【ピカチュウ】ポケモンGOは儲かるのか?【ゲットだぜ】

22日にリリースされた誰でも知っている「ポケモンGO」。

任天堂の株価がこの10日余りで2倍に急増しました。
任天堂の株価は1購入単位が高額であることから、うまくやれた人は1購入単位で150万円の儲けでした。
余りの高騰ぶりに、任天堂がプレスリリースを出し、ポケモンgoが任天堂の業績に及ぼす影響は極めて限定的であると述べるほどでした。

先ほど近所を徒歩で回ってきましたが、20時過ぎだというのに、5分おきにアイテムが無料で手に入るポケスポットの周辺の歩道には多数の高校生がしゃがみこんでいました。
少なからぬ数の女子高生もたむろっていたことから、日本の安全さを改めて実感しました。

確実に社会現象になりつつありますね。

広告

ポケモンGOを知らない人のために簡単に説明します。

1 スマホの無料ゲーム。アンドロイドとアイフォンに対応済。
22日リリース。

2 アプリを起動すると、現実の地図をデフォルメした地図が表示される。その地図に、
(1)5分おきに無料アイテムが入手できるポケスポット
(2)陣取り合戦の拠点であるジム
(3)ポケモン
が表示されます。ポケモンだけはランダムに突然地図上に出現します。

3 遊び方は簡単です。
(1)スマホでアプリを起動する。
(2)リアルの目的地があれば、アプリの地図を見て、より多くのポケスポットを経由してリアルの目的地まで移動する。移動の途中でポケスポットから無料アイテムを入手する。
(3)リアルの目的地がなければ、アプリの地図を見て、より多くのポケスポットをたどるルートを考えて、ひたすらポケスポット巡りをする。
(4)ポケスポット巡りの途中で、スマホが振動するとポケモン登場。ポケスポットで入手したモンスターボールでポケモンを捕獲する。ポケモンとのバトルは単調。単にボールをぶつけるだけ。
ただし、バトル画面でリアルの風景を選択できる。リアルの風景を選択すると、スマホのカメラで周囲の景色を取り込み、リアルの世界にポケモンが現れたように感じることができる。

無料のアイテム入手所であるポケスポットは5分ごとにアイテムが入手できるようになるため、アイテムは実に簡単に大量に入手できます。

運よく近所にポケスポットの密集地があれば、端から端まで往復するだけで事実上無限にアイテムを入手することができます。

というわけで、無課金で楽しもうと思えば楽しめます。
同じポケモンをたくさん集めれば、そのポケモンを強化することができ、ジム戦で自己満足に浸れます(アプリの地図上に表示されるジムには、ジム主とその配下ポケモンのアバターと名前が表示され、誰でもジム主を確認することができます。強いポケモンを作ってジムを奪取してジム主になり上がり、自らのアバター名をとどろかすことに生きがいを感じるのもいいでしょう)。

ただし、目当てのポケモンを急速に強化するためには課金アイテムが必須です。
なぜなら、ただ単に歩いているだけではポケモンになかなか遭遇しないからです。
そりゃそうですよね。もしポケモンの世界が数分おきにモンスターに遭遇する世界だとしたら、危なくて人類は生存できません。
また、自分のレベルが低いとレベルが低いポケモンにしか遭遇しません。

したがって、多数のポケモンを入手するには、ポケモンの発生率を大幅に増やすアイテムを買い、出現したポケモンを片っ端から捕まえるモンスターボールも買い、経験値をブーストさせるアイテムを買い、お金の力でなんとかするしかありません。
また、ジムの争奪戦で勝利するには、たくさんの回復アイテムを買う必要があります。

スマホゲームには、毎月2~3万円をゲームに費やす人は普通にいます。
毎月10万円を使う人も珍しくありません。何人かでチームを組むと、湯水のごとく回復アイテムを使いまくる人が敵味方に何人もおり、使ったアイテムの量でおおよその課金額が推測できます。
私は完全無課金で、味方の重課金者をおだててアイテムを私の代わりに使いまくってもらっていましたが、彼ら彼女らは褒めると本当に喜んでより多くのアイテムを使ってくれました。

このゲームは完全無課金でも最後まで楽しめます。
しかし、他のスマホゲームの重課金者は、ジム戦でその血が確実に騒ぐでしょう。金を積めば積むほど強くなれ、しかも、自分の強さが誰でも見ることができる地図上に表示されることで広く知れ渡るわけですから、重課金者にはたまらない仕様となっています。

というわけで、任天堂がどの程度の分け前にあずかれるかは分かりませんが、運営はぼろ儲けできそうです。

ちなみに、私は、スマホゲームで課金したことがないため、今回も完全無課金を貫きます。
チュートリアルで入手したピカチュウが余りに弱く、進化に必要な2匹目3匹目が見つからないのがとても悲しいです。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理