【訂正:非保有者限定】三井住友カード、6万円利用で1万4000円キャッシュバックは今日から3月末まで

【2020.2.4追記】
三井住友カードに確認したところ、過去にクレジットカードを発行したことがある人はキャンペーン対象外になるとのことでした。
過去にエブリプラスを発行した人が今回三井住カード(旧クラシックカード)を発行しても対象外となります。
ただし、三井住友銀行の口座保有者だけが発行できるクレジットカード(三井住友VISA SMBC CARDクラシック)は、別カードの発行歴があっても20%還元キャンペーンの対象になるそうです(電話確認済み)。



三井住友カードが、期間限定で年会費無料となり、6万円の利用で1万4000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施中です。



※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●日本のネット向けインデックスファンドの残高は1.5兆円
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1628.html

SBI証券にDRIPを要望し、アマギフをもらおう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1615.html


新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

広告

三井住友カードは、2月3日新規発行分から券面のデザインを大幅に刷新します。
シンボルだったパルテノン神殿を廃止し、実にユニークな幾何学模様に変更されました。
それを記念し、4月30日までの期間限定で、年会費永年無料キャンペーンを実施しています。

●一部のカードは年会費ずっと無料キャンペーン
〇申込期間 2020年2月3日~2020年4月30日
〇対象カード
三井住友カード
三井住友カード(学生)
三井住友カード デビュープラス
三井住友カードVISA SMBC CARD クラシック

「三井住友カード」はクラシックカードを改名したものです。
年会費1250円(同ブランドのマスターカードの発行で2枚で1500円)の年会費がかかりますが、4月30日までに発行すれば永年無料となります。
ただし、既にクラシックカードを発行済みの人は、新券面に切り替えたとしても年会費永年無料キャンペーンの対象とはなりません。

そして、2つのキャンペーン(6万円利用で1万2000円キャッシュバックキャンペーン+2000円キャッシュバックキャンペーン)が開催中です。


●新規ご入会でWトク!~カード利用の20%還元&お買物利用がタダ(上限10万円)になるチャンス!~
・キャンペーン期間中に、対象カードに新規入会
・カード入会月の2か月後末までに、1回以上Vpassアプリへログイン
・カード入会月の2か月後末までに、クレジットカードまたはiDでショッピング利用


昨年までは新規発行したカードの枚数×1万2000円キャッシュバックでしたが、今回からはキャンペーン期間中に最初に発行されたカード1枚のみがキャンペーン対象となりますので、注意してください。

※三井住友カードに電話確認したところ、三井住友カード(エブリプラスを含む)の保有者が初めて三井住友カード(旧クラシックカード)をキャンペーン期間中に発行しても20%還元はされないとのことです。

また、kyashリアルカード・Suica・nanacoへのチャージ、各種ペイ払いへの紐づけがキャンペーン対象であることが明記されました。
https://qa.smbc-card.com/mem/detail?site=4H4A00IO&id=1546&search=true


●20%還元キャンペーンとあわせて最大14,000円!「マイ・ペイすリボ」を登録して6万円利用するだけで、2,000円プレゼント!
〇入会期間 2019年12月26日(木)~2020年3月31日(火)
〇対象者
・期間中にキャンペーン対象カードを申し込み、その際に「マイ・ペイすリボ」を登録しクレジットカードが発行されていること
・カード入会月の3か月後末日までに6万円(税込)以上のショッピング利用があること


これらをまとめると、

(1)三井住友カードの非保有者が、3月31日までにカードを1枚、新規発行する。

(2)新規発行する際、マイペイすリボを設定する。

(3)カード到着後、マイペイすリボの支払額をカード利用上限額まで増額する設定をする。
※自分で簡単に操作することができます。

(4)アプリをダウンロードしてログインする。

(5)nanacoチャージやkyashリアルカードへのチャージを含むショッピングで6万円を利用する。

(6)1万4000円がキャッシュバックされるのを待つ。

ということになります。

また、2月29日までの期間限定で、ApplePayないしGooglePayに登録してスマホ決済(iD払い)をすると、2000円まで全額キャッシュバックされるキャンペーンを実施中です(正確には、2000円までのiD払いが無料になるiD残高が付与されます)。
このキャンペーンは、最初に登録した1枚だけが対象になります。
また、過去に登録したカードは対象外です。

これまでの実績だと、おそらく3月1日以降に同じスマホ決済(iD払い)キャンペーンを実施しますので、2月29日までに1枚登録し、3月1日以降に新キャンペーンが開催されたら別のカードを登録すると、キャンペーンを2度楽しむことができます。

広告

コメント

No title

去年の11月から12月にエブリプラス、リボスタイル、三井住友SMBCカード作りました。今日、三井住友カードを申し込みました。20%キャッシュバックが終わったら1枚を残して解約したいです。1枚だけ残すなら今日申し込んだ三井住友カードを残すのがいいですか?

