【GoTo食事券】マイナポイントはLINEPayで決まりか?

マイナポイントとは、キャッシュレスサービスを登録して2万円を利用ないしチャージすると、国から5000ポイントが付与されるというものです。
これに加えて、独自の上乗せキャンペーンを実施するキャッシュレスサービス事業体もあり、非常に熱い戦いが繰り広げられています。

現状ではWAONが本命でしたが、ここに来てLINEPayが飛び込んできました。
【参考】
●マイナポイントの申込みはまだ早い(現時点では「WAON」か「イオンカード」)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1856.html




【お得情報】

●d払い50%還元キャンペーンは、dポイントカードの呈示が必須
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1893.html

●【既存ユーザーも対象】ファミペイ、還元率20%キャンペーン(10/6~11/2)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1891.html

●すき家、VISAタッチ決済で50%還元(10/1~10/31)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1889.html

●松井証券で投信を1万5000円×2か月、積立購入して3000ポイントをゲットだぜ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1888.html

●auカブコム証券で投信を50万円買って2万4200ポイントをゲットだぜ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1885.html
10月1日以降も2万4200ポイントがもらえます(モッピーキャンペーンが延長されました)。



●AQUOS sense3 liteが2980円+通話・ネット1年間無料権つき(8/11~)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1842.html

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

広告

まずは、ラインペイの独自キャンペーンの内容です。

●期間中、LINE Payでマイナポイントを申込むと、LINEポイント上限5,000円分付与に加え、最大割引額5,000円分の「スペシャル特典クーポン」をプレゼント
https://linepay.line.me/event/mynumber-point.html#method
■キャンペーン期間(マイナポイント申込み期間)
2020年9月9日(水)~2020年11月25日(水)
■キャンペーン条件
期間中にLINE Payでマイナポイントの申込みをすること
■LINE Pay特典
当月特典クーポンが利用できる実店舗の加盟店でどこでも使える、10%OFFの「スペシャル特典クーポン」(割引上限2,500円)×2枚(最大割引額5,000円分)
■クーポンダウンロード・利用可能期間
2020年9月9日(水)~9月25日(金)までの申込:2020年10月1日(木)10:00~11月1日(日)9:59
2020年9月26日(土)~10月25日(日)までの申込:2020年11月1日(日)10:00~12月1日(火)9:59
2020年10月26日(月)~11月25日(水)までの申込:2020年12月1日(火)10:00~2021年1月1日(金)9:59


LINEPayでは、10%オフクーポン(割引上限は1会計2500円まで)を2枚配布します。
そうすると、最大で2500円×2枚=5000円が還元されるため、還元額は国の5000円と併せて1万円となり、WAONの7000円を大きく超えます。

問題は、1会計2万5000円の支払いをLINEPayで実際にしなければならないという点です(残高チャージではダメです)。


まず、上記の10%オフクーポンは、ファミリーマートで利用することができます。
【ソース】
■10月の10%OFF「スペシャル特典クーポン」が利用できる加盟店
ファミリーマート


問題はファミリーマートで高額決済できる商品があるのかどうかという点ですが、「Go To Eatキャンペーン食事券」を買います。
愛知県の例です。

販売価格 1セットで12,500円分の食事券を10,000円で販売
[食事券内訳(1,000円券×10枚+500円券×5枚)]
購入場所 ファミリーマート店内のFamiポートにて販売します。
購入制限 購入回数や利用回数に制限はありませんが、1回の購入はお1人当たり20,000円(食事券25,000円分)(2セットまで)が上限となります。
https://gotoeat-aichi.jp/about/

上記リンク先の同じページに「利用できる支払い方法」として「LINEPay」が含まれています。
つまり、ファミマで食事券を2万円分購入し、LINEPayの10%オフクーポンを使うと1万8000円で購入でき、540円のLINEポイントが付与されることになります。

支払額 2万円(食事券9000円×2セット+残り2000円分は好きなショップでLINEPay決済をする)
得るもの 2万5000円分の食事券+5000円の政府ポイント+他店の2000円分の商品+600LINEポイント=3万2600円

となり、1万2600円を得することになります。WAONの7000円の1.8倍です。

子供がいれば、子供分の食事券も自分のLINEPayで決済することができます。
そうすると、

支払額 3万6000円(食事券9000円×2セット×2人分。10%オフクーポンを2枚利用する)
得るもの 5万円分の食事券+5000円の政府ポイント+1080LINEポイント=5万6080円

