銀行の振込手数料、ATM出金手数料を無料にする方法

銀行の振込手数料やATM出金手数料を馬鹿正直に払っている人は今時まさかいないとは思いますが、もしそんな人がいたらこの記事を参考にしてください。

広告

1 楽天銀行
私のメインバンクです。
普通預金の金利が0.1%であることから、当面の必要資金を放り込んでいます。


残高100万円以上で、振込手数料が3回、ATM出金手数料が5回、それぞれ無料になります。
http://www.rakuten-bank.co.jp/happyprogram/?l-id=top_T_0701_0002_CO17

なお、1年以上使わない金は、個人向け国債変動10を買い、1年ごとに解約再申込みを繰り返し、キャンペーンキャッシュバック(1000万円ごとに5万円)をもらうべきです。

【参考記事】
誰でもできる無リスク資産の運用法
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-33.html#more
ネット証券で個人向け国債を買うと損します
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-86.html#more

2 住信SBIネット銀行
SBI証券の口座を開設している人は必ず銀行口座も開設しているはずです。

ランク2になると、振込手数料が3回、ATM出金手数料が5回、それぞれ無料になります。
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/smartprogram_04
ランク2にする方法は簡単です。

(1)SBIハイブリッド預金口座の残高を1000円にして放置する
(2)南アフリカランドを1単位(1ランド=7~8円)の外貨普通預金をして放置する

だけです。

3 みずほ銀行

(1)みずほマイレージクラブに入会する(無料)
(2)外貨普通預金をして放置する
※ 最低預金単位が10通貨単位であることから、私は、10アメリカドルの普通預金にしてずっと放置しています。

だけで、振込手数料が4回、ATM出金手数料が4回、それぞれ無料になります。
http://www.mizuhobank.co.jp/mmc/sannyu/index.html

これだけで10回分の振込手数料を無料にすることができます。

なお、私はみずほ銀行の普通口座に常時50万円ほど入れていますが(IPO申込み時に、楽天銀行に対応していない証券会社に資金を即時入金するため)、もし0円であったとしても、楽天銀行→楽天証券→みずほ銀行という流れで金を動かせば、手数料は一切掛かりません。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理