ニッセイ外国株、0.093%(単独最安値)に値下げ

ニッセイ外国株は、来月、信託報酬を税抜0.0999%から税抜0.093%に引き下げます。



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

広告

本日時点の先進国株インデックスファンドの信託報酬ランキングは、次のとおりです。


1 雪だるま先進国株 0.0965%(税込0.1027%)
2 スリム先進国株 0.0965%(税込0.10615%)
3 ニッセイ外国株 0.0999%(税込0.10989%)
3 たわら先進国株 0.0999%(税込0.10989%)


ニッセイ外国株は、来月から信託報酬を税抜0.093%に引き下げますが、これは税込0.1023%です。
そのため、雪だるま先進国株を税込信託報酬でも下回ることになります。

ニッセイ外国株が引き下げ後の神託報酬を税抜0.093%としたことには、2つの理由があると考えられます。

1点目の理由は、雪だるま先進国株を下回る単独最安値にしたかったからです。
2点目の理由は、スリム先進国株のスライド式信託報酬を下回りたかったからです。

スリム先進国株の信託報酬は税抜0.0965%ですが、純資産額が500億円以上1000億円未満の部分は0.0932%となります。
スリム先進国株の純資産額は803億5200万円ですので、その38%の信託報酬が0.0932%に引き下げられていることになります。
そのため、ニッセイ外国株としては、スリム先進国株の信託報酬のうち0.0965%の部分ではなく0.0932%の部分をターゲットにすることで、


コスト競争の旗手はニッセイ外国株である
(スリムシリーズは所詮は同率最安値をめざすコバンザメだよね)


と宣言したかったのでしょう。

なお、ニッセイ外国株の値下げは、本日のFOYの表彰式で発表されました。
FOYの感想は別記事にする予定です。

広告

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

私から見たら、ニッセイこそもはやコバンザメですがね。

No title

コメントありがとうございます。

>①投資すべき投資信託は?

私であれば、たわら先進国株だけを買います。

オールカントリーは、自由市場が確保されていない新興国株に魅力を感じません。
債券は、利上げリスクがあります。

>②一括投資か、期間を分けての分割投資か?

私は、単純に500万円を60等分して毎月60分の1ずつ買うのが最も精神的に負担なく投資できる方法であると考えています。

>私から見たら、ニッセイこそもはやコバンザメですがね。

単独最安値をめざすニッセイ外国株はコバンザメではありません。

No title

>自由市場が確保されていない新興国株に魅力を感じません。

VT保有してるくせにこういうブレブレの主張するのいい加減やめろ

男爵様

早速のご教示をありがとうございます。
分割での投資方法、参考にさせていただきます。

No title

コメントありがとうございます。

>VT保有してるくせにこういうブレブレの主張するのいい加減やめろ

米国を含む先進国株ETFがない以上、VTには代替性がありません。

>分割での投資方法、参考にさせていただきます

「バスに乗り遅れるな」と思って焦って飛び乗ると暴落時にパニック売りしてしまいがちですので、ゆったりお金を投じるべきです。
投資のご成功をお祈りしています。

冒頭のニッセイとたわらの税込が0.107892%になってますが、正しくは0.10989%ですよね。

No title

ご指摘ありがとうございます。

確かに間違っていますね。訂正しておきます。

No title

>自由市場が確保されていない新興国株に魅力を感じません。

男爵さん的には、新興国を含むVTがDRIPに対応すれば、たわら先進国よりVTを買いたいわけですよね。

でも「新興国に魅力を感じません。」

過去には新興国を含む野村つみたて外国株もお勧めされていましたし、こういう点が矛盾していると感じています。

お伺いしたいのは、
なぜ新興国に魅力を感じないのに、たわら先進国よりVTを買いたいのか?
という点に尽きます。

恐らくここが、男爵さんがもっとも重視する判断材料と思われるので、是非ともご説明いただきたいです。

よろしくお願いいたします。

No title

コメントありがとうございます。

>男爵さん的には、新興国を含むVTがDRIPに対応すれば、たわら先進国よりVTを買いたいわけですよね。

私が継続投資するのはVTではなくたわら先進国株です。

>過去には新興国を含む野村つみたて外国株もお勧めされていました

そのときは中韓がこれほどどうしようもないとは思っていませんでした。
中国は大規模が送金規制をしていますし、韓国は強固な財閥支配が健在です。

ヒト・モノ・カネが糞詰まりでは資本主義の前提条件を欠きます。

>なぜ新興国に魅力を感じないのに、たわら先進国よりVTを買いたいのか?

私は、VTを買った後にたわら先進国株が新規設定されたため、その後はたわら先進国株を買っています。

リスク資産は、VTとたわら先進国株に半々ずつ投資するのがよいと考えていますが、米異国ETFの中でVTを選ぶのは米国を含む先進国株ETFがないからです。

新興国株は不満ではあるものの1割程度ですし、米国株100%(VTIやVOO)よりは新興国株が1割混ざったとしてもVTのほうがよいと考えています。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理