となり、2万0080円を得することになります。WAONの7000円の2.86倍です。


食事券には、私が確認したところでは、

1万円の負担で1万2500円分の食事券
8000円の負担で1万円分の食事券
4000円の負担で5000円分の食事券

があるようです(他の金額もあるかもしれません)。

負担額が8000円の食事券でも試算してみます。

支払額 2万円(食事券1万4400円+残り5400円分は好きなショップでLINEPay決済をする)
得るもの 2万円分の食事券+5000円の政府ポイント+他店の5400円分の商品+600LINEポイント=3万1000円

となり、1万1000円を得することになります。WAONの7000円の1.57倍です。

※「購入回数や利用回数に制限はありませんが、1回の購入はお1人当たり20,000円(食事券25,000円分)(2セットまで)が上限となります。」と記載されていることから、1会計2セットまでとも読めますが、「1人あたり」という点に着目すると、

1人分2セット
2人分4セット
3人分8セット

というように、1会計で決済できるかもしれません。

負担額8000円ですので、3セット×2会計することができれば、1会計2万4000円となり、2400円が割引きされます。
試算してみます。

支払額 4万3200円(食事券8000円×3セット×2会計。10%オフクーポン=上限2500円=を2枚利用)
得るもの 6万円分の食事券+5000円の政府ポイント+1296LINEポイント=6万6296円

となり、2万3096円を得することになります。WAONの7000円の3.29倍です。

もっとも、食事券の上乗せ分を含めてWAONと比較するのは不公平かもしれません。
食事券の上乗せ分を除いたとしても、

1万円の食事券2セット 7600円
1万円の食事券4セット 1万0080円
8000円の食事券2セット 7000円
8000円の食事券3セット 1万1096円

となり、WAONの7000円を下回ることはありません。

というわけで、ここにきてLINEPayを真剣に検討すべき時が来たようです。
とはいえ、

(1)食事券を利用できる店舗は限られていることから、事前に利用可能店舗を確認し、2021年3月31日までに使い切れる金額かどうかを慎重に検討すること。
※食事券の額面を下回るとお釣りがでないことから、1回の食事の金額も重要(私は、いつも行く定食屋が利用可能店舗に入っており、いつもの食事の金額が1045円です)。

(2)事前ウェブ申込みの購入期間が11月1日以降でないと、LINEPayの10%オフクーポンが発券されない(愛知は10月25日までなのでダメ)。
※自分の都道府県(食事券は都道府県単位)の発券見期間を事前確認しておくこと。
※事前ウェブ申込みで予算が尽きることはないとは思いますが、事前ウェブ申込みが殺到して予算が尽きたら通常申込み開始前に発券が終了するリスクがあります。

(3)ただ、ここまで書いておいてなんですが、特に最後の6万円分を買い込んで使い切れなくなるリスク(特に冬場に新型コロナが大流行して緊急事態宣言が出されて店が臨時休業する等)はそれなりに大きいかもしれません。
新幹線の回数券は無料払戻しをしてくれましたが、こちらは払戻しができない旨が明記されているため、買いだめした食事券が無駄になるかもしれません。
それを考えると、毎月1セットずつ買い、500円引きのLINEPayクーポン(ファミマ用のクーポンの還元率は10%ですが、割引額の上限は500円です)で我慢するのが実は賢いやり方なのかもしれません。

広告

コメント

投信の損出しについて

たわら男爵さま

いつも有益な情報を有り難うございます。

本日の記事とは関係のない内容で恐縮ですが、お教えください。

今後、発生する予定の売却損を、プラスが出ているslim先進国株を売却する事で損益通算しようかなと思っています。

ただ、slim先進国株は持ち続ける予定の為、買い戻す予定です。

お聞きしたい点は以下の2点です。

1、2016年10月31日の記事のとおり、投資信託の場合は、同日に同じ金額の売却と購入の注文を入れれば、先に利益確定し、その後新たに購入するということになる、という理解で正しいでしょうか?
(半額ずつの2回に分けての注文の意味がよく分かりません。)

2、この結果、購入単価が上がる為、できればやらないほうが良いでしょうか?
slim先進国株は、約2〜3年ほど均等額積立を続けており、今後も多分3〜4年ほど続け、その後ホールドの予定です。

お手数ですが、ご回答頂けたら嬉しいです。

No title

コメントありがとうございます。

>投資信託の場合は、同日に同じ金額の売却と購入の注文を入れれば、先に利益確定し、その後新たに購入するということになる、という理解で正しいでしょうか?

先に利確するというよりは、同じ瞬間に売買されることになるため、売りも買いもどちらの影響も受けないというふうに理解しています。

ただ、実験したわけではないため、まずは少額で試してみることをお勧めします。

>半額ずつの2回に分けての注文の意味がよく分かりません。

あの記事の例だと、既に存在する確定益にたわら先進国株の含み損をぶつけることが目的ですから、確定益を超えないように損出しする必要があります。
そのため、少しずつ損を確定させていったほうがよいという意味です。

>購入単価が上がる為、できればやらないほうが良いでしょうか?

