【エブリプラス11/28で発行終了】いよいよ最後、還元率20%キャンペーン

2019.11.11 23:10追記 コメント欄で情報提供いただきました。ありがとうございました。
エブリプラスが11月28日をもって新規募集を終了します。


消費税が10月に増税されたことをきっかけに各社が開催している20%還元キャンペーンですが、いよいよ来月で終了です。

なぜなら、昨年12月、20%還元キャンペーンの先陣を切って社会現象を引き起こしたPayPayが本体のソフトバンクが1兆円の赤字を出したことで力尽き、PayPayに対抗して様々なキャンペーンを開催していたLINEPayもPayPayよりも一足先に力尽きたからです。

これまでPay戦争を先導していたのはPayPayとLINEPayでした。
イオンカード、三井住友カード、JCBカードの各種キャンペーンもこれら両者に対抗する形で行われましたが、この両者が力尽きたことで、今後は同規模の還元キャンペーンは実施されないと考えられます。

そこで、今開催されている最後の祭りを骨の髄までしゃぶり尽くすべきです。



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

広告

今開催中の20%還元祭りは2つです。

1つめは三井住友カードです。
詳細は下記記事をご覧ください。


●還元率20%の三井住友カードはこれを作れ(最大5万6000円バック)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1494.html


三井住友カードは、2021年2月年会費支払分よりリボ技(マイペイすリボの支払額をカード限度額に設定することで、実質翌月一括払いで運用しつつカードの年会費優遇措置を受けることができるというもの)ができないようにしました。

そのため、クラシックビザ(リボ技で無料)、クラシックマスター(リボ技で無料)、エブリプラスカード(何もしなくても無料)の3枚の年会費無料カードを作って20%キャッシュバックキャンペーンを受けることはできなくなってしまいました。

しかし、エブリプラスカード(25歳以下の人はデビュープラスカードも)は年会費がかかりませんので、年会費が気になる人はこれらのカードを作るのがよいと思います。


エブリプラスは11月28日をもって新規募集を終了します。まだ申込前の人は申し込んでおくべきです。
三井住友カードは年会費無料カードを大胆に整理し、年会費ビジネスに舵を切ったのだろうと思われます。なお、デビュープラスカードは25歳になった時点で年会費5500円のプライムゴールドカードん自動的に切り替わるため、将来の顧客を確保するために維持されるのだろうと思われます。
そう考えると、エブリプラスを申し込まない手はありませんね。


また、クラシックビザとクラシックマスターの年会費は各1250円(税抜)ですが、2枚作ると2枚で1500円(税抜)となります。
つまり、+250円でもう1枚カードが持てることになります。

初年度無料ですから、年会費がかかる直前まで実際に保有してみて、その時点で年会費に見合う価値があると思えば年会費を払って継続利用するのも一つの方法です。
ただし、解約をしすぎると信用を毀損し、三井住友カードが作れなくなるリスクがあります。
そこで、アマゾンプライム(年会費4900円)を利用している人は、アマゾンゴールドカードを作れば、アマゾンゴールドカードの年会費4400円でアマゾンプライムを無料で利用することができます。


●アマゾンゴールドカードを最初の年から4400円で利用する方法
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1496.html


アマゾンゴールドカードは、年会費1万1000円の三井住友ゴールドカードと同じベネフィットが付帯しています(アマゾンプライムが無料利用できる点で三井住友ゴールドカードよりもコスパに優れています)。
クラシックビザとクラシックマスターを解約する前にアマゾンカードを作成してゴールドカードにランクアップしておけば、解約によるデメリットを極限まで減らすことができます。

三井住友カードとしても、入会キャンペーンで釣った客はそのまま何もしなければ更新してくれないであろうことは十分に承知しているはずです。
私は、クラシックビザとマスターはリボ技でずっと年会費が無料になると思って作ったわけですが、このような事態になってしまった以上、年会費無料期間が終わるまで(来年末まで)は三井住友カードのやる気を見てみようと考えています。


今開催中の年会費20%還元祭りの2つめは、JCBカードです。
詳細は下記記事をご覧ください。


●クイックペイで還元率25%(~12/15)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1461.html


JCBカードは年会費がかかるのがネックですが、39歳以下の人は「JCB W」が年会費無料で利用することができます。

年齢制限のためにこのカードを作ることができない人は、年会費1250円(税抜)を支払ってJCBオリジナルシリーズを作るのもひとつの方法です。
新規発行で2000円のJCBギフト券、家族カード440円を同時発行すると更に2000のJCBギフト券がもらえます(合計4000円)。初年度年会費無料のため、4000円のギフト券をもらうと3年分の年会費(本会員、家族会員)が実質無料になります。

もっとも、みずほ銀行の口座がある人は、バーチャルカード(みずほWallet。年会費はずっと無料)とプラスチックカード(デビットカード。年1回の利用で年会費無料)を発行することで、1万円×2枚=2万円のキャッシュバックを受けることができます。


●みずほWalletで還元率20%キャンペーンが開始
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1443.html


また、GooglePay限定(ApplePay不可)ですが、ANAプリペイドカード(年会費はずっと無料)、三菱UFJ銀行のデビットカード(年会費5年間無料キャンペーン開催中)を発行すれば、1万円×2枚=2万円のキャッシュバックを受けることができます。
ただし、GooglePayを利用するためには、Android5.0以上のAndroidスマホ(おサイフケータイ機能付きのもの)が必須です。Wi-Fi環境で設定ができれば、クイックペイ決済をする店頭ではSIMなし、電源オフでも大丈夫ですので、安いスマホをゲオで買うのがお勧めです。


●中古のアンドロイド携帯をゲオで買って還元率20%キャンペーンをしゃぶり尽くそう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1515.html


というわけで、三井住友カードは12月27日申込分まで、JCBカードは12月15日利用分までと締切りが切迫してきました。
おそらく最後になるであろう還元率20%キャンペーン。私は毎日が楽しくて仕方ありません。


広告

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

非公開設定でしたので、貼り付けます。



お疲れ様です。

御存知かと思いますが、公式HPに「エブリプラス新規募集終了のお知らせ」として、「本カードは、2019年11月28日(木)をもって新規募集を終了いたします。」との記載がありました。

例えば最終日11/28に申込手続き完了の場合、20%キャンペーンにおける11月入会になるか、12月入会になるか、気になって公式に問い合わせましたが、審査期間は人によって変わるのでケースバイケースとの回答でした。

なのでエブリプラスを発行するのであれば、11月の早いうちに申込みをするのがベターかと思いました。

よろしくお願いいたします。

No title

情報提供ありがとうございます。

>御存知かと思いますが、公式HPに「エブリプラス新規募集終了のお知らせ」として、「本カードは、2019年11月28日(木)をもって新規募集を終了いたします。」との記載がありました。


全く気づきませんでした。
妻に言って妻名義のカードも発行しておくことにします。
ありがとうございました。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理