った妻が弁護士と手を組んで子供を連れ去った」、「誘拐である」、「自分は被害者であり、妻を告発する」などと述べて奥さんを強く非難していますが、離婚を希望する奥さんとしては子供を連れて家を出る以外の選択肢はなかったわけですから、この現状はもうどうしようもないと考えるほかありません。

橋本さんは、みんなの力を結集して子供を取り戻したいと述べています。
しかし、それが実現されることはないでしょう。なぜなら、離婚を決意した妻が子供を連れ去って家出をしたとき、残された夫は無力だからです。
夫にできることは子供との面会交渉しか残されていませんが、そのためには子供の身柄を確保している妻の同意が必要です。

橋本さんがこの動画を公開し奥さんを強く非難したということは、奥さんとの面会交渉がうまくいかなかったからではないかと思われるわけですが、この動画を見た奥さんの態度は更に硬化し、裁判所の態度も更に冷たくなることが想定されますので、子供と会いたいという橋本さんの願いが実現される可能性は更に遠くなったとみるべきです。

しかも、プロ棋士である橋本さんが引退したことで「単なるニートの38歳」(本人談)になってしまいました。
面会交渉を渋る妻を説得する最大の方法は、夫が金を出すことです。つまり、子供との面会権を金で買うわけですが、プロ棋士の収入がそれほど高くないことを考えると橋本さんに潤沢な資産があるとは思えず、橋本さんが今度どのような手段で生計を立てていくのかも含め、とても心配になります。

広告

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

阿波座マダムさん、コメントありがとうございます。

このコメントを承認すると訴訟リスクが発生するため承認できません。ごめんなさい。

ただ、奥さんが出産後すぐに家出をしてしまったことを考えると、退院してすぐに同居をしたのがよくなかったのかなと思っています。

奥さんが実家に戻れるのであれば3~4か月実家に戻し、その間は週1~2回程度、橋本さんが奥さんの実家を訪問し、奥さんが回復したら同居を再開していたならば、もっと違った結果になっていたかもしれません。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理