マネックスカード投資、還元率1%で爆誕(今春)

マネックス証券は、今春、マネックスカード(新規発行)によるカード投資を開始します。
https://info.monex.co.jp/press/pdf/press2021_1_27_aplus_pr.pdf

※プレスリリースには、

今春、カード利用に応じて、マネックス証券が提供するマネックスポイントが貯まる提携クレジットカード「マネックスカード」の発行を開始し、「マネックスカード」で投資信託の積立を行えるサービスも共同で提供していくことを予定しています。

と記載されていることから、カード投資まで今春に開始するかは明確ではないものの、カード投資用として新規発行されるわけですから近いうちにカード投資が可能になるものと思われます。



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku


広告

マネックスカードは、アプラス発行の新カードです。

還元率は1%税込100円で1マネックスポイント)。
投資信託の購入でも1%還元になるかどうかは、プレスリリースでははっきりしませんが、

本クレジットカードをご利用いただくと、使用金額に応じてマネックスポイントが貯まります。
ポイントサービス  カードショッピング100円(税込)につきマネックスポイント1ポイント


と何らの限定をしていないことから、投資信託を購入しても1%のマネックスポイントが付与されるものと推測されます。

また、年会費は初年度無料で、翌年度以降は550円ですが、年1回の利用で無料になります。
投資信託の購入で無料条件を満たすのかどうかははっきりしませんが、仮にダメでもamazonギフト券を100円買っておけば年会費無料になります。

マネックスは、これまでセゾンカードと提携しており、「マネックスセゾンカード」というオリジナルカードまで出しています。
マネックス証券がカード投資を導入したいと考えたとき、普通に考えればまずはセゾンカードに話を持っていくはずですから、今回セゾンではなくアプラスと提携したということは、セゾンカードに断われたということなのでしょうね。

セゾンカードであれば躊躇なく私も参加したのですが、アプラスカードは作るのに躊躇します。
おそらく他社と同様に、月額5万円まで500ポイントを付与するという建付けになると思われ、年間6000ポイントが付与されることになるのでしょうが、正直アプラスカードは気が進みません。

広告

コメント

こんにちは
アプラスに抵抗がなければやる価値ありですか?
なぜアプラスはダメなのでしょうか?

No title

私はスルーで行こうかと思います。初めて聞いた会社ですが、ネットで調べる限りアプラスという会社は悪どい商売やってるみたいなので…。個人情報や決済情報を明け渡すには怖い会社です。

No title

コメントありがとうございます。

>アプラスに抵抗がなければやる価値ありですか?

三井住友カード投資の還元率は0.5%でしょうから、楽天カード投資の次にマネックスカード投資をすべきだと思います。

>なぜアプラスはダメなのでしょうか?

昔、かなりの暴れん坊だったからです。

>個人情報や決済情報を明け渡すには怖い会社です。

同感です。

そういえば、2021年2月になりましたが三井住友カードとSBIの連携の話は何も具体的なプレスリリースがありませんね。まだ先になりそうなのでしょうか?

No title

他に注意すべきクレジットカード会社はありますか

No title

コメントありがとうございます。

>2021年2月になりましたが三井住友カードとSBIの連携の話は何も具体的なプレスリリースがありませんね。

三井住友カードが年会費無料のナンバーレスカードをリリースしましたが、これがくさい気がしています。

もうすぐ発表されるのではないでしょうか。

>他に注意すべきクレジットカード会社はありますか

私は、昔サラ金と一緒になって暴れたところは避けたいと考えています。

サラ金と一緒になって暴れたところとやらを調べたいのですがなんと調べればよいでしょうか

No title

コメントありがとうございます。

>サラ金と一緒になって暴れたところとやらを調べたいのですがなんと調べればよいでしょうか

過払金を回収している弁護士や司法書士のサイトを見て名前が出ている会社かどうかを参考にするのもいいかもしれません。

>マネックス証券がカード投資を導入したいと考えたとき、普通に考えればまずはセゾンカードに話を持っていくはずですから、今回セゾンではなくアプラスと提携したということは、セゾンカードに断われたということなのでしょうね。

セゾンさんは最近大和証券さんと親密ですからね。

No title

コメントありがとうございます。

>セゾンさんは最近大和証券さんと親密ですからね。

大和証券は、クレディセゾンの筆頭株主になったんでしたよね。

セゾンカードも「セゾンポケット」を持っていますから、今更マネックス証券と提携して頑張ろうという気になれなかったのかもしれませんね。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理