kindleの決定版が激安で登場

kindleとは、アマゾンの電子書籍を読むための専用デバイスです。

アマゾンは、10月30日、kindleの決定版を発売します。



※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●tsumiki証券からエポスカード投資のポイントが届きました
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1502.html



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku


還元率20%の三井住友カードはこれを作れ(最大5万6000円バック)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1494.html

「JCB CARD W」の新規作成で還元率25%
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1461.html

広告

こちらです。

アマゾンの10月7日付けプレスリリースです。

Kindleキッズモデルは、本年3月に販売開始した、第10世代の「Kindle」をベースに、お子様に新しい読書体験を提供する子どものための電子書籍リーダーです。
軽い本体に数多くの書籍を保存できるので、重たい本を持ち歩く必要がありません。
また、他のKindleシリーズと同様に、ゲーム、ビデオ、アプリ通知などの妨げがなく、集中して読書をお楽しみいただけます。
Kindleキッズモデルは、1,000冊以上の子どもに人気の本が読める、子供向け定額サービス「FreeTime Unlimited」が1年間追加料金なしでお楽しみいただけるほか、破損・故障しても2年間の限定保証期間内であれば無償交換にも対応し、本体にはブルーもしくはピンクのキッズカバーが付属しています。
https://amazon-press.jp/Top-Navi/Press-releases/Presselist/Press-release/amazon/jp/Devices/2019/20191007_Kids-Model-for-Kindle-and-Fire-HD-10/


「なんだ、子供向けか」


そう思ったあなたは早計です。


kindleキッズモデルは、このような商品です。

(1)kindle(広告なし)の4GBを8GBに倍増させたのに、販売価格は1万0980円と同額に据え置き。
※容量が4GBから8GBに倍増したほかは、全く同じものです。

(2)カバー(値段は不明)と2年間の保証(1280円相当)が付帯。
※カバーは青とピンクの2色から選択できます。取り外し可能。
※保証は、子供用を想定しており、通常のkindleに付帯できる保証よりも手厚いものとなっています(通常のkindleの保証は交換は1回だけですが、kindleキッズモデルは何度でも交換可能)。

(3)1年間の「Amazon FreeTime Unlimited」利用権が付帯。
※「Amazon FreeTime Unlimited」は子供向けの使い放題コンテンツです。アマゾンプライム会員の月額利用料は480円ですので、480円×12か月=5760円の価値があります。

(4)「Amazon FreeTime Unlimited」からログアウトすれば、通常のkindleとして大人が利用可能。
※大人が買ったkindleをkindleキッズモデルで読むこともできます。


簡単に言うと、通常のkindleと同じ値段なのに、容量が2倍の8GBに増え、カバー、2年保証、1年分の「Amazon FreeTime Unlimited」利用権が付いてくるというものになっています。
非常にお得です。

ちなみに、Fireタブレットにもキッズモデルがあります。
しかし、タブレットのほうは、通常版と容量は全く同じで、値段がFire7とFire8は6000円アップ、Fire10は4000円アップです。

タブレットと比較すると、kindleキッズモデルがいかに得かが分かりますよね。
ちなみに、タブレットのキッズモデルを買うのであれば、

このFire10を買うべきです。なぜなら、Fire8では画面が小さすぎ、子供が目を悪くするからです(我が家では8と10の両方を試しました)。

kindleキッズモデルを購入すれば、Fireタブレットでも追加料金なしに「Amazon FreeTime Unlimited」を利用できます(アマゾンに確認済み)。
そうすると、「Amazon FreeTime Unlimited」はお得なkindleキッズモデルで利用し、本以外のコンテンツを楽しみたければFire10を単品で買ったほうがよいでしょう。

ちなみに、Fire10は新発売されたばかりですが、旧版は7月に9980円(6000円オフ)まで下がりました。
おそらく少し待てば新版も1万0480円でセールになるものと思われます。

また、kindleキッズモデルの「Amazon FreeTime Unlimited」をFireタブレットでも利用できますので、Fire10のキッズモデルとの価格差4000円はカバーの有無に尽きることになります。カバーが4000円は高いですので、この点からもFireタブレットは通常版を買うべきです。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理