SBI・バンガード・S&P500、積立設定金額・件数で3週連続1位を獲得

驚愕の超低コストで登場したSBI・バンガード・S&P500。
その実質信託報酬は税抜0.088%(うち0.03%は米国ETFの経費率)です。

2週間の当初募集期間を設定したことから、新規設定日(9/26)には16億3800万円の純資産額からのスタートを切ることに成功しました。
その結果、9月1日から30日までの月間ランキングの積立設定金額ランキングと積立設定件数ランキングでいずれも1位を獲得しました。

そして、9月30日から10月6日まで、続いて10月7日から13日までの週間ランキング(積立設定金額、積立設定件数)で、2週連続1位を獲得したことは既にお知らせしたとおりです。



※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●ファミペイ改悪、10月中にバニラビザカードに交換すべし
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1518.html
こちらですが、金曜日(25日)にすればコーヒー無料券がもらえます。
しかし、私はPOSAカードが突然死するリスクを考え、すぐにバニラビザカードを買ってしまうつもりです。


新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku


還元率20%の三井住友カードはこれを作れ(最大5万6000円バック)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1494.html

「JCB CARD W」の新規作成で還元率25%
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1461.html

広告

さらに、今回、10月14日から20日までの週間ランキング(積立設定金額、積立設定件数)で、なんと3週連続1位を獲得しました。

スリム米国株が対抗値下げを発表したのは10月15日です。
10月14日から20日までの週間ランキングで1位を獲得したことは、スリム米国株の値下げによっても人気を失わなかったことを意味します。

そして、10月21日時点の純資産額は29億5600万円ですから、大きな節目である30億円までもうすぐです。

SBI・バンガード・S&P500は、米国バンガード社の看板ETFであるVOOを買うだけファンドです。
素性が非常によいことから、純資産額がこのまま順調に増え続けることができれば、米国株インデックス投資の決定版になり得る可能性を秘めていると考えます。

SBIアセットマネジメントにとっては、ようやくスリムシリーズの当て馬で終わらない本物のインデックスファンドを生み出すことができたわけですから、非常に喜ばしい思いでいることでしょう。
しかし、楽天全米株もスリム米国株も強敵です。油断はできません。
出来得るならば販路を拡大し、楽天投信投資顧問がしているような何でも質問箱を設置するなどして受益者に寄り添い、超低コストインデックスファンド全体を大きく盛り上げる存在になってほしいものです。

私は受益者でもなんでもありませんが、その際はぜひ質問をしたいと思っています。


広告

コメント

No title

記事とは関係ない内容ですが質問です。
たわら男爵様は個人での中小企業M&Aを検討されたことはありますでしょうか。
以下の本等でサラリーマンの中小企業M&Aが推奨されていますが、個人的にはかなり厳しいと思っており、もし過去に検討されたことがあればご意見いただければと思います。
やはりサラリーマンだとインデックス投資以外はあまり現実的なものはないでしょうか。
(あまり会社等で投資関連の相談はしにくいので、質問させていただきました)

https://www.amazon.co.jp/dp/B07Q1G41MJ/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

No title

コメントありがとうございます。

>以下の本等でサラリーマンの中小企業M&Aが推奨されていますが、個人的にはかなり厳しいと思っており、もし過去に検討されたことがあればご意見いただければと思います。

破天荒フェニックスを読んだ程度ですが、ある日突然それまでの社長がいなくなり、よく分からんおっさんが社長として登場するわけですよね。

部下の立場だったらやる気が一気になくなるでしょうね。

もっとも、買収した会社が行う事業に深い造詣があり、従業員に対して明るい未来を具体的にイメージさせることができれば別でしょうが、そのような素晴らしい素養を持った人材であれば本業を頑張ったほうがはるかに簡単に成功することができると思います。

No title

ご回答ありがとうございます。
私も資金等を準備できたとしても、回答いただいたような点の対応が非常に困難という感覚なので、やめておこうと思います。

------------------------
破天荒フェニックスを読んだ程度ですが、ある日突然それまでの社長がいなくなり、よく分からんおっさんが社長として登場するわけですよね。

部下の立場だったらやる気が一気になくなるでしょうね。
------------------------


非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理