【追記あり】セゾンカード、投信・端株のカード投資を開始するも使えません

セゾンカードは、11月12日からクレジットカード決済を利用した投信と端株投資のサービスを開始します。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000066-zdn_mkt-bus_all



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku



還元率20%の三井住友カードはこれを作れ(最大5万6000円バック)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1494.html

「JCB CARD W」の新規作成で還元率25%
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1461.html

JCBオリジナルシリーズは、年会費1375円はかかりますが、新規発行で2000円のJCBギフト券、家族カード440円を同時発行するとを更に2000のJCBギフト券がもらえます(合計4000円)。初年度年会費無料のため、4000円のギフト券をもらうと3年分の年会費(本会員、家族会員)が実質無料になります。

リクルートカードは、週末(金土日)限定で定期的に入会キャンペーンを開催しています。

広告

サービス名称は「セゾンポケット」です。


まず、セゾンポケットのセゾンカード投資の対象ですが、投資信託と端株の2種類です。


セゾンポケットが取り扱う投資信託は、セゾン投信の「グローバルバランスコース」と「資産形成の達人コース」の2種類に限定されています。
5000円ごとに1セゾンポイント(永久不滅ポイント)が付与されますので、還元率は0.1%となります。

もっとも、これらの2ファンドがほしければtsumiki証券でエポスカード決済をするのがお勧めです。
1か月のカード決済金額の上限は5万円ですが、最大5万円×0.1~0.5%(1年目は0.1%、5年目は0.5%)のエポスポイントが付与されるからです。

また、エポスゴールドカード(年間50万円以上の決済で招待される年会費無料のゴールドカード)では、1年間のクレジットカード決済金額が50万円以上で2500ポイント、100万円以上で1万ポイントのボーナスポイントが付与されます。
カード投資の金額もこれに含まれますので、1か月5万円のカード投資をすると、残り40万円のショッピングをするだけで1万ポイントをもらうことができます。

エポスカードで投資信託60万円+ショッピング40万円で100万円を達成したケースで考えると、投資信託の購入による還元率は1.1~1.5%となり、セゾンポケットの還元率0.1%を大きく上回ります。

というわけで、セゾンポケットで投資信託を購入することにメリットはありません。
ただし、セゾンビジネスプラチナカード等の年会費優遇条件(セゾンビジプラでは年間200万円以上のショッピング利用でカード年会費が2万2000円から1万1000円に減額されます)の対象にはなります(電話確認済)。
セゾンカード投資の上限は毎月5万円×12か月=年60万円ですから、年会費が半額になるためにはあと140万円ショッピングする必要があります。


つぎに、端株投資はどうでしょうか。

上述したとおり、セゾンポケットは、セゾンカード決済で端株投資をすると5000円で1セゾンポイントを付与します。
還元率は0.1%です。

しかし、最低積立金額は5000円です。
例えば、みずほ銀行の積立投資を1か月5000円で設定すると、1株171円(本日終値)として、171円×29株=4959円がクレジットカード決済されることになります。


株式は、東証上場企業から130銘柄と3つのETFを選定した。株価5000円以下を目安に流動性を勘案して選定したという。1銘柄あたり5000円以上の積み立て上限額を設定し、その枠内で1株単位で購入する形だ。例えば株価2000円の銘柄を、設定額5001円で買い付ける場合、2株、4000円相当を毎月買い付けることになる。1回限りの購入には対応しない。なお、売買手数料は代金の0.5%で、最低50円となっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000066-zdn_mkt-bus_all


ということですから、売買手数料が掛かります。
最低額が50円ですから、上記のみずほ銀行の例だと1%となります。
全く使えませんね。

サービスを提供するのがスマートプラス社(みんな忘れていると思いますが、ストリームという手数料無料で日本株の売買ができるスマホアプリを提供している会社)です。
単元株が無料で買えるのに単元未満株が有料なのは納得がいきません。

端株投資をしたいのであれば、ネオモバをお勧めします。
SBIネオモバイル証券 口座開設
ネオモバが優れているのは、月間約定代金合計額が50万円まで税込220円の定額制だという点です。
しかも、Tポイントが毎月200ポイント付与されるため、実質的な手数料は20円からクレジットカードのショッピングポイント相当額を除いた金額となります(税込220円の手数料はクレジットカード決済で支払いますので、クレジットカードのショッピングポイントも付与されます)。

SBIネオモバ証券ではクレジットカード決済はできません。
しかし、SBIネオモバ証券の手数料は実質無料ですから、0.1%のセゾンポイントをもらって1%(積立金額が5000円のとき)の手数料を支払うセゾンポケットとどちらが有利かと考えると明らかにSBIネオモバ証券のほうが優れています。

ちなみに、SBIネオモバ証券では専用アプリをダウンロードすると、積立投資をすることができます。
私は、毎月5回(1日、7日、13日、19日、25日)、インド株ETF(1678)とみずほ銀行(8411)を1株ずつTポイント払いで積立購入しています。

※1678と8411を1株ずつ積立購入したいときは、1回の投資金額を300円に設定する必要があります。200円では約定しません。
なお、1回300円で積立設定すると、1株150円以下になると2株購入することになってしまいますが、そのときは安く買えたと喜ぶしかありません。


というわけで、セゾンカードで投資信託と端株が買えると知って興奮したものの、サービス内容を見ると大変に残念なものでした。
せめて先行する類似のサービスを研究し、優位性のあるものにしてほしかったところでした。

【2019.11.7 21:33追記】

エポスカード投資を最低額(毎月3000円)したことでエポスゴールドカードのインビテーションが来たことを考えると、12月になってセゾンゴールドカード(年に1回の利用で年会費無料)を申し込んだ後、セゾンゴールドカードで最低額(毎月1000円)のセゾンカード投資をすると、スコアが上がり、★6になれるかもしれません。

※★6になると、還元率が0.75%から1.25%にアップします。更に年4400円を支払ってマイルクラブに加入すると、還元率が1%JALマイル+0.75%セゾンポイント=1.75%となります。
マイルクラブは永久不滅ポイントがたまる全てのカードに自動適用されるため、年会費無料のマスターカードを作ってkyashリアルカードに紐づけると還元率2.75%のクレジットカードが誕生することになります。
なお、マスターカードにしたのはコストコ(マスターカードしか利用できない)のためです。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理