楽天バンガードファンド、第3期運用報告書を公開

バンガード社の米国ETFを買うだけファンドである楽天バンガードファンドシリーズが、第3期運用報告書を公開しました。


※先日、お勧めのおせちがあるので、9月14日にご紹介すると書きました。というのは、Amazonで9月14日から販売開始するという連絡を受けていたからです。
しかし、本日、「Amazonでの販売を急きょ取りやめることになったが、楽天やヤフーでは販売するのでそちらで買ってほしい」との連絡がありました。
Amazonならば2万円以上のおせちを買うと1万ポイントがもらえるため、非常にお得だっただけに残念でなりません。
楽天のリンクを貼っておきますので、興味がある方はご覧ください。メチャクチャうまいことは今年のお正月に食べた私が保証します。おせちの概念が変わるほどの衝撃を受ける旨さですが、1万ポイントがないと注文するのに躊躇しますよね。


●AQUOS sense3 liteが2980円+通話・ネット1年間無料権つき(8/11~)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1842.html

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

広告

楽天バンガードファンドシリーズの総コストは、

信託報酬+米国ETFの経費率+その他のコスト

の3種類です。

このうち、最後の「その他コスト」について、第1期運用報告書から第3期運用報告書(今回)まで比較してみます。


●楽天全米株
第1期(2018.7.17決算日) 0.132%(※)(純資産額150億6500万円)
第2期(2019.7.16決算日) 0.063%(純資産額484億9500万円)
第3期(2020.7.15決算日) 0.047%(純資産額1159億8700万円)
※292日で0.106%のため、365日で計算し直した。

●楽天全世界株
第1期(2018.7.17決算日) 0.257%(※)(純資産額105億6300万円)
第2期(2019.7.16決算日) 0.079%(純資産額238億2000万円)
第3期(2020.7.15決算日) 0.049%(純資産額443億3400万円)
※292日で0.206%のため、365日で計算し直した。

●楽天新興国株
第1期(2018.7.17決算日) 0.345%(※)(純資産額7億0000円)
第2期(2019.7.16決算日) 0.194%(純資産額11億7100万円)
第3期(2020.7.15決算日) 0.126%(純資産額12億7200万円)
※243日で0.23%のため、365日で計算し直した。

●楽天米国高配当株
第1期(2018.7.17決算日) 0.287%(※)(純資産額11億3200万円)
第2期(2019.7.16決算日) 0.152%(純資産額17億9800万円)
第3期(2020.7.15決算日) 0.098%(純資産額26億3900万円)
※189日で0.149%のため、365日で計算し直した。


投資信託にとって、純資産額はとても重要です。
なぜなら、純資産額が少なければ少ないほど、コストとエラー(指数との乖離率)が増えるからです。

楽天バンガードファンドシリーズを見てみると、第1期運用報告書の決算日時点では、純資産額が最も少ない楽天新興国株が最も高コストとなり、純資産額が最も大きい楽天全米株が最も低コストとなっています。
楽天全世界株は、楽天全米株ほどの純資産額がなかったことから、第1期運用報告書では1.94倍ものコストがかかってしまいましたが、純資産額が100億円を超えた第2期運用報告書(※)ではコストは7割も減少し、楽天全米株1.25倍までコスト差を縮めることに成功しています。

※楽天全世界株の第1期運用報告書の決済日時点の純資産額は105億6300万円ですが、このことは第1期の運用期間の大半は純資産額が100億円未満で運用されていたことを意味します。


ファンドの純資産額が100億円に到達することはとても重要です。
詳細は下記参考記事をご覧ください。
【参考】
●ファンドの純資産額が100億円あればひとまず安心
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1789.html


上記参考記事でお伝えしたとおり、ファンドの純資産額が100億円に到達してしまえば、純資産額の多寡がコストやエラーに与える影響は少なくなりますが、逆に言えば、純資産額が少ないファンドを保有するとコストとエラーに苦しむことになります。
それを如実に示しているのが楽天新興国株と楽天米国高配当株です。

楽天バンガードファンドシリーズは、米国ETFを買うだけファンドです。
その買い方はアメリカのブローカーに発注するだけですので、現物株を運用会社が購入するファンドよりも運用コストは少なくなるはずです。にもかかわらず、楽天新興国株と楽天米国高配当株の運用コストが安くはなったもののまだまだ高いということは、ファンドの純資産額の少なさがコストを増やす大きな原因であることを裏付ける事情といえます。

楽天全米株と楽天全世界株は、信託報酬を除くコストの点ではもう何も心配することはなくなりました。
しかし、信託報酬は税抜0.12%のままです。
同じバンガード社の米国ETFを買うだけファンドであるSBIバンガードS&P500の信託報酬が税抜0.058%であり、楽天バンガードファンドの48.3%であることを考えると、楽天バンガードファンドの信託報酬は高いと評価せざるを得ませんので、この点がファンドの将来にとっての唯一の懸念材料といえるでしょう。

広告

コメント

No title

私も今年正月同じおせち食べました。
とても美味しかったのでAmazonでまた注文するつもりでした。
去年の注文では20%オフクーポンと1万ポイントキャンペーンが併用できてお買得感半端なかったですね。

No title

おせちの情報ありがとうございます。
嬉しいです。
私も楽天で購入することにいたします。信州そばもおいしそうですね。
男爵さんの「ちこり村」でおせち以外のお勧めはありますか。

No title

コメントありがとうございます。

>とても美味しかったのでAmazonでまた注文するつもりでした。

私も同じでした。

>去年の注文では20%オフクーポンと1万ポイントキャンペーンが併用できてお買得感半端なかったですね。

今年は1万ポイントだけかぁと思っていましたが、1万ポイントもダメになって悲しいですよね。

>私も楽天で購入することにいたします。

私は迷っていますが、子供とおせちを食べるのもあと何回かと考えると、みんなでおいしくおせちを食べるために買うのもありかなと思いつつあります。

なお、私は、Amazonの購入履歴から今年のおせちはいつ販売するか問い合わせたところ、楽天やヤフーで購入したときに1000円割り引きするというメールをもらいましたので、お試しください。

>男爵さんの「ちこり村」でおせち以外のお勧めはありますか。

私は元々おせちを食べる文化がなく、妻の母親が重箱に詰めたものを毎年持ってきてくれます。
今年はそれにちこり村が加わったわけですが、普段はおせちを食べない子供にあっという間に食い尽くされました。

No title

ご返信ありがとうございます。嬉しいです。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理