エポスカードがポイント運用(「エポスポイント投資」)を開始

エポスカードは、2020年3月23日から「エポスポイント投資」を開始しました。

これはいわゆる「ポイント運用」(ポイントを実際の投資信託で仮想運用し、解約時には含み損益を反映してポイントに戻すというもの)です。



※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●【追記あり】新型コロナ給付金(130万円)が閣議決定
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1716.html

●野村スリーゼロ先進国株式投信を襲った悲劇
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1715.html



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

広告

エポスポイント投資は、エポスカード会員のうち、ゴールドカードとプラチナカード会員限定のサービスです。
なお、JQカードエポスゴールドも対象です。

私は、エポスゴールドカードを保有しています。
昨年末に妻のJQエポスカードを発行し、新規発行特典をもらった後にゴールドカードにランクアップしました。

※エポスゴールドカードには、「エポスファミリーゴールド」というサービスがあります。
これは、ゴールドカード保有者が家族(二親等以内で18歳以上。高校生は不可)をゴールドカードにすることができるというものです。
家族は、エポスカード(ノーマルカード)を保有していても保有していなくても構いません。家族がエポスカードを保有していないときは、いきなりゴールドカードが発行されます。

※エポスファミリーゴールドは、ゴールドカードのインビテーションではありません。
そのため。家族の信用情報にノーマルカードを発行できないほどのキズがあるときは、当然ながらゴールドカードは発行されません。
これに対し、家族が既にノーマルカードを保有していれば、簡単にゴールドカードにランクアップすることができると言われています。


本題に戻ります。

妻のJQカードエポスゴールドが自宅に届いたのですが、その中にエポスポイント投資がスタートしたというチラシが入っていました。
「エポスポイント投資」をネットで検索しても全く情報が出てきません。

エポスカードの公式アプリを確認すると、「ポイント投資」というタイルが突然増えていました。
「お知らせ」欄には何も記載されていません。いきなりタイルが増えています。

確認したところ、tsumiki証券と全く同じ4種類のファンドでポイント運用をすることができることが分かりました。
具体的には、セゾンバンガードグローバルバランスファンド、セゾン資産形成の達人ファンド、コモンズ30ファンド、ひふみプラスの4ファンドとなります。

エポスポイント投資は、100ポイントから開始することができます。
投資先のファンドの値動きに連動して投資したポイントが日々変動します。
いつでも解約することができます。解約時には、その時点の含み損益を反映したポイントが戻ります。

私は考えがあって、エポスポイントはそのまま放置しています(ゴールドカードにランクアップするとポイントの有効期限はなくなります)。
現在のポイントは2万5106ポイントで、あと1週間ほどで更に1万ポイント(ゴールドカードの年間利用額100万円到達ボーナス)が付与される予定です。
ポイントのまま放置していても仕方がないことから、タイミングを見計らってポイント運用をしようと考えています。

広告

コメント

放置の理由は?

>私は考えがあって、エポスポイントはそのまま放置しています

良ければ放置の理由を教えて貰えくれませんか?私も1万ポイントくらい放置したままですが、単にいつでもポイント交換できるから、ほったらかしにしているだけです。

No title

私もエポスゴールドカードを保持しており、ポイントも15000Pほどあります。
JQゴールドに切り替えてポイントの移行ルートを確保するまでは放置する予定でしたが、
折角なのでポイント投資での運用を検討してみようと思います。
その際はぜひ参考にさせてください。

No title

コメントありがとうございます。

>良ければ放置の理由を教えて貰えくれませんか?

エポスゴールドカードからJQカードエポスゴールドに変更する方法ができるかどうかを試しているところです。

うまく変更できたら記事にする予定です。

>JQゴールドに切り替えてポイントの移行ルートを確保するまでは放置する予定でした

現状では九州のアミュプラザまで行く必要があります。
自宅にいながらにして変更する方法を思いついたので、昨年末から仕込み中です。

>折角なのでポイント投資での運用を検討してみようと思います。

ポイント運用中にカJQカードに切り替えたとき、運用中のポイントがどうなるかについてデスクに確認したところ、即答できない(本社の担当部署に確認する必要がある)と言われています。
自動解約扱いになると、切り替え時に含み損が出ている時に損をしてしまいます。

回答はこの記事に追記しますので、それを確認後にポイント運用をするかどうかをご判断いただいたほうがよいと思います。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理