世界恐慌を見据え、一旦退場します

話題になっていた下記の動画を見ました。


●【米国株】世界恐慌を見据え、一旦退場します
https://www.youtube.com/watch?v=tS7eDASJgJ4




●家電量販店(~3/31)やドラッグストア(~3/21)でメルペイ50%還元+日曜日限定iD20%還元
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1681.html

【非保有者限定】三井住友カード、6万円利用で1万4000円キャッシュバックは3月末まで
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1629.html

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

広告

投稿者は、動画の中で色々と理由を述べて、ご自身の選択(全売り)を正当化して、これはパニック売りではないと繰り返しています。

しかし、パニック売りをする人であっても、自分がしていることがパニック売りであると思ってパニック売りをしているわけではありません。誰もが自分の行動は合理的な選択であると考えて行動しています。
ただし、その選択が神様の目で見たときに本当に合理的かどうかが保証されているわけではありません。

私はインデックス投資に「損切り」の概念はないと考えています。それはこれまでもそうですし、今でもそうです。
なぜなら、私は資本主義の成長の可能性を確信してインデックス投資を選択したわけですが、新型コロナによって資本主義が破壊されるとは思えないからです。

何度も繰り返してお伝えしているとおり、今回のような底が見えない暴落相場(暴落相場というのはその最中にいるときは誰にも底が見えないものです)に直面したとき、喜んで追加投資をしてはいけません。
相場が優しかったときに決めた積立設定を増額したり減額したりせず、これまでの金額のままの積立投資を継続し続けなければなりません。そして、既に購入したインデックスファンドは売却せず、そのままホールドし続けるべきです。

アメリカの上院が緊急支援法案を否決したことで、既に先物がゲロ下がりしています。
今日の夜に開場するニューヨーク市場でもゲロ下がりするでしょう。

今日の15時までにインデックスファンドを注文すれば、今夜のゲロ下がり相場を拾うことができます。
しかし、先の見えない暴落局面の真っただ中で追加投資をすると、更にゲロ下がりしたときに心理的に追い詰められてしまいます。そして、「均等額積立投資+ストロングホールド」というインデックス投資で成功するためのゴールデンルールを守ろうという自分の気持ちが折れてしまうかもしれません。

何よりも重要なのは、相場が暴落している最中の自分の判断を信用してはいけないということです。
自分はパニックになどなっていない、冷静な判断をしていると思っても、暴落のただ中で自身のリスク資産がものすごい勢いで毀損され続けているとき、落ち着いて合理的な判断ができる人はいません。
端的に言えば、頭がおかしい人は自分のことを頭がおかしいとは思っていないということです。

私のたわら先進国株の含み益は残り+10%です。
明日の夕方に更新される基準価額によって含み損に突入するかもしれません。

しかし、私は何も心配していません。なぜなら、ストロングホールドを続けている限り、いずれ1か月前の最高値を更新すると確信しているからです。
とはいえ、SBI証券の法人口座(先ほど電話したら口座申込みが殺到しているそうです)が開設しない限り何も動けません。個人口座のたわら先進国株が含み損になると、それを売却して法人口座に乗り換えることが難しくなるため、それだけが気がかりです(SBI証券に移管したVTをマネックス証券に戻して分配金と損益通算すればよいのかもしれませんが、外国税額控除を活用すると余り旨味がありません)。

※もっとも、個人口座のたわら先進国株が含み益になったときに法人口座に乗り換えれば済むだけのことですので、下がる分には問題はないと考えています(これに対し、法人口座開設までに上がってしまうと値上がり益課税のせいで乗り換えることができなくなってしまいます)。
それを考えると、上院で否決されたことで法人口座開設までの時間を稼ぐことができてよかったかもしれません。

なお、暴落相場で確固たる方針を維持するためには、権威にすがることが効果的です。
下記書籍を一読することをお勧めします。


インデックス投資の必読本が半額セール
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1691.html



Stay your Course


広告

コメント

No title

ETFはいつでも売れて、今の価格がわかるので、売りたくなります。
VTを売って、たわらを買うというのはどうでしょうか。

No title

今夜、米国では大型経済対策の再投票がされますね。これが否決されれば、ゲロ下がりは間違い無いでしょう。ちょうど今日の営業日に注文を出してたのですが、丁半博打極まりないです。

No title

コメントありがとうございます。

>VTを売って、たわらを買うというのはどうでしょうか。

私の場合、外国税額控除を活用するとVTの分配金の税率はほぼ10%(アメリカ分だけ)となり、非常に有利です。

また、リスク資産をたわら先進国株に集中させるのは怖いので、あと20年ほどはVTの分配金生活を楽しもうと考えています。

>ちょうど今日の営業日に注文を出してたのですが、丁半博打極まりないです。

うまく安値で拾えることをお祈りしています。

No title

長期上昇相場なら過大なポジション量も結果オーライになりますが、今のような局面になると耐えきれなくなるのでしょう。
PANさんほど理性的に見える人であっても身に迫るレイオフの恐怖を感じると相場の急落への恐怖と増幅しあい投資どころではなくなり、全降りという行動に出てしまう。
航海に出る前にしっかり航路を決め、最大損失の受け入れも覚悟を決め、何があっても航路を守り続けるということが実際にはとても難しいものでありますね。
ナントカ学長さんのほうはしっかり航路を守る動画をアップされてるようです。

私は、リーマン経験しましたが、今回はまだ悲壮感が足りない気がしますね。証券会社の口座開設が殺到しているそうですが、あの人たちがゲロはくくらいじゃないと。

No title

コメントありがとうございます。

>長期上昇相場なら過大なポジション量も結果オーライになりますが、今のような局面になると耐えきれなくなるのでしょう。

10年は使わなくてもよいお金を投じれば、気持ちが折れない限りホールドし続けることができます。
その意味でもスポット投資はせずに積立投資だけに留めたほうがよいと思います。

>証券会社の口座開設が殺到しているそうですが、あの人たちがゲロはくくらいじゃないと。

日本は新型コロナ対策が奇跡的にうまくいっていますので、株式投資しようという気持ちにもなれるのでしょうね。

欧米諸国では外出禁止令が出て市内の店舗も閉鎖されていますので、おそらく日本を除く先進国諸国の空気間は全く違うのだろうと思います。

No title

教えていただいた動画を見ました。アメリカはこんな切羽つまった世界恐慌前のような雰囲気なのですね。このところの買いたくてたまらない気持ちが一機に吹き飛びました。淡々と積立投資を続けていきます。

No title

コメントありがとうございます。

>淡々と積立投資を続けていきます

それが一番だと思います。

No title

7万8000$の損切りと言っていたので、おそらく30万$前後は買っていたのでしょうね
単純にポジションのとりすぎだと思いました。
というか、この人は長期積立派というより投機的トレーダーなんでしょう
ツイッターでも「テスラのショートポジションを取るチャンスかも?」みたいなツイートしてましたし…。

No title

コメントありがとうございます。

>単純にポジションのとりすぎだと思いました。

アメリカで勤務しているわけですから、レイオフを考慮したリスク許容度の範囲内で投資すべきだったと思います。

VOOを損切りしてはダメですよね。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理