株主優待が続々と到着

権利確定月が3月の株主優待が続々と到着しています。



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

広告

私は、SBIネオモバ証券で端株投資をしています。
SBIネオモバイル証券 口座開設
●今こそ始めよう端株投資で株主優待
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1678.html


上記記事でご紹介した端株投資のうち、

●ジャパンベストレスキューシステム(2453) 取得単価590円→時価870円
キッザニア(東京or甲子園)チケット20%オフ優待券(利用期限2020年3月19日まで)

は先日届きました。

そして、本日、

●山田コンサルティング(4792) 取得単価800円→時価1415円

の株主優待申込書が届きました。

今回の株主優待は、下記の2点の書籍から1点プレゼントされるというものです。
1点目は「FPファイル」+「2020年度税制改正のポイントと解説」、2点目は「令和2年度税務インデックス」です。

2点目はアマゾンの税法カテゴリランキング1位を獲得中です。
1点目は市販されていないようで、山田コンサルティングのHPで525円+628円=1153円で直販されています。


日テレホールディングス(9404)からも決算報告書が届きました。
しかし、9月の中間決算書にはチケットが同封されているようですが、3月の本決算書には何も同封されていません(決算書にはHuluの1か月無料券が同封されていると書いてあったので、封筒をひっくり返して探してしまいました。よく見ると、単元株主限定特典と記載されていました。残念です)。

また、これは端株ではなく単元株の株主優待ですが、ヤマダ電機の株主優待も届きました。
ヤマダ電機は、100株保有すると、年2回、商品券(税込1000円ごとに500円券1枚利用可能。1会計で最大54枚まで利用可能)がもらえます。

3月は、保有期間1年未満500円×2枚、2年未満500円×5枚、2年以上500円×6枚です。
9月は、保有期間1年未満500円×4枚、1年以上500円×5枚です。

ヤマダ電機の時価は5万3500円です。
配当金は1000円、商品券は3000~5500円ですので、実質利回りは7.47~12.14%となります。

記事にしたかどうか忘れましたが、株主優待目的でオリックス(8591)も購入済みです。
個別株は、IPOの割当てを受けたものや株主優待目的で取得したものです。内訳は下記のとおりです。
個別株2020.6.29
このほか、SMBC日興証券で、メルカリ34万円(うち含み益4万円)、佐川急便35万円(うち含み益18万8000円)、合計69万円(うち含み益22万8000円)を保有しています。
なお、メルカリと佐川急便はIPOの割当てを受けたものです。

広告

コメント

No title

日テレホールディングスの端株、チケットなくて残念でした。
イオンの単元株を2月で一旦売却したので、8月までに買い戻したいところですが高値のため厳しいです。

No title

コメントありがとうございます。

>日テレホールディングスの端株、チケットなくて残念でした。

元々の本命は9月のチケットですので、ぬか喜びをしただけ悲しかったですが、仕方ありません。

>イオンの単元株を2月で一旦売却したので、8月までに買い戻したいところですが高値のため厳しいです。

どうしても欲しい株主優待株を売却してしまうと、とても悲しいですよね。
私も、VTを買うときに日本株を全売却し、イオン株(最大の株主優待が貰えるだけの株数)もありましたが、今では100株しかありません。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理