【秋のペイ祭り】クイックペイで還元率25%(~12/15)

現在、JCBカードがApplePay、GooglePayのクイックペイ決済で還元率20%キャンペーンを実施しています。

●JCBカードをApplePay、GooglePay経由でクイックペイ決済すると還元率20%(~12/15)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1430.html

このキャンペーンは、「354」から始まるカード番号のJCBカードであれば、これまでのApplePayやGooglePayの利用歴の有無にかかわらず適用されます。

また、クレジットカード1枚あたり1万円還元(5万円利用分まで)がなされ、登録カード枚数に制限はありません。
つまり、カード枚数×1万円のキャッシュバックが無制限にもらえます。

しかも、家族カードも別カードとして計算されます(家族自身が家族自身のMyJCBでキャンペーンに登録する必要あり)。

※三井住友カード、イオンカードのキャンペーンは、家族カード利用分は本カードの利用分に合算されますので、家族カードを別カードとして計算するJCBカードの上記キャンペーンがいかに素晴らしいかが分かりますね。




※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●「スリム全世界株リバランス積立」をやめました
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1460.html


【10/3まで】メルペイ、初めての本人確認で1000pキャンペーン
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1444.html
↑既に新規登録をした人でも本人確認前に招待コードを登録すれば1000ポイントが貰えます。

三井住友カード新規作成で還元率20%(1万2000円バック)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1449.html

イオンカードの新規作成で還元率20%(10万円バック)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1380.html

広告

さて、私はこれまでリクルートカード(JCB)をお勧めしてきました。
リクルートカードは、週末にキャンペーンを開催することが多く、入会ポイントが6000ポイントから8000~1万ポイントにアップしますので、それを狙うべきです。

リクルートカードの還元率は1.2%であり、無料カードの最高峰といってもよいでしょう。
しかし、39歳までの人は「JCB CARD W」を取得しておくべきです。

JCBカードの還元率は0.5%ですが、「JCB CARD W」の還元率は1%です。

JCBにはかつて「Arubara」というリボ専用カードがありました。リボ専用カードといってもリボ支払額をカード限度額と同額にしておけば支払手数料無料の一括払いと同じように利用できます。
私はこのアルバラを愛用していましたが、「JCB CARD W」はリボ専用カードでないのにアルバラと同じ還元率を誇ります。JCBにしては大盤振る舞いといえます。

とはいえ、還元率1.2%のリクルートカードには劣ります。
私が39歳以下の人に「JCB CARD W」をお勧めするのは、下記キャンペーンが開催されているからです。

●新規入会限定!ポイント10倍キャンペーン
https://www.jcb.co.jp/ordercard/pop_nyukai/w_nyukaicp.html

このキャンペーンは、

(1)新規入会後の3か月間、還元率が利用金額無制限で2%となる。
(2)新規入会後の3か月間、還元率が利用金額30万円まで5%となる。
(3)スマホ決済の20%キャンペーンと併用可能であると思われるので、スマホ決済5万円までの還元率は25%となる。

という非常に素晴らしいものです。

私も申し込みたいのですが、年齢条件(39歳以下)のせいで申し込むことができません。
残念です。


【Pay祭り一覧】

●JCBカードをApplePay、GooglePay経由でクイックペイ決済すると還元率20%(~12/15)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1430.html

●みずほウォレットをApplePay、アンドロイドアプリ(GooglePayはダメ)経由でクイックペイ決済すると還元率20%(~12/15)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1443.html

●イオンカードを新規発行で還元率20%(9/24~9/30)。眼鏡やスマホを買うと180日間の保険が付帯。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1380.html
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1429.html

●d払いで還元率20%(9/14~10/14)
イオンカードを支払先カードに登録することで、還元率40%(ただし、イオンカードの裁量で除外されるリスクあり)になります。
ちなみに、ファミポートでチケットを印刷するとd払いができます。ディズニーランドのパスポートも4割引きです(ただし、2か月先までしか発券できず、日付変更ができません。コンビニ発券の日付変更はディズニーストアに行ってもダメですので、手数料を支払ってJTBから銀行口座に返金してもらうことになります)。
9/14~10/14は、1回の決済の還元額が1000円まで、期間中の還元額が3000円までです。つまり、1回5000円を超えると還元率が下がります。

●三井住友カードを新規発行で還元率20%(~12/27)
カードの新規発行が条件です。
新規発行したカード1枚当たりの還元額は1万2000円まで、利用上限額は6万円までです。
クラシックカード(ビザ)を発行後、クラシックカード(マスター)を発行することができ、還元額は単純に2倍(1万2000円×2枚=2万4000円まで)となります。


広告

コメント

みずほWalletは毎週末メンテナンスで使えない時間帯があるのが要注意だと思います。

特にSuicaチャージの場合。

No title

コメントありがとうございます。

まだ導入したばかりで不安定なのかもしれないですね。

No title

JCBのキャンペーンは破格ですね。

キャンペーンで高還元するよりも、リクルートカードのように日常ユースで高還元を得られる方がありがたいのですが、そう思う(賢明な)顧客は儲からないからJCBにとっては要らないのでしょうね。

目先の破格キャンペーンで釣られる客、若い年齢で長期にわたって貢献してくれる賢明なJCBcardW対象層、クラス所持の上流層がJCBのターゲット。
JCBの戦略は素晴らしいですね!

仮に、JCBにインデックスファンドを売らせたら、どんな売り方で仕掛けてくるでしょうか。マルイ(Tsumiki証券)のようになるだけでしょうかね。

No title

コメントありがとうございます。

>仮に、JCBにインデックスファンドを売らせたら、どんな売り方で仕掛けてくるでしょうか。

他分野に不用意に手を出すと、ご指摘のtsumiki証券のように悲しいことになります。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理