楽天証券、米国株の自動入金に対応も、利用すべきでない致命的な欠陥あり

楽天証券は、2021年4月4日、米国株を円貨決済で購入する際、楽天銀行からの自動入金に対応します。






新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

広告

楽天証券マネーブリッジ利用規定の該当部分は、次のとおり。

自動入金(スイープ)は、当社が別途定める金融商品の新規注文または訂正注文において、楽天証券口座の預り金または委託保証金・証拠金等(以下、「預り金等」といいます。)の残高が、当該注文に必要な金額(以下、「必要額」といいます。)を下回る場合に、不足している金額を楽天銀行口座から自動的に入金するサービスです。
なお、米国株式の円貨決済注文については、注文執行中の為替レートの変動にともなう必要額の増加により、追加的に自動入金(スイープ)が発生する場合がございます。詳細は、当社所定のウェブサイト等にてご案内いたします。



要するに、証券口座に事前入金しておかなくても、楽天銀行の普通預金口座にお金があれば、自動的に楽天銀行から証券口座に入金してくれるわけですね。

これまでは、

証券口座に資金がない場合、事前に入金が必要です。
「マネーブリッジ」の自動入出金(スイープ)機能は、現在米国株式の売買に対応しておりません。楽天銀行から入金が必要ですのでご注意ください。


このような取扱いがなされており、事前に円かドルを証券口座に入金しておく必要がありました。
日本株は既に自動入金に対応済みですので、これが米国株にまで拡大されたことになります。

これは非常に便利です。
SBI証券は証券口座に事前入金する必要があります。
また、マネックス証券は証券口座に事前入金した上で更に外国株口座にそのお金を事前に移しておく必要があり、どうしようもなく手間がかかります。

ただし、楽天証券には他社にはない致命的な欠陥が2つもあります。
なぜずっと放置したままなのかが全く理解できません。早急に対応してほしいものです(コメント欄に記載しましたが、VOOは過去に株式併合しています。楽天証券は株式併合前が発生すると、一般口座に強制的に払い出しますので、とても悲しいことになります)。
【参考】
●楽天証券、米国株にポイント投資・カード投資の導入検討も、避けるべき致命的な欠陥
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1831.html

広告

コメント

(2)株式併合等のコーポレートアクションがあると、特定口座源泉徴収ありから強制的に一般口座に払い出されてしまう。

これについては、いわゆる個別株のみと考えてもよいのでしょうか?ETFでは関係ないですよね?

No title

コメントありがとうございます。

>ETFでは関係ないですよね?


VOO(バンガード社のS&P500指数ETF)は、2013年10月24日、株式併合を行いましたので、ETFだから株式併合は関係ないとはいえません。



投資家の取引コスト低減努力の一環として、バンガードでは、バンガード(R)・S&P500 ETF (ティッカーシンボル:VOO) の受益証券を1対2の比率で併合いたします。同ETFの受益証券は、米国時間2013年10月24日の取引開始以降、併合後の価格で取引されます。
今回の併合により、VOO 1口当たりの価格は2倍となり、発行済みの受益証券の総口数は半減することとなります (端数処理分を除く) (注)。既にVOOへ投資されている投資家の保有口数は併合前の半分になります。
既にVOOへ投資されている投資家が端数の口数をお持ちの場合を除いて、今回の併合は課税対象とはなりません。(注)
(注:分割や分配金の再投資により、1単位に満たない端数が発生することがあります。例えば、投資家が併合前でVOOを75口保有している場合、1対2の併合の結果として保有口数は37.5口となり、0.5口が端数となります。 端数分は現金で払い戻されて保有者の口座に振り込まれるため、当該ETFが課税対象口座で保有されている場合は、課税対象の損益が多少生じる可能性があります。)
また、端数処理分を除き、今回の受益証券併合によってVOOの時価総額が影響を受けることはありません。
併合前に出されたVOOの指値注文は併合後無効となるため、併合後の価格を反映した指値注文をあらためてお出しいただく必要があります。
バンガードでは、今回の受益証券併合によってドルベースで呼び値スプレッドが縮小するため、投資家の皆様にとって取引コストの低減につながると考えます。

返信ありがとうございます。

ETFでも株式併合がありますか。。
楽天が外国株の特定口座を用意したのは、たしか2014年で、バンガードが株式併合したのは2013年なのであまり騒ぎにならなかったんですかね?

もし、今そうなったらきっと大騒ぎになるんじゃないでしょうか。この事実を知らない人は多いと思います。

No title

コメントありがとうございます。

>楽天が外国株の特定口座を用意したのは、たしか2014年

2014年12月22日(現地約定分)からですね。

>この事実を知らない人は多いと思います。

米国株ブロガーも楽天証券を推奨していますし、楽天証券で米国ETFを買っているインデックスブロガーもいますので、このおそろしさを分かっていないのだろうと思います。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理