【まだまだやるぞ】d払い10%キャンペーン

LINEPayとPayPayが力尽きたペイ祭りですが、d払いはまだまだ元気です。
さすがドコモ、金がありますね。




新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

広告

まずは、明日14日から12月1日まで、セブンイレブンでd払いをすると還元率10%となります。


キャンペーン期間中に、本キャンペーンにエントリーいただき、「d払いアプリ」で1度に700円(税込)以上お支払いいただくと、お支払い金額に応じて通常のdポイント(200円(税込)につき1ポイント)+キャンペーンポイントとして、お支払い金額の10%のdポイントを進呈いたします。
※ご購入金額のうちdポイントでお支払いいただいた金額分は対象外となります。
※期間中のキャンペーンポイント進呈上限は1,000ポイントです。
※キャンペーンは、d払いのコード決済のみ対象とします。
https://dpoint.jp/ctrw/web2/src/dpc_lp_s-eleven_191114.html


税込700円以上の利用が条件ですが、


●セブンイレブンで「本・コミック」を受け取ると54%オフ(11/8以降は46%オフ)。CD、DVD、ゲームは40%オフ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1534.html
●十二国記の新作4冊が1116円(定価3080円の64%オフ)で買えるぞ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1535.html


QUICPayの枠(カード1枚ごとに5万円)が危ない人は、d払いで支払うとよいかもしれませんね。
なお、還元上限は1000ポイント(利用額1万円)となります。


セブンイレブンの還元率10%はまだまだ続きます。
12月2日から12月15日まで、コンビニでd払いをすると還元率10%となります。
https://dpoint.jp/ctrw/cp1/kangen_campaign/cvs/index.html


冒頭のセブンイレブンのキャンペーンはポイント払いでなければdカードではないクレジットカード払いでも大丈夫です。
しかし、12月2日からのコンビニキャンペーンはdカード払い限定です。
還元上限は、1決済500ポイント(利用額5000円)、総合計2000ポイント(利用額2万円)です。


また、2019年12月2日から2020年3月31日まで、「d払い 生活応援キャンペーン」と題するd払いの利用で還元率10%となるキャンペーンが開催されます。
https://dpoint.jp/ctrw/cp1/cashless_campaign/index.html

これは5%の消費者還元事業者での利用に限定されています。今月末まで開催中のPayPayの10%キャンペーンと全く同じものです。
還元上限は、1決済500ポイント(利用額1万円)、1か月2000ポイント(利用額4万円)です。
dカード払い限定です。

※コンビニは2%還元事業者であるため、コンビニキャンペーンとの併用はできません。


まとめます。

11/14~12/1 セブンイレブン限定で還元率10%(dカード以外のカードも可)。利用額は1万円まで。1決済700円(税抜)以上の利用が必須。

12/2~12/15 コンビニ限定で還元率10%(dカード限定)。利用額は、1決済5000円、期間合計2万円まで。

12/2~3/31 5%還元事業者限定で還元率10%(dカード限定)。利用額は、1決済1万円、1か月4万円まで。


d払いが来年の3月末まで5%還元事業者限定とはいえ10%キャンペーンをすることで、来月からしょぼいキャンペーンになったPayPayも対抗するかもしれません。
ただし、PayPayは本体のソフトバンクが1兆円の赤字を出したことでもうキャンペーン原資がないかもしれません。

また、12月2日9時59分まで一律5%キャンペーンを開催中の楽天ペイ(楽天ポイント払いでも還元率5%)が12月2日10時からの第2弾キャンペーンでどう出るかも楽しみになってきました。


広告

コメント

来年9月にマイナンバーカードで25パーセント還元案(上限5000円)を政府が検討中のようですが、ずいぶん先の話ですし、参加するにしてもセキュリティ重視で臨みたいです。

No title

コメントありがとうございます。

>マイナンバーカードで25パーセント還元案(上限5000円)を政府が検討中のようです

プレミアム商品券のように同一市町村内での利用に限定されてしまうと、田舎では使い切れません。
限定なしか、せめて同一都道府県内での利用ができるようにしてほしいです。

>参加するにしてもセキュリティ重視で臨みたいです。

これほどのことをやるわけですから、政府が事前に十分に検討するのではないでしょうか。

楽天ペイ

いつも、ありがとうございます。
楽天ペイを使う時は、一旦、楽天カードからチャージをしてから、買い物をする方が、何かとプラスになるのでしょうか。
宜しくお願い致します。

No title

コメントありがとうございます。

>楽天ペイを使う時は、一旦、楽天カードからチャージをしてから、買い物をする方が、何かとプラスになるのでしょうか。

楽天キャッシュに事前チャージしてもいいことはないと思います。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理