前回キャンペーン で5種類(※)発行した場合は、今回は対象外でしょうか?


エブリプラス
三井住友VISA
三井住友マスター
三井住友SMBC
RevoStyle

No title

コメントありがとうございます。

>1枚だけ残すなら今日申し込んだ三井住友カードを残すのがいいですか?

私ならば、全部無料ですから全部残しておきます。
しかし、どれか1枚を残すのであれば、新規発行が終了したエブリプラスです。

>前回キャンペーン で5種類(※)発行した場合は、今回は対象外でしょうか?

対象外です。

過去のキャンペーンでカードを発行していても、今回新規に申し込みをすれば対象になるということでしょうか

No title

コメントありがとうございます。

>過去のキャンペーンでカードを発行していても、今回新規に申し込みをすれば対象になるということでしょうか

昨年の細則と同じ表現(対象カード云々)でしたので大丈夫だと考えていましたが、念のために確認したところ、完全新規限定であることが判明しました。

キャンペーンの内容を大幅に変更したわけですから、誰でも一読了解できるような表現で変更点をアナウンスすべきです。

昨年末に乗り遅れた人は残念ですが、まだ1枚も三井住友カードを持っていない人は年会費が期間限定で永年無料になることですし,この機会に作ってもよいとは思います。

たわら男爵さま

まずは、お問い合わせまでしていただき、ありがとうございました。
完全新規限定ということで、残念です。
私も紛らわしいのでアナウンスすべきと思います。

No title

たわら男爵さま。
いつも有意義な記事を楽しませていただいています。

私の場合は過去に三井住友カード(エブリプラス)を保持して2018年に解約済みだった為、問い合わせしましたところ下記の回答をいただきましたので参考までに共有いたします。

「エブリプラスカードをご解約されており、今回改めて三井住友カードにお申込みいただく場合、エブリプラスカードが2019年3月1日以降に発行されたものでなければ、新たにお申込みいただく三井住友カードは20%還元キャンペーンの対象となります。」

ですので2019年3月より前に発行した三井住友カードを解約済みであれば今回の20%企画の対象となるようです。

No title

コメントありがとうございます。

>2019年3月より前に発行した三井住友カードを解約済みであれば今回の20%企画の対象となるようです。

キャンペーン対象となってよかったですね。

ちなみに、この点ですが、細則に次の記載があります。


もれなく最大12,000円還元キャンペーンは、すでに対象のカードをお持ちの場合、あるいは(現在、対象カードをお持ちでない場合であっても)2019年3月1日以降に対象カードに新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている場合はキャンペーンの対象外となります。(ただし、三井住友 VISA SMBC CARDは除く)


2019年3月1日から現在まで三井住友カードの保有履歴がなければキャンペーン対象となることは細則から分かります。

しかし、2019年2月28日以前に入会したカードの保有者がそのカードを今解約して申し込んだときにキャンペーン対象となるかは細則からは分かりません。

No title

アマギフ購入はOKですよね?
また、この案件に限らず、アマギフのチャージタイプはNGで、メールタイプはOKなんですか?

No title

コメントありがとうございます。

>アマギフ購入はOKですよね?

OKです。

>アマギフのチャージタイプはNGで、メールタイプはOKなんですか?

逆です。
自分のアカウントに即時反映するタイプは、クレジットカード会社が普通のショッピングと区別することができないと言われています。

これに対し、メールタイプはバレてしまうので、しないほうがいいと思います。

ただ、アマギフを買うのは勿体ないので、せめてモバイルSuicaにチャージすべきです(Suicaの処理に困ったらアマギフを買うこともできます)。
また、nanacoチャージ→ANAJCBプリペイドのルートであれば、全国のJCB加盟店でゆっくり使い切ることができます。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理