まだ間に合う、イオンカードで20%還元をゲットだぜ(上限10万円)

イオンカードが空前絶後のキャンペーンを開催しています。

特典概要は次のとおり。


2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)の入会期間中に新規でご入会いただき、発行されたカード(以下、対象カード)で、利用期間中にカードショッピングをご利用いただいた方に、ご利用金額の最大20%をキャッシュバックいたします。
対象カードに付帯されている「WAON」や「Suica」などの電子マネーご利用分はキャッシュバックの対象外となります。
キャッシュバック金額判定日(2019年10月15日)時点で、以下の条件を満たしている方が本キャンペーンの対象となります。
①入会期間中に新規でご入会いただき、利用期間中に対象カードでカードショッピングのご利用があること
②イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」をダウンロードいただき、対象カードが登録されたイオンスクエアメンバーIDでログインのうえ、本キャンペーンにご応募いただいていること
③対象カードの引落口座がイオン銀行であること
①~③をすべて満たしている場合は対象金額の20%を、①②のみ満たしている場合は対象金額の10%をキャッシュバックいたします。
①~③は同一カードであることが条件となります。
http://www.aeon.co.jp/campaign/lp/aeoncardwaon.html?tmid=pc_top_overhead


【10/3まで】メルペイ、初めての本人確認で1000pキャンペーン
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1444.html
↑既に新規登録をした人でも本人確認前に招待コードを登録すれば1000ポイントが貰えます。

三井住友カード新規作成で還元率20%(1万2000円バック)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1449.html

イオンカードの新規作成で還元率20%(10万円バック)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1464.html

「JCB CARD W」の新規作成で還元率25%
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1461.html

広告

やるべきことを整理してみます。

(1)イオンカードを新規発行する。
イオンクレジットカード
※上記をクリックすると、好きなイオンカードを選ぶことができるイオンカードのサイトに遷移します。
しかし、注意点があります。

まず、セレクトカード(イオン銀行のキャッシュカード一体型)は避けてください
なぜなら、発行までに時間がかかるからです。

つぎに、イオンカードの中でも、ノーマルミッキーマウストイストーリーミニオンズの4種類のうちのどれかにしてください。
なぜなら、最短5分で発行され、ApplePayに登録すればiD(JCBブランドもiDになります)加盟店で即座に利用することができるからです。

お勧めはミニオンズです。
ミニオンズはマスターカードとなり、コストコ、d払い、origami等で利用することができるからです。

※JCBブランドはorigamiに登録することができません。
9月24日から30日までヤマダ電機のorigamiで買い物をしたことがない店舗でorigamiで買い物をすると、利用金額が1回3万円まで10%還元されます(還元上限額は3000円)。
origamiにミニオンズを紐づけると、更にイオンカードの20%還元が適用されます。

そして、引落し口座は、イオン銀行の口座がある人はイオン銀行、ない人はネットバンク契約をしている銀行を指定し、ネット上で登録を完了してください。

また、本人確認書類はアップロードサービスを利用して登録してください
※アップロードサービスを利用しないと、遅くなります。

(2)イオン銀行の口座を開設する。

イオン銀行の口座がない人は、イオンカードが届くまでの時間を無駄にしないように、イオン銀行の口座を開設してください。
https://www.aeonbank.co.jp/

上記サイトに遷移すると、イオンカードセレクト、キャッシュ+デビットカード、イオン銀行キャッシュカードの3種類が選択できますが、選ぶべきはキャッシュカード一択です。
キャッシュカードを選択すると、1週間ほどでキャッシュカードが自宅に届きます(キャッシュカードが手元にないと、イオンカードの引落し口座に登録できません)。


(3)イオンカードが届いたら、イオンウォレットアプリをダウンロードし、イオンカードを登録する。

イオンカードは複数枚持ちが許されています。既にウォレットアプリにイオンカードを登録していると、20%還元キャンペーンのエントリーがパグるリスクがありますので、もし別のイオンカードをウォレットアプリに登録していたら、ウォレットアプリを削除して新規発行したイオンカードをウォレットアプリに登録し、キャンペーンにエントリーすべきです。

(4)イオン銀行のキャッシュカードが届いたら、イオンカードの引落し口座に登録する(既に登録済みの他銀行から変更する)。

引落し口座は、イオンウォレットアプリ内の操作で簡単に変更することができます。



ところで、最後のキャンペーン開始日が9月24日に迫っているものの、もう間に合わないのではないかと諦めるべきではありません。
まだ間に合う可能性が高いです。

私は、7月1日にミニオンズを申し込み、7月9日にカードが自宅に届きました。
また、妻は、8月6日にミッキーマウスを申し込み、8月14日にカードが自宅に届きました。

銀行口座の登録や本人確認書類の提出を全てネット上で完結させれば、カードは申込日を含む9日で自宅に到着します。

したがって、家族カードの発行は間に合わない可能性がありますが(家族カードの申込みは本カードの到着後になります)、本カードだけであればまだ間に合うものと思われます。

また、イオンカードは複数持ちが許されています。
既にノーマル版を持っていても、ミニオンズを発行して利用すれば、ミニオンズ決済分は今回のキャンペーン対象になります。

なお、イオンカードは、広範な除外リストを公表しています。
http://www.aeon.co.jp/campaign/lp/pdf/notapp.pdf

しかし、普通の使い方をしていれば大丈夫です。

アマゾンでは、販売と発送の双方をアマゾンがしている商品でなければキャンペーンの対象外になりますので、注意してください

広範な除外商品・サービスがあったり、1決済5万円まで(※)という制限はあるものの、大抵のものがクレジットカード決済で20%オフになるのはものすごいことです。

※1決済の還元上限額は1万円のため、1決済が5万円を超えると還元率が下がっていきます。

私は既に83万7046円を利用しました。
残り枠の使い道も既に決まっており、9月24日になったら残り枠を使い切る予定です。

9月14日から30日まで、d払いの20%還元キャンペーンも開催されます。
d払いの支払先にイオンカードを登録すれば(JCBブランドも登録できます)、1決済5000円まで還元率40%となります。
全てのd払い加盟店が対象ですので(ネットショップは、ラクマ、無印良品ネットストアなど除外店舗があります)、非常に使い勝手がよいといえるでしょう。

kyashリアルカードやPayPayなど、10月以降の還元率を縮小する動きが広がりつつあることを考えると、これほどのキャンペーンは今回が最後かもしれません。
無駄遣いをするのは本末転倒ですが、私は、必要なものを前倒しで買って最後かもしれない祭りを満喫しています。
イオンクレジットカード

広告

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

非公開設定でしたので、貼り付けます。



お世話になります。
イオンカードのキャンペーンを利用して、ダイニングチェアの購入を考えています。
楽天市場で検討中ですが、ネット購入の場合、注文日がキャンペーンの間である30日までなら大丈夫と考えてよいのでしょうか。ネットだと、カード会社に遅れてキャンペーンの期間より遅れて対象外になるリスクなどもあるものでしょうか。
わかる範囲で結構ですのでコメント頂ければ
幸いです。

No title

コメントありがとうございます。

>ネット購入の場合、注文日がキャンペーンの間である30日までなら大丈夫と考えてよいのでしょうか。

ネットは基本的に発送日基準です。

注文時にカードを一度切ったとしても、発送の直前にキャンセル処理し、再度切り直すところもあります(アマゾンはこれです)。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理