平均取得単価が上がっても別に不利益にはなりません。

特定口座内に確定損が既に存在するのであれば、含み益があるものを売却して利確し、損を潰したほうが潰した分×20.315%の税金が還付されるため、得です。

特定口座内で利益が出たら同じ年に損出して利益を潰し、損失が出たら同じ年に益出しして損失を潰し、税金の還付を受けるのは基本です。
できるのであれば必ずやるべきです。

たわら男爵さま

ご回答を有り難うございます。

個別株の場合は、売却日と購入日を分けなくてはならないと思っていたので、投資信託の場合はどうなんだろうと思ってお尋ねしました。

有り難うございました。

No title

我々賢明なる投資家としては、Go To案件は良いものがあれば乗るが、全体経済がどうなろうと浪費してまで飲食・観光業を助ける必要はないというスタンスでよろしいでしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>個別株の場合は、売却日と購入日を分けなくてはならないと思っていたので、投資信託の場合はどうなんだろうと思ってお尋ねしました。

参考にしていただけて、よかったです。
ただ、私も証券会社から聞いた話で実験したわけではありませんので、少額で実験してから実行してください。

>Go To案件は良いものがあれば乗るが、全体経済がどうなろうと浪費してまで飲食・観光業を助ける必要はないというスタンスでよろしいでしょうか?

私はGoToで経済がよくなるはずがないと思っていますので、余計なことは考えず、いつものとおりしゃぶり尽くすだけです。

オンライン予約に対応した店があればもっと楽しめるのですが、当地ではそのようなハイカラな店は存在しません。
私も毎日アフタヌーンティをしたかったです。

No title

地域限定(小平市、岐阜市、小牧市)でaupay支払いに1000円のaupay残高をくれるキャンペーンをやってます。go to eat食事券をファミリーマートで発券するときに使えるかもしれませんが、1000円をくれる対象かどうかau payに問い合わせてもわからないと言われました。ファミリーマートに聞くように言われましたが、au payのキャンペーンなので、ファミリーマートに聞いてもわからないと言われると思います。このようなとき、どう対応したらいいでしょうか? 
https://www.au.com/information/topic/auwallet/2020-075/

No title

コメントありがとうございます。

>地域限定でaupay支払いに1000円のaupay残高をくれるキャンペーンをやってます。go to eat食事券をファミリーマートで発券するときに使えるかもしれませんが、1000円をくれる対象かどうかau payに問い合わせてもわからないと言われました。


他に買う物がなければ、auPAY払いで勝負してもいいかもしれません。
しかし、賭金はLINEPayのクーポン(還元率10%、上限500円)と還元率3%になりますが、クーポンは使いたいです。

私ならば、他に買う物があればauPAYはそちらで使って確実にauPAYの還元を手に入れます。
他に買う物がなければ1セットはLINEPayでクーポンを適用し、他のセットはauPAYの還元上限までauPAYを使います。

No title

返信ありがとうございました。
愛知県のgo to eat食事券を岐阜市のファミリーマートでau payで決済しました。10%還元の対象になるかau payにメールで問い合わせたら岐阜市に聞くように言われました。岐阜市に聞いたら愛知県のgo to eat事務局に聞くように言われました。他に問い合わせ先としてファミリーマートが考えられますが、聞く気力がなくなりました。このようにキャンペーン対象になるかどうかわからないという経験はありますか? 

No title

コメントありがとうございます。

>このようにキャンペーン対象になるかどうかわからないという経験はありますか? 

オペレーター(派遣ないしパート)は、通常はキャンペーン細則(誰でも見られるもの。大抵はキャンペーンページの下部に小さく書いてあります)を見て回答しますので、我々と同じです。

しかし、オペレーターは、キャンペーン細則を見ても分からないことは社内の詳しい人(正社員)に確認できますので、この点が我々とは異なります。

ただし、そのままほっておけばキャンペーン対象になった曖昧な部分がこれによって潰される(キャンペーン対象外になることがキャンペーン細則に追記される)結果になることが多いため、聞くときも気を付けて聞かなければなりませんし、むしろ聞かずにダメ元でやってみたほうがよいケースがほとんどであると思います。

No title

男爵さま、いつも有益情報ありがとうございます。
(私の勘違いでしたら申し訳ありませんが)結局マイナポイントの申込先をどこにされたか書かれておりましたでしょうか?
後出しに備えてギリギリまで待とうとして、家族3人中の2人をまだ申し込んでおらず、悩んでおります。

No title

コメントありがとうございます。

新記事でご回答しましたので、ご覧ください。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理