アマゾンゴールドカードでプライム会費が全額返金されます

私はアマゾンプライム会員です。

私はこれまで様々なキャンペーンでアマゾンプライムのギフトコードを貰っており、この数年間は無料でプライム特典を利用してきましたが、いよいよその期限が11月4日に切れてしまい、11月5日に4900円の年会費の請求を受けます。

しかし、アマゾンゴールドカードを取得すると、ゴールドカードの特典として1年間のプライム利用権が付与されます。

●ゴールドカードの選択の基準
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1298.html

上記記事で検討したとおり、アマゾンゴールドカードは非常に良いカードです。
三井住友ゴールドカードはゴールドカードの最高峰ですが、アマゾンゴールドカードには三井住友ゴールドカードの全ての特典が付帯されています。

今回は、アマゾンゴールドカードとアマゾンプライム特典の関係について解説します。



新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku


【10/3まで】メルペイ、初めての本人確認で1000pキャンペーン
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1444.html
新規登録で300ポイント、本人確認で1000ポイント、あと払い設定で還元率50%(上限3000ポイント)

三井住友カード新規作成で還元率20%(1万2000円バック)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1449.html

「JCB CARD W」の新規作成で還元率25%
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1461.html

広告

まず、アマゾンプライム会員がアマゾンゴールドカードを取得すると、アマゾンプライムの会費が全額返金されます。
アマゾンプライムの会費は年4900円ですので、年会費を支払っている人は1か月目でも11か月目でも4900円が返金されます。

返金方法は、アマゾンプライムの会費の支払先となります。
クレジットカードで支払った人はクレジットカードに返金され、アマギフで支払った人はギフト券で返金されます。

このように、アマゾンゴールドカードを取得するとアマゾンプライムの残りの有効期間にかかわらず全額返金されることから、アマゾンゴールドカードをいつ取得しても我々は損をしないことになります。

これに対し、アマゾンプライム会員でない人がアマゾンゴールドカードを申し込むと、アマゾンプライムの1年分の利用コードがメールで送られてきます。
その利用コードを入力して申し込むと、アマゾンプライムを1年間無料で利用できることになります。

アマゾンゴールドカードの年会費は税抜1万円ですが、マイペイすリボ(※)で半額の5000円となり、ウェブ明細を選択して年に6か月以上カード決済することで更に1000円が割り引かれるため、最終的に税抜4000円まで下がります。

まず、アマゾンゴールドカードの申込時にマイペイすリボを選択すると、最初の年会費は税抜5000円となります。

※マイペイすリボとは、クレジットカード決済をしたものが自動的に全てリボ払いになるというものです。しかし、支払額をカード限度額に設定しておけば、実質的に翌月一括払いカードとなり、リボ手数料は1円もかかりません。
※支払額をカード限度額にすることでリボ手数料をゼロにする方法ですが、他社では利用できないところがありますので注意してください。例えば、JCBカードは必ずリボ手数料がかかってしまいます。

つぎに、ウェブ明細を選択して年に6回以上の利用実績があると、ゴールドカードの年会費が更に1000円引きとなります。

ということは、ゴールドカードの発行年(1年目)の年会費は5000円、2年目の年会費は4000円となりそうです。
アマゾンゴールドカードの年会費にはアマゾンプライムの年会費4900円が含まれているため、1年目は微妙に損するものの、2年目以降は得をし続けることができます。

しかし、ゴールドカードの発行年(1年目)から年会費を4000円にする方法があります。
その方法とは、アマゾンカード(通常カード)を先に発行し、マイペイすリボ設定とウェブ明細設定を済ませ、年に6回の利用実績を作ってからアマゾンゴールドカードに昇格させるというものです。

私は、11月26日引落し分で年6か月の利用実績を作ることができますので、12月にゴールドカードに昇格させようと考えています。

kyashリアルカードの還元率が10月から半減(2%→1%)されますが、これまではkyashリアルカードの還元率(楽天カードを紐づけると3%)のほうがアマゾンカードの還元率(2%)よりもよかったことから、私はアマゾンでもkyashリアルカードを利用していました。
そのため、年6回の利用実績を作るため、毎月1回、アマゾンカードで100円のアマギフを購入するという面倒な作業をしていますが、ついに来月でこの苦行から解放されます。

アマゾンゴールドカードは入会ポイントが基本的に付与されません(プライムデー等の限られた数回だけです)。
そのため、まずはアマゾンカードを発行して入会ポイントを取得し、年6回の利用実績を積んでからゴールドカードに昇格させるという手順をとるべきです。


広告

コメント

まいぺいすりぼが改悪のようです

No title

コメントありがとうございます。

>まいぺいすりぼが改悪のようです

私も猫頭さんに教えてもらいましたが、2021年2月会費請求分から改悪(リボ手数料の支払実績が必須)されます。

私もアマゾンゴールドカードを作る気満々だったのですが、どうしましょうかね。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理