広告

ファミペイは、7月にキャンペーンを実施していました。
その内容は、ファミペイに2万円を残高チャージすると、現金(店頭)なら2000円相当の残高(還元率10%)、ファミマTカード経由なら3000円相当の残高(還元率15%)がバックされるというものです。

私は、当然、ファミマTカードで2万円をチャージして2万3000円のファミペイ残高をゲットしましたが、税金や公共料金の支払時期とタイミングが合わず、9824円の残高がある状態です。
ファミペイ残高が不足しても現金を足せばファミマのレジで支払うことができるため、1万円くらいの公共料金のコンビニ払い伝票を待っていたわけですが、11月1日からそれができなくなります。

●公共料金・各種料金のFamiPay払い サービス一部変更のお知らせ
https://www.family.co.jp/services/smartphone/famipay/info_191022.html
【ご案内】
11月1日より公共料金・各種料金の一部がFamiPay払いできなくなります
【FamiPay払いできなくなる料金】
払込票のバーコード番号の (91)X に続く5桁が次のもの
①08167 ②48691
以下の一部がFamiPay払い利用不可となります
・販売代金
・税金
・保険料
・家賃など


悲しいですね。
私の9824円のファミペイ残高をどげんかせんといかんわけですが、POSAカードを買うことにしました。

ファミマで買えるPOSAカードはこちらです。
https://www.family.co.jp/services/posa/posa/detail.html

何を買うかですが、「バニラVisaギフトカード」一択です。
これは3000円から1万円まで1円単位で購入時にチャージすることができ(購入後の追加チャージはできず使い切りです)、全国のビザカード加盟店で利用することができます。

公式サイト(下記リンク先)でSMS認証をするとネットショップでも利用することができます。
http://www.vvgift.jp/gift/index.html

そのため、まずは普通のリアルショップで利用し、残高が少なくなった時点でアマゾンギフト券を購入して使い切るのがセオリーです。

注意点です。

(1)kyashリアルカードと同じプリペイド式のため、事前オーソリが必要なショップ(ガソリンスタンド、ホテル等)では利用できません。

(2)追加チャージができず使い切りのため、端数はアマギフを買って消化するしかありません。

(3)有効期限(今買うと2021年12月)があり、有効期限をすぎると残高が無効になります。


今回の改悪がPOSAカードまで及ぶかは分かりませんが、突然死するとファミペイ残高の処理に困るため、私は、明日、バニラビザカードで使い切るつもりです。


広告

コメント

No title

今回は、POSAカードまで及ばないのでは?
公共料金不可改悪を直前(一週間ちょい)アナウンスだけでも、酷いのに、、、ついでにPOSAまでやったら暴動起きちゃうよ…。
いずれ、公共不可と一緒で一週間前にPOSAもダメって、改悪される可能性は否めないけど…もうファミペイは何もメリットなくなって終わりだねぇ~。ああ、たまに出るクーポンとか使えるかなぁ、、、
私は5000円+ローンチ還元ポイント(2180)ぐらい、残高が残ってます、、、(-。-;)

No title

コメントありがとうございます。

>今回は、POSAカードまで及ばないのでは?

私はいずれPOSAもふさがれると考えています。
先ほど急いでバニラビザカードを買ってきました。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理