たわら先進国株はどの証券会社で買うのが得か(3) たわら男の選択

では、私はどの証券会社で購入しているのでしょうか。

広告

1 たわら先進国

楽天証券で購入しています。

現在は、毎日1万円ずつ積立てをしており、これを少なくとも5年間は続ける予定です。

ちなみに、平均取得価額は9339.4円。
保有口数が多いため、毎日の積立てでは平均取得価額は微動だにしません。


2 VTVTIVWO

マネックス証券で購入済です。

購入時には、SBI証券で円貨決済ができるなどということは知りませんでした。そもそも、SBI証券が特定口座に対応したのは今年の1月1日以降の受渡分からですので、マネックス証券で買うしかなかったのです。

ただし、SBI証券が売買手数料の大幅値下げに踏み切った現在、マネックスで購入するメリットはありません。

NISA口座もマネックス証券で開設し、上記の各ETFの配当金でVTを購入しています。配当金は米ドルでもらえるので、為替手数料が掛からず、NISA口座ですので、株式売買手数料も掛かりません。
つまり、配当金のうち、年間120万円までの再投資には一切のコストが掛かりません。

平均取得価額は以下のとおり(購入時の為替レートは1ドル120円)。

VT 56.72165ドル
VTI  104.755ドル
VWO 30.85ドル

なお、追加購入の予定はありませんが、株価が大幅に下落し、VTIが90ドル、VWOが27ドルに近づけば、SBI証券の円貨決済で指値をする予定です(移管手数料は無料)。

また、ドル円が円安に戻り、含み損が消えた時点で「VT三分の計」を発動する予定です。
【VT三分の計】
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-103.html#more

3 日本株

SBI証券で購入中です。
ただし、あくまでインデックス投資を中心に考えていますので、株式優待や高配当株を中心にして、株価が大幅に下落したときを狙って100株ずつ追加購入しています。

具体的な銘柄を公表するかは検討中。



広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理