スマホ決済で、手数料無料で納税可能に

2020年12月21日付けで閣議決定された「令和3年度税制改正の大綱」ですが、スマホ決済による納税が可能になり、かつ、手数料が無料になるようです。






新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku


広告

まずは、税制改正大綱の該当部分を抜き出します。


国税の納付手続について、国税を納付しようとする者がスマートフォンを使用した決済サービスに係る事項につきインターネットを利用して行う入力により納付しようとする場合には、国税庁長官が指定する納付受託者に納付を委託することができることとする。この場合において、納付受託者が国税を納付しようとする者の委託を受けた日に国税の納付があったものとみなして、延滞税、利子税等に関する規定を適用するほか、納付受託者の納付義務、帳簿保存義務、納付受託者の指定の取消し等について所要の措置を講ずる。
(注)上記の改正は、令和4年1月4日以後に納付する国税について適用する。

地方税の納付手続について、地方税を納付しようとする者がスマートフォンを使用した決済サービスにより納付しようとする場合には、地方団体の長が指定する事業者に納付を委託することができることを法令上明確化する。この場合において、国税の制度と同様に、当該事業者の納付義務等について所要の措置を講ずる。
(注)上記の改正は、令和4年1月4日以後に地方税の納付を委託する場合について適用する。



気になるのはその手数料です。
国税をクレジットカード決済で納付すると、現状では1万円あたり76円(消費税別)の手数料がかかります。これは0.76%(消費税を考慮すると0.83~0.84%)のため、納付者の負担が大きく、あまり得をしません。

時事通信ニュースに次の記載がありました。

スマホ決済では、カメラで確定申告の内容が書き込まれたQRコードを読み取るなどして税金を納める。決済手数料は国が負担する。基本的に全ての税目を対象とし、納税額が30万円以下の場合に利用可能とする。
https://sp.m.jiji.com/article/show/2477404


というわけで、スマホ決済による納税は手数料が無料になりそうです。

なお、私の市でもPayPayで納税できるようになりました。手数料は無料です。
PayPayは、ソフトバンク・ワイモバイル携帯を持っていれば、携帯料金の支払先に指定したクレジットカード払いで残高チャージをすることができ、チャージ分×3%(VisaLINEPayカードのとき)のショッピングポイントが付与されます。

この「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」サービスは、携帯電話番号ごとに毎月の利用上限金額が定められています。
最高額は10万円ですが、私は利用し始めたらすぐに7万円になったものの、そこからずっと上がりません。ただし、私名義の携帯電話番号が2つあるため、7万円×2台=14万円を毎月PayPay残高チャージすることができます。

※まとめて支払いでチャージしたPayPay残高は、別のPayPayアカウントに手数料無料で送金することができます。


私は非課税世帯ですが、自動車税・固定資産税は納付しなければなりません(※)。
VisaLINEPayカードの3%還元キャンペーンは4月で終了するため、4月までは月額14万円ずつチャージし続ける予定です。

※私の市では既に手数料無料でPayPay払いができることから、私にとっては今回の税制改正はそれほど重要ではありません。
しかし、今回の税制改正は、全ての市町村の門戸がマイナーなスマホ決済にも開放されるきっかけになると思われます。各種スマホ決済のチャージキャンペーンでチャージした残高を使ってしまいたいという人にとっては、朗報と言えます。
また、私にとっても、実家の市がモバイルレジというマイナーな決済方法を採用しており、手数料がかかって困っています。これも今回の税制改正の影響を受け、1年以内に是正されるのではないかと期待しています。

広告

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

非開示設定でしたので、貼り付けます。


いつもブログ記事を参考にさせて頂きお世話になっています。
質問させて下さい。
私はソフトバンク・ワイモバイル携帯を持っていないですが、Visa LINE Payカードを持っています。今度の4月に実家含め固定資産税をVisa LINE Payカードで支払う予定でした。
スマホ決済による納税手数料が無料になるといえ、今年に限ってはVisa LINE Payカードで手数料考えると3-0.83~0.84%で2.16~2.17%の還元を得る方針で良いでしょうか。
他、確認ですが、LINEポイントクラブとうのがあり、現在プラチナが3月にゴールドに下がりますが、これはVisa LINE Payカード使用の4月末まで3%還元には影響sないですよね。
毎回、お聞きしていますが、まだ記事にされていないのでマイナポイントの申し込み先は未定ですよね。

No title

コメントありがとうございます。

>LINEポイントクラブとうのがあり、現在プラチナが3月にゴールドに下がりますが、これはVisa LINE Payカード使用の4月末まで3%還元には影響sないですよね。

5万円までの還元率は3%となります(5万円を超えた部分の還元率はゼロ)。

還元率の高い「Visa LINE Payクレジットカード」は、税金の納付にもおすすめです。初年度の還元率は3%(2021年4月30日まで)、基本還元率は1%です。ただし、1回あたりの納付につき5万円を超える分はポイントが付かない点をご確認ください。
https://pay-blog.line.me/archives/24691623.html

影響するのは、クレジットカード決済ではなく、LINEPayの請求書支払いを選択した場合です。

「LINEポイントクラブ」では、ご自身の「マイランク」に応じて「チャージ&ペイ」ご利用時にポイント還元(1%~3%)が受けられます。
https://pay-blog.line.me/archives/24919464.html

>毎回、お聞きしていますが、まだ記事にされていないのでマイナポイントの申し込み先は未定ですよね。

まだです。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●「たわら先進国株」と「VT」を半分ずつ保有中。
●つみたてNISA(SBI証券)は「たわら先進国株」を年初一括購入中。
●クレジットカードによる投信積立サービスを利用し、SBI証券と楽天証券で「たわら先進国株」を毎月5万円ずつ購入中。

●無リスク資産は、個人向け国債変動10と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理