ジュニアNISAをロールオーバーしました

本日、マネックス証券から手紙が届きました。
【参考】
●ジュニアNISAは必ずロールオーバーしよう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1884.html


上記記事でお伝えしたとおり、ジュニアNISAは必ずロールオーバーしなければなりませんが、そのためには申込書を提出する必要があります。
マネックス証券の扱いが今一つ分かりませんでしたが、こちらから何のアクションを起こさなくても自動的に書類を送ってくれました。



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

広告

本日届いた手紙には、「ロールオーバー移管依頼書」が入っていました。
ロールオーバーを希望する人は、この書面の3か所の空欄を埋めなければなりません。具体的には、

(1)依頼日
(2)名前
(3)「□2016年勘定のすべての銘柄をロールオーバーする。」の□にチェックマークを付ける

の3か所となります。

同封の返信用封筒(切手の貼付は不要)に入れてポストに投函すれば手続終了です。

移管依頼書には作成基準日(2020年9月30日)時点の参考時価が記載されていました。
子供たちが買ったのはたわら先進国株で、その参考時価は122万8442円です。ジュニアNISAの投資額は毎年80万円ですから、この5年間で1.53倍に増えたことになります。

72の法則によれば、4%の複利で運用して元金が2倍になるまで18年かかりますので、5年で1.5倍は好調相場に恵まれたといえるでしょう。

2021年分のジュニアNISAの非課税投資枠(非課税管理勘定)の上限は80万円です。
しかし、ロールオーバーを選択したときに限り、2016年分の非課税管理勘定の最終残高を全て2021年分の非課税管理勘定に移行することができますので、子供たちの2021年分のジュニアNISA口座の投資額は80万円ではなく122万8442円(正確には2020年の最終営業日の時価)に増えます。

やったね。

ちなみに、ロールオーバーを選択すれば、その年の非課税管理勘定で年初一括投資をしたことになります。
私は、NISA口座では年初一括投資をすることを強く推奨しています。ロールオーバーは、自動的に年初一括投資になるばかりか、本来の投資可能額の上限を超えて投資することができるため、絶対にやるべきです。
【参考】
●つみたてNISAは年初の一括投資で骨までしゃぶろう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-702.html


私が「年初一括投資」を提唱したのは3年前のことです。
念仏のように「年初一括投資」と書き続けたおかげで、年初一括投資というワードを普通に使うブロガーが出現するようになりました。

NISAでは年初一括投資特定口座では毎営業日積立という新しい投資の常識が浸透することを願っています。

広告

コメント

男爵様、いつもお世話になっております。
まだまだ、ド素人ですが、
こちらのブログで勉強させていただいております。

余剰資金があるのですが、
おすすめな国債はありますでしょうか?
それとも、国債はおすすめできないでしょうか?
恐縮ですが、
男爵様のご意見、宜しくお願いいたします。

No title

コメントありがとうございます。

>余剰資金があるのですが、おすすめな国債はありますでしょうか?


国際を買うとしたら、「個人向け国債変動10」しか選択肢はありません。

ただし、現在のようなマイナス金利時代においては、証券会社各社のキャッシュバックキャンペーン(購入金額の0.4~0.5%をキャッシュバックしてくれるというもの)を狙うしかありませんでしたが、キャッシュバックキャンペーンが亡くなった今、あえて個人向け国債を買うべき人は無リスク資産が1000万円を超えてある人だけです。

1000万円以下のお金は、楽天銀行の普通預金口座(金利0.1%)に入れておけばよいと思います。

No title

ジュニアNISAでなくNISAの質問です。
2016、2017とNISAでたわらノーロード先進国株を積み立てました。2018からつみたてNISAにしています。
2016年のNISAをロールオーバーするか決める必要がありますが、ロールオーバーするとつみたてNISAをやめなくてはならないとのこと。この場合、2016年のものはロールオーバーせず売却か特定口座に移管するしかないですよね。

No title

コメントありがとうございます。

>2016年のNISAをロールオーバーするか決める必要がありますが、ロールオーバーするとつみたてNISAをやめなくてはならないとのこと。この場合、2016年のものはロールオーバーせず売却か特定口座に移管するしかないですよね。

そうなります。

つみたてNISAを中断して一般NISAに戻し、2年分をロールオーバーしたほうが非課税投資枠が事実上拡大するためお得ですが、管理が非常に面倒になりますので(途中で死んだ時、子供たちが「2年分足りないぞ」と悩むことになるかもしれません)、私ならば5年分の含み益の非課税に感謝して特定口座に自動払出しされるのを待ちます。

男爵様
お返事ありがとうございました。
参考にさせていただきます。
これからも宜しくお願いいたします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理